伊集院光、『爆笑問題カーボーイ』に代打生出演! 爆笑問題・田中のメールに「何だあいつ!?」

9月8日(火)放送のTBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』は、現在療養中の爆笑問題・田中裕二さんに代わり、伊集院光さんが登場! 太田光さんと2時間ノンストップでのトークを繰り広げました。(TBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』9月8日(火)放送分)

爆笑問題×伊集院光、久々に実現した豪華タッグ!

9月7日(月)放送の『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』のエンディングで、田中さんの代打として翌日『JUNK 爆笑問題カーボーイ』への出演を発表した伊集院さん。爆笑問題と伊集院さんが『JUNK』で共演するのは、『JUNK 交流戦スペシャル』(2006年9月1日放送)以来となりました。先週、先々週に続いての生放送となった今回、リスナーや業界も注目するオープニングは……?

太田:いやぁもう本当、大変だよね、もう本当に。相変わらずね……。大変だよ。だって、泰葉がイスラム教入っちゃった(笑)。もう、俺どうしようかと思っちゃったよ、今日さあ。あれ、泰葉やっぱり救われてほしいね、イスラム教でなあ……。

伊集院:俺、いらないね!? そのトーンでゆっくり、それぐらいの盛り上がりの話題をずっとやるなら……!

太田:だって、どうなると思う? 三遊亭(※)としては?

伊集院:何も思わないよっ! 何も!

太田:俺さ、泰葉、海老名派みたいなの作っちゃうじゃねえんかと思うんだよ(笑)。イスラム教海老名派みたいな。過激だから、あの人。

伊集院:自分も同じ深夜放送やってるけど、なんかもうそろそろ触れない方がいい人の中に……。

太田:そうなんだよ。高田(文夫)先生も触れないんだもん、だって。俺、散々振ってんだよ、高田先生に。「泰葉、どうなってんですか?」って。

伊集院:その時に高田先生、嫌な顔してるわけでしょ? じゃあ、俺の前でもやんなよ、それは!

太田:海老名派作るんじゃねえかと思って(笑)。三遊亭としては、やっぱり意見聞きたいな。

伊集院:もう三遊亭の意見なら、なお無いよ! 別に普通の伊集院の意見ならまだしも、それもないのに。なお無いんだって!

太田:普通の伊集院、良い伊集院、悪い伊集院とか、いろいろいるからね。

伊集院:あの、俺も……。

太田:普通の伊集院……。

伊集院:俺の話聞かないなら、俺いらないよねえ!? もう全然、そうなっちゃうとねえ。

※伊集院さんは落語家時代、三遊亭円楽(当時・楽太郎)さんと師弟関係にあったため。

爆笑問題・田中が番組P宛に送ったメール

先月末、新型コロナウイルスに感染した田中さんは、今月7日に退院したものの、当面の間は療養する事が所属事務所から発表され、今週も番組を欠席する事となりました。

太田:俺、ズル休みじゃねえかと思ってるんだよなあ。

伊集院:それがさ、おかしかったのが、田中さんの性格だと、今日のラジオを聴いてるのかどうか。俺、寝てると思うから。

太田:そう、俺もそう思うよ。

伊集院:(おかしいのが)それ以上だと思ったのは、『JUNK』全部のプロデューサーの宮嵜(守史)くんのところに夕方ぐらいにメールが来たらしいんだけど。「今日夜、伊集院らしいね。面白そうだね」っていう(笑)。

太田:「楽しそうだね」って。楽しみにしてどうするんだよ(笑)。お前の代打だよ(笑)。

伊集院:「何だあいつ!?」っていう(笑)。

太田:田中健(※伊集院さんの本名)だけどね。田中は田中でもねえ。

伊集院:いや、元・田中だけどねえ……。

伊集院、『カーボーイ』恒例のお天気情報に…

太田さんの荒唐無稽なボケや時事ネタでの無茶振りに、伊集院さんがテンポ良く突っ込みを入れる展開が続く中、番組は開始30分ほどでようやくタイトルコールへ。『爆笑問題カーボーイ』ではオープニング後、田中さんが関東地方の天気について語る事が恒例となっていますが……。

伊集院:この後のお天気の情報なども俺? それも俺!?

太田:そうです。もちろん。全部ですよ。

伊集院:(進行表を読む)今日の東京は晴天でございましたが、湿気がすごか……知るかっ!! そんなの!!

太田:がははは(笑)。

伊集院:各々で感じたろうよ。

太田:各々でね、東京はね。でもほら、一応台風とかあったからさ……。

伊集院:何で常識人の方に立つんだよ! こういう時だけ!!

スタッフ:2行目行ってください(笑)。

伊集院:あ、2行目……(笑)。(進行表を読む)ええ、明日水曜は晴れのち曇りですが、これとても不安定な天候になるという事で……。

太田:ああ、気を付けてくださいね、みんな。

伊集院:気を付けてくださいねえ。明るいうちは晴れてても、夕方急に雷なんてのがね! まんま(進行表を)読むんだ、俺! 深夜! 深夜でまんま、これ読むんだ!

太田:一応、きっちりした番組だから(笑)。

伊集院:(進行表を読む)出かける時は折り畳みの"こうもり"を持っていってください。クソだっせえ!! 深夜放送といえばヤングの聴くもんなのに、"こうもり"!?

太田:"こうもり"気を付けてね。たまにコロナ菌持ってる時ありますから(笑)。

伊集院:血吸うやつもね。血吸うやつもいますからねえ。

太田:そう、吸血"コウモリ"ね(笑)。

伊集院:面白くないっ!!

伊集院が『なんでも鑑定団』を降板した理由

「毎週、必ず観ている好きなテレビ番組について話してほしい」というリスナーからのメールに、『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)を番組開始当初から観ていると答えた伊集院さん。過去に出張鑑定のコーナーでレギュラー出演していた伊集院さんは、自ら降板を申し出た初めての仕事だった事を明かし、その経緯について語りました。

伊集院:俺、汗をかくじゃん。汗が掛け軸に飛んだなんて思うだけで、尋常な気持ちじゃいられないの。

太田:そっか。弁償しなきゃならない。買取みたいなのになっちゃってね。買取って事はないか(笑)。

伊集院:買取って何だよ(笑)。その人にとってはさ、「ご自分の評価額、いくらですか?」って言って、「2億円です!」って言うやつを「さあ!」って手を振るだけで、(汗が)そこに……(笑)。怖くて。本当になんか控室で吐くようになっちゃって。

太田:え、ウソ。そんな?

伊集院:本当に。たぶん当時の画面を観てると、高そうな物の前で微動だにしない俺が居るの。

太田:ああ、そう。

伊集院:そうなのよ。俺はだから『鑑定団』を未だに観てる。

太田:仏像……。俺が観てた時のあの仏像はお前だったのか、じゃあ。

伊集院:ううん、違うよ?

太田:常に仏像が何か鑑定されてるなあって思って。

伊集院:ううん、それは仏像だと思うよ? 仏像はよく出てくる番組だから。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週火曜 25時00分~27時00分
出演者:爆笑問題、伊集院光
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#bakusho」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ