とーやま校長『SCHOOL OF LOCK!』最後の授業!「俺の10年は君の人生」

TOKYO FMをはじめとする全国38局ネットで放送中の人気番組『SCHOOL OF LOCK!』。

3月31(火)の放送をもって、2代目校長のとーやま校長が退任。10年間務めた「ラジオの中の学校」で、とーやま校長最後の授業が行われました。(TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』3月31日(火)放送分)

とーやま校長が考える「校長のあるべき姿」

2010年4月、先代のやましげ校長の後を引き継ぎ、2代目校長に就任したとーやま校長。オープニングでは、校長を退任するタイミングを3年ぐらい前から考えていたことを明かし、退任の理由を語りました。

とーやま:おこがましいかもしれないけれども、俺はどこかで、『SCHOOL OF LOCK!』ってこういうものなのだな、というのをわかった。

生徒の君が探している未来の鍵がどこにあるのかわからない状態で一緒に探しにいくというものが、俺はこの学校の校長先生であるべき姿だと思っている。

たぶん、見えてしまったんだな。だったら俺じゃなくてがむしゃらな人、生徒と一緒に泥だらけになって涙を流しながら、鍵を一緒に探してくれる人が校長職に就いた方が『SCHOOL OF LOCK!』としては健全だし、あるべき姿だなと思って退任を決意しました。

とーやま校長最後の授業は「笑ってサヨナラ」。「最後に生徒のみんなが見る姿は、笑った顔として残したい」と率直な気持ちを明かし、最後の授業がスタートしました。

逆電でリスナーに質問!「俺ってどんな校長だった?」

とーやま校長が生徒と直接電話でやりとりするコーナーでは、女性リスナーに「自分がどんな校長だったか?」と質問する場面も。

とーやま:俺ってどんな校長だった?

リスナー:情熱的で、言葉の一つ一つを力強く届けてくれる、かっこいい存在です。

とーやま:かっこいいよね(笑)。俺、すごくかっこいいよね! あとどこがかっこいい?

リスナー:生徒一人一人と向き合ってくれるところとか、さらっとかっこいいことが言えちゃうところです。

とーやま:ははは(笑)。ちょっと3つ目まで迷ったねぇ。

リスナー:ちょっと、すみません(苦笑)。

とーやま:じゃあ、もう1個ちょうだい。最後に俺のかっこいいところ。

リスナー:おもしろいことが言えるところ。

とーやま:これだよね! そうだよね、第4位だもんな。俺のかっこいいところ、「おもしろいことが言えるところ」はうれしいねぇ。

とーやま校長、最後の言葉「俺の10年は君の人生」

番組はエンディングを迎え、とーやま先生が黒板に記した最後の言葉は「俺の10年は君の人生」。とーやま校長は生徒に向けて最後の言葉を贈りました。

とーやま:これを聴いている、まだまだ何者でもない君。本当に何でもいいと思うんだ。勉強でも部活でも恋でも、生きるということでもいいかもしれない。何かをちゃんと一つ、自分の納得がいくまでやりきってみる。

今日1日頑張って生きてみようって言って、1日を終えて「でも、自信つかねえな、まだ胸張れねえな」ってなったら、もう1日生きてみる。それでもまだ「自信つかねえな」てなったら、もう1日やってみる。俺の10年はそういう10年だった。いつか「俺やったぞ、俺すごいわ」「私すごいでしょ」って言えるような自分になってほしい。

最後はとーやま校長が学生時代に聴いた奥田民生さんの『イージュー★ライダー』をBGMに10年間の思い出を振り返り、3代目さかた校長、4代目こもり教頭にバトンを託しました。

とーやま:強烈な青春だったわ、俺にとって。死ぬまで絶対に忘れないと思うし、こんな30歳40歳になって刻まれることあるんだなってすごく思ったわ。『SCHOOL OF LOCK!』、ここまで見守ってくれてありがとうございました。明日からも続きます! さかた校長、こもり教頭、よろしくお願いします。

SCHOOL OF LOCK!
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週火曜 22時00分~23時55分
出演者:とーやま校長
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#SOL」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ