とーやま校長『SCHOOL OF LOCK!』最後の授業!「俺の10年は君の人生」

TOKYO FMをはじめとする全国38局ネットで放送中の人気番組『SCHOOL OF LOCK!』。

3月31(火)の放送をもって、2代目校長のとーやま校長が退任。10年間務めた「ラジオの中の学校」で、とーやま校長最後の授業が行われました。(TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』3月31日(火)放送分)

とーやま校長が考える「校長のあるべき姿」

2010年4月、先代のやましげ校長の後を引き継ぎ、2代目校長に就任したとーやま校長。オープニングでは、校長を退任するタイミングを3年ぐらい前から考えていたことを明かし、退任の理由を語りました。

とーやま:おこがましいかもしれないけれども、俺はどこかで、『SCHOOL OF LOCK!』ってこういうものなのだな、というのをわかった。

生徒の君が探している未来の鍵がどこにあるのかわからない状態で一緒に探しにいくというものが、俺はこの学校の校長先生であるべき姿だと思っている。

たぶん、見えてしまったんだな。だったら俺じゃなくてがむしゃらな人、生徒と一緒に泥だらけになって涙を流しながら、鍵を一緒に探してくれる人が校長職に就いた方が『SCHOOL OF LOCK!』としては健全だし、あるべき姿だなと思って退任を決意しました。

とーやま校長最後の授業は「笑ってサヨナラ」。「最後に生徒のみんなが見る姿は、笑った顔として残したい」と率直な気持ちを明かし、最後の授業がスタートしました。

逆電でリスナーに質問!「俺ってどんな校長だった?」

とーやま校長が生徒と直接電話でやりとりするコーナーでは、女性リスナーに「自分がどんな校長だったか?」と質問する場面も。

とーやま:俺ってどんな校長だった?

リスナー:情熱的で、言葉の一つ一つを力強く届けてくれる、かっこいい存在です。

とーやま:かっこいいよね(笑)。俺、すごくかっこいいよね! あとどこがかっこいい?

リスナー:生徒一人一人と向き合ってくれるところとか、さらっとかっこいいことが言えちゃうところです。

とーやま:ははは(笑)。ちょっと3つ目まで迷ったねぇ。

リスナー:ちょっと、すみません(苦笑)。

とーやま:じゃあ、もう1個ちょうだい。最後に俺のかっこいいところ。

リスナー:おもしろいことが言えるところ。

とーやま:これだよね! そうだよね、第4位だもんな。俺のかっこいいところ、「おもしろいことが言えるところ」はうれしいねぇ。

とーやま校長、最後の言葉「俺の10年は君の人生」

番組はエンディングを迎え、とーやま先生が黒板に記した最後の言葉は「俺の10年は君の人生」。とーやま校長は生徒に向けて最後の言葉を贈りました。

とーやま:これを聴いている、まだまだ何者でもない君。本当に何でもいいと思うんだ。勉強でも部活でも恋でも、生きるということでもいいかもしれない。何かをちゃんと一つ、自分の納得がいくまでやりきってみる。

今日1日頑張って生きてみようって言って、1日を終えて「でも、自信つかねえな、まだ胸張れねえな」ってなったら、もう1日生きてみる。それでもまだ「自信つかねえな」てなったら、もう1日やってみる。俺の10年はそういう10年だった。いつか「俺やったぞ、俺すごいわ」「私すごいでしょ」って言えるような自分になってほしい。

最後はとーやま校長が学生時代に聴いた奥田民生さんの『イージュー★ライダー』をBGMに10年間の思い出を振り返り、3代目さかた校長、4代目こもり教頭にバトンを託しました。

とーやま:強烈な青春だったわ、俺にとって。死ぬまで絶対に忘れないと思うし、こんな30歳40歳になって刻まれることあるんだなってすごく思ったわ。『SCHOOL OF LOCK!』、ここまで見守ってくれてありがとうございました。明日からも続きます! さかた校長、こもり教頭、よろしくお願いします。

SCHOOL OF LOCK!
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週火曜 22時00分~23時55分
出演者:とーやま校長
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#SOL」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

EXITりんたろー。「出来ないなりにも作っておけば……」芸能界で活躍していくためのビジョンを語る

5月20日(金)深夜、お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹がパーソナリティを務めるラジオ番組「EXITのオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・毎週金曜24時~)が放送。トーク中、2人のスタンスや関係性について語り合う場面があった。

番組中2人は、テレビなどでのそれぞれの発言についてトーク。その流れから、2人が芸能界における考え方などについて言及した。

りんたろー。:(自分たちは)ビジョンも違うし、思うことが違うのよ。

兼近:それはそうですよ。結構刹那的だから、俺は。

りんたろー。:俺はやっぱり1日でも長くこの業界にいたいのよ。だから、(兼近とは)目指すところも行動も違ってくるから。俺らより気遣いできたり、トークできる人もいるじゃん。でも俺らが選んでいただけているのは、キャラクターだったり華だったりピースな感じだったりとか、ファン層とか、2人の関係性がほっこりするとか。そういうことを含めた五角形が、キャスティング側にハマってるんじゃないかと思ってて。で、その五角形は、悲しいことに時間とともに変わっていくじゃん?

兼近:うんうん。

りんたろー。:だったら、そうならないように、トークとかワードセンスとかを、今のうちにチャレンジして、出来ないなりにも作っておけば、もしかしたら小さくなるのをカバーしながら、この世界にいれるんじゃないかなとかは思っちゃう。

兼近:何とかして保って、生きていきたいってことですか?

りんたろー。:そうそう。だからこの現状(世の中に)出していただいている間に、そこを伸ばしていきたいっていうか。そしたら、長くいられるんじゃないかな?みたいな。

兼近:長くいたかったらね。そこがもう違うからね。

りんたろー。:あ~そうね。

兼近:長くいたいって思わないからな~。俺ずっと言ってるじゃないですか。

りんたろー。:それを言われるたびに、俺めちゃくちゃ悲しい気持ちになる。

兼近:(笑)

スタンスの違いこそあるが、それが逆にいいバランスとなり、「ここで俺が、一生(芸能界に)残りたいから頑張りましょう!ってなったら、りんたろー。さんも損する」と兼近は分析。これにはりんたろー。も同調し、「お互いにどっちの気持ちも汲めるから、譲り合ってやっていけるんだろうね」と2人の関係性を語っていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ