『ミルクボーイの煩悩の塊』インタビュー! リスナーの皆さんに『ボンカタ』を作ってもらっている

ミルクボーイがパーソナリティを務めるABCラジオ『ミルクボーイの煩悩の塊』、通称『ボンカタ』。特番を経て、2020年4月からレギュラー化されました。番組名はミルクボーイのおなじみのネタ「コーンフレーク」中の一言から。2人のリラックスしたトークと、ラジオならではの裏話も聴ける人気番組です。

今回は、内海さんと駒場さんに、番組の魅力や今後の目標、また好きなラジオ番組についてお聞きしました。

コンビで、好きなことを話していられるのはとても楽しい

ーー『ミルクボーイの煩悩の塊』は特番を経て、昨年4月にレギュラー化。お二人が感じる周りからの反響はいかがですか?

内海:芸人さんやスタッフさんから「『ボンカタ』聴いてます!」とこんなに言われるとは思っていなかったです。街で会った人から言われたらうれしいです。

駒場コンビで、好きなことをただ話していられるというのは想像通りとても楽しいです。ただ最初は、収録なので放送日と収録日にズレがあることなどは難しかったです。

あと、リスナーさんがすごく面白いので、皆さんに『ボンカタ』を作ってもらっているという感じがしてありがたいです!

『ボンカタ』はリスナーの投稿レベルが高い

ーーお二人が思う番組の魅力や注目して欲しいポイントなどを教えてください。

内海リスナーからの投稿のレベルが高いです。毎回つかみのコーナーを選ぶのが大変です。

駒場:僕らが話したことを次の週にコーナーに勝手にしていくというノリが、完全にリスナーさん発信で始めてくれて、それが無限にあるので。まさに「煩悩の塊」というタイトルにピッタリになっているというところがポイントです。

ミルクボーイが好きなラジオ番組

ーーお二人とも元々ラジオはお好きでしたか? 好きな番組(過去のものでも)や、普段聴いている番組を教えてください。

内海:ダイアンさんの『よなよな…』(ABCラジオ 毎週月曜日)。寝る前に聴くのが好きです。途中から聴くと、昔のノリなどが全く分かりにくいですが、楽しい雰囲気を感じるだけでラジオは楽しいです。

駒場:『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)から始まり、ダウンタウン・松本人志さんと構成作家・高須光聖さんの『松本人志の放送室』(JFN系列 2001年〜2009年放送)を聴いていました。

あとはダイアンさん(ABCラジオ『よなよな…』毎週月曜日)、やすよともこさん(ABCラジオ『やすよとともこのOFF MODE』)、兵動さん(ABCラジオ『兵動大樹のほわ~っとエエ感じ。』)、中川家さん(ニッポン放送『中川家 ザ・ラジオショー』毎週金曜日)、ナイツさん(TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』毎週土曜日/ニッポン放送『ナイツ ザ・ラジオショー』月曜日〜木曜日、『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』毎週木曜日)、メッセンジャーさん(MBSラジオ『それゆけ!メッセンジャー』)、神田伯山(TBSラジオ『問わず語りの神田伯山』)さんの番組などを聴いていますが、1週間の時間が足りない! 

皆さんそれぞれの話し方、伝え方、例え方、物事のとらえ方が違って本当に勉強になります。あと、コンビでやられている番組は、2人が楽しすぎてしばらく笑っているだけのような回は聴いていてとても素敵だなと思います。

『ボンカタ』はラジオをあまり聴かない人にも楽しんでほしい!

ーー今後の番組での目標や、挑戦してみたいことを教えてください。

内海「俺は動くよ」のコーナー(世の中や、身の回りの出来事に対して腹が立った事を送ってもらい、その怒りに対して、内海さんが「動く」かどうかを判定するコーナー)で日本一周を目指しているので早く達成したいです。

駒場:一度だけ生放送をさせてもらって楽しかったので、またやりたいです!

ーー最後にリスナーやradiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

内海ラジオをあまり聴かない人にも楽しんでいただけるような番組にしたいです。

ラジオを聴くならラジコが便利です。まだ、インストールしていない人がいたら、俺は動くよ!

駒場:以前は外で1人でラジオを聴いていて、どんなに面白くても周りの目が気になってニヤニヤできずに我慢していたと思います。僕もそうでした。

ただ、今はマスクの時代になったので、いくらニヤニヤしてもバレません。思う存分ラジオを聴いてニヤニヤしてください!

ミルクボーイの煩悩の塊
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週月曜 24時30分~25時00分
出演者:ミルクボーイ
番組ホームページ
公式X

Twitterハッシュタグは「#ボンカタ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

日米同盟に「空白の3カ月」 『もしトラ』に日本は対応できるのか?

723日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、火曜コメンテーターで上武大学教授の田中秀臣氏番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーが、バイデン大統領の大統領選撤退表明日米同盟を巡る協力ついて意見を交わした。

『もしトラ政権』とコミュニケーションを取れる人が日本の政治の中枢にいて欲しい

アメリカのバイデン大統領が11月の大統領選からの撤退を表明したのを受け、日米同盟を巡る協力に隙が生まれる懸念が出てきた。後任が決まるまでの3カ月間も現職大統領として外交日程が続く。 

日本は大統領選挙で民主党のバイデン氏、共和党のトランプ氏のいずれかが勝利しても対応できるように準備してきた。 

2023年に外務次官候補だった山田重夫氏を駐米大使に起用している。トランプ前政権時代にNSS(国家安全保障局審議官として築いたパイプを評価した。首相自ら主導して人事を決めた。 

2024年4月には自民党・麻生太郎副総裁がトランプ氏本人とアメリカ・ニューヨークで面会をしている。岸田首相の防衛費の増額などを説明し、同盟国に負担を求めてきたトランプ氏に理解を求めた。 

民主・共和、両にらみで対策を進めていたものの、再選に意欲を示し続けていたバイデン大統領が民主党候補として正式指名される直前に撤退を表明したことが誤算だった。 

(寺島アナ)日本はトランプ氏とバイデン氏、どちらの勝利にも対応していた、ということですが。これは田中さん、どうご覧になりますか?」

(田中氏)それは正しいやり方だと思うんですけど、『もしトラ(もしもトランプ氏が再び大統領になったら)』と考えるとリスクの方が個人的には大きい気がします。仮にハリス副大統領が次の大統領になったら、バイデン政権の延長上ですから不確実性が低いと思うんですけど、トランプさんが戻ってきて今の公約をベースにしたら、たとえば経済政策だけ見ても日本の為替レートに対する圧力をかけてくる可能性もあるし。関税を引き上げると言ってますから、それに対する個別交渉が必要になってくると思いますアメリカがトランプ政権になったら、一方ではアメリカ国民のためにお金を扱うけど、他方で安全保障面を含めて予算カットみたいなことをやりますから、さらに防衛費増額を日本に求めてくる。さらに台湾有事の悪化に結び付くような話も出てきたら嫌だな、と思います

田中氏は『もしトラ』になったとき、日本の対応について考える。 

(田中氏)その時に日本側に『もしトラ政権』とコミュニケーションを取れる人が政治の中枢にいて欲しいですよね。それが麻生さんなのかというと“そうなのかな?”という気もしますし、安倍元首相のようなリーダーシップを取れる政治家がいて欲しいですよね。個人的な推しメンは高市早苗さんかな?って思います。彼女であれば交渉力もあるんじゃないか?”と思います野党のなかでも人材はいるかも?と思いますけど、いま経済政策が踏み絵になっているんです。利上げする人は、いま総理大臣になっちゃいけない人ですよね。河野太郎デジタル大臣、茂木敏充自民党幹事長はそろって利上げ発言をしたので絶対にいま総理大臣になっちゃいけないですよ

田中氏は、石破茂氏の現在の動きを注意深く見ている 

(田中氏)私の個人的見解ですよ?怪しい動きをしている石破茂さんは体質的に利上げ発言をしそうですけど、してないですよね?これは恐らく、菅義偉さんあたりと最近近づいているので“不用意な経済政策発言するな”と釘を刺されている気がします」

(寺島アナ)菅さんはその辺りは分かっているんですかね? 

(田中氏)分かっていると思います。今のタイミングで利上げは絶対にあり得ないですから。菅さんは株価が上がるのが大好きなんですよ。雇用も心配してると思いますけど、それ以上に株価が上がるのが大好きですから、利上げ発言なんかしたら株価が下がるから釘を刺している可能性はある

〈出典〉 

日米同盟に「空白の3カ月」 | 日本経済新聞 (https://www.nikkei.com/) 

Facebook

ページトップへ