パンサー・向井、自粛期間中にとんでもない発見!「このラジオの俺が1番面白い(笑)」

パンサー・向井慧さんがパーソナリティを務める、CBCラジオ『#むかいの喋り方』。6月9日(火)の放送では、向井さんが自粛期間中に気付いたことやゲスト・もう中学生さんを迎えてのトークで盛り上がりました。(CBCラジオ『#むかいの喋り方』6月9日(火)放送分)

流しのYouTuber

この日は、CBCラジオの聴取率調査週間にあたる"ラッキーウィーク"での放送。最近の向井さんは、吉本芸人で同期のラフ次元、祇園、アインシュタインらのYouTubeチャンネルを始め、今月はニッポン放送『オールナイトニッポン』と内閣府のコラボ動画「パンサー向井の教えて!マイナポイント」に出演するなど、"流しのYouTuber"として、さまざまなYouTubeチャンネルに顔を出しているそうです。

向井:これ、みなさんあまり知らないと思うんですよ。元ロッテの里崎(智也)さんも箱番組を同時にやってるんですけど、里崎さんと再生回数がかなりヒートアップしてます(笑)。あの……恥かかせないでください(笑)。里崎さんと、かなりいい再生回数の争いをしてるんですけど、ちょっとみなさん、もうちょい観ていただけると助かります。

自粛期間中の大発見

「自粛期間中にとんでもない発見をしてしまった」と打ち明けた向井さん。きっかけは、ニッポン放送のコラボ動画と『#むかいの喋り方』での自分を比較して、"声のトーン"の違いに気付いたところから始まります。

向井:やっぱ、ちょっと違う環境でしゃべるときに、内閣府の大人たちとかも4~5人いるってなったら、必要以上に「面白いって思われなきゃ」っていう気持ちが芽生えるのよ。そうなると、自分が言えること自体は変わらないから、なんとかして「面白いって伝えよう」って思ったら、やっぱ1個、2個声のトーンとか、大きさとかが上がるのよ。で、(トーンが)上がったら、面白さが下がるのよね(笑)。

声のトーンの違和感は、先輩芸人たちのトークにも表れているようで、コロナ禍でのソーシャルディスタンスによって余分な力が入り、トークに"余分な装飾"がついていることを感じたそうです。そして、向井さんは”お笑い第7世代”芸人の面白さにも着目し、自身の見解を示しました。

向井:じゃあ、第7世代が何で面白いんだって考えたら、肩に力入ってないの。どの番組に出ても、EXITもそうだし、四千(頭身)とかも、後藤(拓実)くんとか特にそうだけど、普通のトーンなの。どこに出ても。気張ることないのよ。肩の力全部抜けてるのよ。だから、面白いと思って発した言葉に、無駄な装飾が1個もないの。第7世代って。

今当然テレビで活躍してる先輩方も、1本の番組でもう気張ることはないから、1本の番組でミスったところでそんな変わらないし、成功したところでそんな大きく変わらないから、やっぱ肩の力抜けてるの。唯一、肩の力入れてる取り残された世代が、6.5(世代)なんだよ(笑)。だから、6.5(世代)は、なんか残さなきゃいけないからさ、全部の言葉に無駄な装飾がついてるんだよね。だから、このコロナ禍で俺はそれに気付いたの。

「自然体で出した言葉が一番面白い」と気付いた向井さんが出した結論は……。

向井:だから、CBCでやってるこのラジオの俺が1番面白いんだよ(笑)。これ、本当に思うの! どの番組に出てる向井より、やっぱりこの番組の向井が1番面白いんだって(笑)。その、めっちゃ面白いわけじゃないよ? 俺史上のMAXってこと。俺が出せる1番面白い感じになってるのは、やっぱなんにも緊張してないもん。汚いブース……(笑)、金で雇った目の前のはがき職人……(笑)、外にはおじさん(笑)。でも、なんにもやっぱ緊張してないから、言葉の装飾を削っていく作業っていうのも、非常に大事なんだなってことに気付きましたね。

ゲスト・もう中学生登場!

ラッキーウィークの企画は、「SLAM DUNK」の登場人物・福田吉兆の褒められて伸びる性格をコンセプトにした「福田吉兆選手権」を開催! 向井さんを始め、ゲスト・もう中学生さんやさまざまな人を対象とした褒めメールを紹介しました。もう中学生さんは、数多くの荷物をスタジオに持ち込んでの出演となりました。

向井:持ってきてる荷物の量がえげつないんすよ(笑)。いや、マジで(笑)。

もう中学生:嬉しくってさ~。手ぶらじゃ来れないよ~。

向井:僕が見えてるだけでも、まず首から提げてるキーボードですよね。提げるひもも、自分でくっつけたビニールひもですか、それは?

もう中学生:これね、古新聞を縛るひも……。

向井:古新聞を縛るひもで付けて、幹てつやスタイルでね。ボキャブラの。それ持ってきてくれたんですよね?

もう中学生:"歌う阪急電車"。

向井:はははは(笑)。いいんですよ、"邪悪なお兄さん"海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)とかいいんですよ、そういうのは、今(笑)。あと、オープニングでも言いましたけど、でっかい段ボール。「餃子ゲーム」と書かれた(笑)。

もう中学生:自分用だから、あの字は。「餃子ゲーム」は。そこ読まないでよ! これからやるかもしれないんだから。

向井:で、ちょっと見慣れないデカい機材。これは何ですか? PS4の4倍くらいあるデカい機材ね。いろんなボタンが付いてるデカい機材あるんですけど、これ何ですか?

もう中学生:これはもう「地獄先生」って言ってもらえば、もう正解。「あ、そのために持ってきたんだ~」って、すぐわかる! それはもう「地獄先生」って言っていただければ、「ならば、それ必要だわ~。よく持ってきたね」ってなる。

向井:ちょっと……言いたくないですね(苦笑)。

もう中学生:ちょっと待ってよ! (萩原流行風に)言えよ~!!

向井:はははは……(笑)。萩原流行さんのね、テンガロンハットの。「言えよ~!」ですね(笑)。

この直後、謎の機材「地獄先生」の実態が明らかとなります。さらに、もう中学生さん・向井さんの初対面の瞬間を録音したレコーダーや「餃子ゲーム」など、スタジオは"もう中ワールド"全開! ラッキーウィークにふさわしい盛り上がりを見せました!

チュウモリ『#むかいの喋り方』
放送局:CBCラジオ
放送日時:毎週火曜 22時00分~24時30分
出演者:向井慧(パンサー)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitteハッシュタグは「#むかいの喋り方」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ