アンタッチャブル『シカゴマンゴ』最終回! ザキヤマ「10年前の最終回のときの方が…」

『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』が10年ぶりの復活! 5月24日(日)に放送されたTBSラジオ『JUNKアンタッチャブルのシカゴマンゴ 最終回スペシャル』では、放送当時を振り返るフリートークや人気コーナーで盛り上がりました。(TBSラジオ『JUNKアンタッチャブルのシカゴマンゴ 最終回スペシャル』5月24日(日)放送分)

シカマン、本当の最終回!

山崎さんが「本当の最終回を行いたい」と言い残した最終回から丸10年。レギュラー放送当時のスタッフ一同がスタジオに集まった『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』本当の最終回、気になる第一声は……。

柴田:うわうわ、うわあ!

山崎:どうも~! え~"伝説の番組"が帰ってまいりました。

柴田:言うな言うな、伝説の番組とか! 伝説になるほど長くもやってねえだろ。

当時の勢いを感じさせるオープニングトークは、柴田さんの"不在ネタ"で盛り上がります。

山崎:テレビ朝日(※)の来なかったよねえ? ははははは……(笑)。

柴田:テレビ朝日だけ行けねえ(苦笑)。

山崎:本当に信じられない。

柴田:あの日だけ午前中に体調崩して、そっから全然大丈夫だったのよ?

山崎:そりゃアンタッチャブルみたいなね、冠でやらせてもらった番組に来ない。だから、私はヒヤヒヤでしたよ。今日、ちゃんと来てくれるんだもん。ただでさえ"来ない"で有名なラジオだからね? 

柴田:そんなことはない……(笑)。

山崎:"すぐいなくなる"でおなじみなんだから。今日は最後までいるよね!?

柴田:今日はいます。今日はやらせてください(笑)。

山崎:嫌々よ? スタッフさんだって、本当に。はははは……(笑)。

柴田:なんだったら、ちょっと(局の)入り早かったから(笑)。

※テレビ朝日『THEアンタッチャブル ~人気芸人が昔の相方と“禁断”ご対面~』(4月11日放送)の収録当日、柴田さんが体調不良で欠席したため。

"ザキヤマ"のルーツを辿る

放送では番組を初めて聴く人に向けて、番組名「シカゴマンゴ」の由来が”コンビ名になりかけた名前”だったことを明かしつつ、山崎さんの愛称の由来についても振り返りました。

柴田:だって、"ザキヤマ"っていう名前も、このシカマンから生まれてるんでしょ?

山崎:あれ、シカマンだったっけ?

柴田:いや、俺もはっきり覚えてないんだけど。

山崎:でもとにかく、あれは言ってたよ。たぶんラジオで、「山崎」っていう人が何人かいると、邦正さん(現・月亭方正)とかね。そのあと、ジョーダンズの山崎(まさや)さんとかもいたりとか、山崎努さんとかね、名優の。ひな壇の「山崎さん」って言われたら、努さんなのか、まさよしさんなのか、ちょっとわからないってことに……(笑)。

柴田:いや、わかるだろ(笑)。お前をまさよしさんだと思う人いないよ。

山崎:努さんも返事しちゃって、俺も返事しちゃうときあったから。これはちょっと申し訳ない、あんな大俳優さんに被るわけにはいけないからって言って……。

柴田:何の番組で横並びになったんだよ! 俺たち当時、ひな壇しかやってねえのに。

山崎:だから、たぶんここで決めたのよ。パターン決めたんじゃなかったっけな。「ザキヤマでいいです」って言って、「お前、誰もそんなの呼んでねえよ」っていうボケで、浸透させていこうみたいな感じになったんじゃなかったっけな。

柴田:いや、そうだったと思うよ。確かね。

山崎:で、そのツッコミが途中離脱してるから(笑)。「ザキヤマですよー」みたいな。「誰も呼んでねえよ」がいなくなっちゃったから。

柴田:そう呼ぶと言ってた男が、いなくなっちゃった(笑)。

最終回は不完全燃焼?

放送では「私のネツ(捏造)」をメールテーマに、リスナーの身に起こった出来事をベースとした捏造話で盛り上がりました。また、当時の人気コーナー「ツッコミ先行宣言」と「モテない才能」では、番組を盛り上げた懐かしのはがき職人も多数登場!

エンディングで、柴田さんに最終回の感想を訊かれた山崎さんは……。

山崎:ここの場でこういうことを言うのも失礼なのかもしれないけど、10年前の最終回のときの方がやっぱグッときたね。

柴田:いや、ちょっと待ってくれよ……。それがそうなっちゃうと、俺だけじゃない!?

山崎:いや、ごめんごめん(笑)。通常回くらいの、いやいや、あのときの方がなんかねえ。なんかこう、ちょっと、急に(柴田さんが)いなくなっちゃったからね? なんか乗りきってないかなあ、「またやりましょうね!」ってときの方が、どっちかといえば……。

柴田:違う違う。あれは未来に繋ぐ最終回でしょ? これが本当の最終回なんだよ?

山崎:集まってみたら……「うーん、こんなもんか」みたいな(笑)。「柴田さん、こんなもんだったか」みたいな(笑)。

柴田:腕なくなってるみたいな(笑)。

山崎:もうちょい感動するかなあと思ったらねえ(笑)。申し訳ないね。だからなんか、「やろうやろう」っていうときが1番ドキドキするのよねえ。

柴田:そうなんだよ。

山崎:やったらなんか本当に、「いつもどおりだなあ」みたいな(笑)。

JUNKアンタッチャブルのシカゴマンゴ 最終回スペシャル
放送局:TBSラジオ
放送日時:2020年5月24日 日曜日 25時00分~27時00分
出演者:アンタッチャブル

Twitterハッシュタグは「#sikaman」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ