『ミルクボーイの煩悩の塊』インタビュー! リスナーの皆さんに『ボンカタ』を作ってもらっている

ミルクボーイがパーソナリティを務めるABCラジオ『ミルクボーイの煩悩の塊』、通称『ボンカタ』。特番を経て、2020年4月からレギュラー化されました。番組名はミルクボーイのおなじみのネタ「コーンフレーク」中の一言から。2人のリラックスしたトークと、ラジオならではの裏話も聴ける人気番組です。

今回は、内海さんと駒場さんに、番組の魅力や今後の目標、また好きなラジオ番組についてお聞きしました。

コンビで、好きなことを話していられるのはとても楽しい

ーー『ミルクボーイの煩悩の塊』は特番を経て、昨年4月にレギュラー化。お二人が感じる周りからの反響はいかがですか?

内海:芸人さんやスタッフさんから「『ボンカタ』聴いてます!」とこんなに言われるとは思っていなかったです。街で会った人から言われたらうれしいです。

駒場コンビで、好きなことをただ話していられるというのは想像通りとても楽しいです。ただ最初は、収録なので放送日と収録日にズレがあることなどは難しかったです。

あと、リスナーさんがすごく面白いので、皆さんに『ボンカタ』を作ってもらっているという感じがしてありがたいです!

『ボンカタ』はリスナーの投稿レベルが高い

ーーお二人が思う番組の魅力や注目して欲しいポイントなどを教えてください。

内海リスナーからの投稿のレベルが高いです。毎回つかみのコーナーを選ぶのが大変です。

駒場:僕らが話したことを次の週にコーナーに勝手にしていくというノリが、完全にリスナーさん発信で始めてくれて、それが無限にあるので。まさに「煩悩の塊」というタイトルにピッタリになっているというところがポイントです。

ミルクボーイが好きなラジオ番組

ーーお二人とも元々ラジオはお好きでしたか? 好きな番組(過去のものでも)や、普段聴いている番組を教えてください。

内海:ダイアンさんの『よなよな…』(ABCラジオ 毎週月曜日)。寝る前に聴くのが好きです。途中から聴くと、昔のノリなどが全く分かりにくいですが、楽しい雰囲気を感じるだけでラジオは楽しいです。

駒場:『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)から始まり、ダウンタウン・松本人志さんと構成作家・高須光聖さんの『松本人志の放送室』(JFN系列 2001年〜2009年放送)を聴いていました。

あとはダイアンさん(ABCラジオ『よなよな…』毎週月曜日)、やすよともこさん(ABCラジオ『やすよとともこのOFF MODE』)、兵動さん(ABCラジオ『兵動大樹のほわ~っとエエ感じ。』)、中川家さん(ニッポン放送『中川家 ザ・ラジオショー』毎週金曜日)、ナイツさん(TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』毎週土曜日/ニッポン放送『ナイツ ザ・ラジオショー』月曜日〜木曜日、『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』毎週木曜日)、メッセンジャーさん(MBSラジオ『それゆけ!メッセンジャー』)、神田伯山(TBSラジオ『問わず語りの神田伯山』)さんの番組などを聴いていますが、1週間の時間が足りない! 

皆さんそれぞれの話し方、伝え方、例え方、物事のとらえ方が違って本当に勉強になります。あと、コンビでやられている番組は、2人が楽しすぎてしばらく笑っているだけのような回は聴いていてとても素敵だなと思います。

『ボンカタ』はラジオをあまり聴かない人にも楽しんでほしい!

ーー今後の番組での目標や、挑戦してみたいことを教えてください。

内海「俺は動くよ」のコーナー(世の中や、身の回りの出来事に対して腹が立った事を送ってもらい、その怒りに対して、内海さんが「動く」かどうかを判定するコーナー)で日本一周を目指しているので早く達成したいです。

駒場:一度だけ生放送をさせてもらって楽しかったので、またやりたいです!

ーー最後にリスナーやradiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

内海ラジオをあまり聴かない人にも楽しんでいただけるような番組にしたいです。

ラジオを聴くならラジコが便利です。まだ、インストールしていない人がいたら、俺は動くよ!

駒場:以前は外で1人でラジオを聴いていて、どんなに面白くても周りの目が気になってニヤニヤできずに我慢していたと思います。僕もそうでした。

ただ、今はマスクの時代になったので、いくらニヤニヤしてもバレません。思う存分ラジオを聴いてニヤニヤしてください!

ミルクボーイの煩悩の塊
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週月曜 24時30分~25時00分
出演者:ミルクボーイ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ボンカタ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ