星野源、40歳の誕生日!「ストンと胸に落ちる感じ」 バナナマン&オークラも祝福

星野源さんがパーソナリティを務める、ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』。2月2日(火)の放送は、バナナマン(設楽統さん、日村勇紀さん)とオークラさんをゲストに迎え、40歳の誕生日を迎えた星野さんをお祝いしました。(ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』2月2日(火)放送分)

星野源、40歳の誕生日!

1月28日(木)に40歳の誕生日を迎えた星野さん。40代になって初めての『オールナイトニッポン』は、ニッポン放送・イマジンスタジオからの放送。オープニングでは、星野さんが20代から30代、そして30代から40代になる瞬間を振り返りました。

星野:30歳から40歳になる時はなんかね、スッキリしましたね。なんだろうね。なんか1個、ストンと胸に落ちる感じがありまして。もちろん、やっぱりこの時世ですからパーティーとかはできないんで、ずっと家に居たんですけど(笑)。ずっと家に居ながら、すごく落ち着いた時間を過ごしました。

星野:当日はですね、いつもは結構みんなが祝ってくれたりとか、ラジオの時に会社の人たちがプレゼントくれたりとかしてワイワイやるんですけど。今年はできなかったので、マネージャーさんがプレゼントを自宅まで持って来てくれまして。非常にありがたかったですね。サプライズで持って来てくれて。台車に乗せてたくさんのものを持って来てくれて非常に嬉しかった。そこに1ホールケーキがありましてね。「一人で食うぞ!」という事で、Instagramにも書きましたけど、かぶりつきました。非常に美味しかったです。

いいですねえ。いくつになってもお祝いしていただけるってのは、本当になかなか無い事ですから。こういう事が無くても、自分一人でお祝いしているような気はするんですけども。お祝いしていただいて本当にありがとうございます。

バナナマン&オークラが祝福! 日村は渾身の仮装も…

オープニングから間もなく、バナナマン・設楽統さんが構成作家・オークラさんとともに誕生日のお祝いに訪れました。今回、3年ぶりのお祝いに駆けつけた設楽さんに対し、2018年から毎年出演している相方・日村勇紀さんは一緒に現れず。そんな中、設楽さんが連れてきた人とは……?

人気ゲーム「桃太郎電鉄シリーズ」でお馴染みのキャラクター・キングボンビーに扮して登場した日村さん。星野さんからキングボンビーに扮した理由を聞かれ、日村さんは「(放送日が)節分だから鬼で現れたい」、「鬼といえばキングボンビー」と答えました。

星野:でも1個、正直に残念な事がありまして。さっき、ここに(開始)10分前に入ったんですよ。入って、バナナマンさんたち入ってるって聞いてたんで挨拶に行こうと思って、楽屋に行ったんですよ。そしたら、作り途中のキングボンビーが見えちゃったんですよ。

設楽:嘘だあ!?

星野:イスに座ってメイクをされてるキングボンビーが見えちゃったんですよ(笑)。

日村:源くん、毎年見られてるんだよね、俺ね! その製作途中を!

設楽:だから「挨拶とか事前に来なくていい」っていう風に言ってたけど。

星野:ちょっと、この作家さん(寺坂直毅さん)が僕に言うのを忘れてたんですよ。

寺坂:ちょっとすみませんでした。

日村:だから、源くんにちゃんと隠したつもりだったの。で、源くんが入ったって聞いたからドアをちゃんと閉めたの。

星野:いや、ドア開いてましたよ。その前にたぶん、僕が行ったんだと思います。「急いで挨拶しなきゃ」って思って行ったら、ドア全開で「いや、そうですよねえ」とか言いながら……(笑)。

日村:もう毎年なのよ! 毎年バレてるのよ!

星野さんがメイク途中の日村さんを既に目撃していた事や、『桃鉄』自体をあまり知らなかった事もあり、スタジオの盛り上がりは今一つ。予想外の反応に日村さんは……。

日村:すごく頑張ってたのよ、これ本当に。(メイクを)塗るのも1時間以上かかってるのよ。髪も人生で立たせた事無いからね。

星野:すごく立ってますよね。

日村:で、白塗りにしてさ。それで「キングボンビーってどうだったっけ?」って確認しようと思ったら、(スマホの)Face IDがもう開かないのよ。

一同:はははは(笑)。

設楽:あ、ダメなの? ダメなんだ。

日村:「開かないんだ!」って思って。ちょっと中途半端なキングボンビーの段階だと、もうキングボンビーと思われてるから。スマホの方には。

設楽:それで登録すればよかったね。

日村:そうすると、これでいなきゃいけなくなっちゃうから。結構苦労してたのよ。

星野:いや、でも完成度すごいです。

設楽:いやいや。まあ、でもしょうがないよ。大失敗。はははは!

日村:いやいや、大失敗とはこういう事を言うんだね。

日村勇紀が語る『ノンストップ!』とは

日村さん、オークラさんがゲスト出演する回では、リスナーからの真面目な質問に答える事が恒例となっており、今回もリスナーから多くの質問メールが届きました。

星野:(メールを読む)「日村さんにとって『ノンストップ!』(フジテレビ系)とは何ですか?」。

日村:何でそれ聞くんだよ、今! 設楽さんにとっての『ノンストップ!』を聞かないと意味が無いじゃない!

設楽:でも、『ノンストップ!』ってのはあくまでも番組名でもあるけど、言葉として「ノンストップ」ってのもあるし。

日村:言葉としての「ノンストップ」の事を言うの?

設楽:分かんないけど。いろんな解釈があるよっていう話。

日村:まあ、でも、俺にとっての『ノンストップ!』ってのは……俺も半分『ノンストップ!』みたいなもんだから、設楽さんが『ノンストップ!』をやってるって事は、俺も半分実は『ノンストップ!』の出演者であるしね……。

設楽:違う、それは違くない?(笑)。半分出演者ではある、ああ……まあ、広い意味でね。

日村:広い意味で言うとさ、"バナナマン・設楽統"っていう風になってる訳だから。

設楽さんがMCを務める『ノンストップ!』を定期的にチェックしては、泣いたり驚いたりしているという日村さんは、設楽さん単独での出演に対しての気持ちを打ち明けました。

日村:最初は寂しいよ! 設楽統がどんどん朝の顔になっていってね。俺はこんなキングボンビーやったりさ、(昨年出演時の)ペ・ヨンジュンやったりしてさ。

星野:でも、今は『シタランドTV』(テレビ朝日)とかあるじゃないですか。結構やっぱり寂しいもんなんですかねえ。

日村:いや、『シタランドTV』もそりゃそうだけど、その時俺は……メイク落とさなきゃいけないし、この時間はね。

星野:どういう事ですか……? 「メイク落とさないと」ってどういう事……。

日村:(『シタランドTV』の)オンエアでしょ……(笑)。今日、設楽さんこの後あるんでしょ、だって……(笑)。

星野:日村さん、別に(メイクを)落とさなくてもいいじゃないですか。

日村:何が、何が……?(笑)。いや、キングボンビーでもいいけどさ。

星野:何で落とす必要があるんですか(笑)。

日村:いや、今日オンエアがあるんでしょ? 『シタランドTV』の。

設楽:あるある。

日村:そうそう。だからね……何、これ何の話(笑)。

設楽:意味が分からない(笑)。

その後、人気コーナー「星野ブロードウェイ」ではオークラさん脚本による「星野源がいない世界」を上演。スペシャルウィークとなる2月16日(火)の放送では、星野さん出演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS系、1月2日放送)で共演したYOUさんをゲストに迎える事が発表されました。

星野源のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週火曜 25時00分~27時00分
出演者:星野源、ゲスト:バナナマン、オークラ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#星野源ANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

青木愛 “お金をいくら積まれても現役当時には戻りたくない”発言の深意とは?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」(毎週土曜 7:00~7:25)。11月26日(土)の放送は、元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛(あおき・あい)さんをゲストに迎え、お届けしました。


青木愛さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆「幾ら積まれても、(現役当時に)戻りたくない」発言の深意とは?

丸山:まずは簡単に、青木さんのプロフィール紹介を。8歳のときに当時やっていた水泳からシンクロナイズドスイミング(現名称:アーティスティックスイミング)に転向し、小学4年のときにジュニア五輪で優勝。2006年ワールドカップに出場し、チーム種目で銀メダルを獲得。2008年北京オリンピックでは、日本代表にチーム最年少で選出され、5位入賞。同大会を最後に現役引退し、現在はアーティスティックスイミングの指導とともに、モデル、タレント、リポーターなど幅広く活躍されています。水泳を始めて、シンクロに転向しようと思ったきっかけは?

青木:私は京都出身で、自分の家から一番近いスイミングスクールにベビースイミングがあったので、母が親子の健康のためにと0歳10ヵ月からベビースイミングに入れて。そのスイミングスクールが、たまたま京都で唯一シンクロコースのあるスクールだったんですよ。

丸山:もしそのスクールになかったらやっていなかったかもしれない?

青木:そうですね。違うところに住んでいて、近所のスイミングスクールに行っていたらシンクロコースがないからやっていないと思います。ずっと水泳を続けていたんですけど、幼稚園ぐらいのときに奥野史子(おくの・ふみこ)さんがそのスイミングスクールの出身でよく練習に来られていたんです。それを母と見て「あの人、すごい選手なんやで」って聞いて、奥野さんの泳ぎを見て“めっちゃ、綺麗やなぁ”って思って。あと、シンクロコースに通っているお姉さんたちが、よく一緒に遊んでくてすごくやさしかったので。

丸山:なるほど。それでシンクロコースに転向したと。0歳の記憶にない頃からやっていたら、水泳が好きも嫌いもなく、日常にあったということですよね。

青木:そうですね。だから、水が怖いと思ったこともなかったですし、水のなかにいるのが当たり前みたいな感じでした。

丸山:青木さんは身長が高いですから、小中学生ぐらいのときに、例えばバレーボールやバスケットボールなど、ほかの競技をやりたいと思ったことはなかったですか?

青木:まったくなかったです。シンクロの練習が厳しすぎて、正直嫌になったことはありますけど、かといってほかの競技をやりたいというのはまったくなくて。

丸山:へぇ~、そうなんだ。

青木:体育の授業でいろいろな競技をやるじゃないですか。それは楽しかったですけど、やっぱりシンクロが好きだったんだと思います。

丸山:途中でやめたくないという思いがあるなか、「(現役)当時に絶対戻りたくない」というコメントがあったようですけど、相当練習が厳しかったんですか?

青木:例えば、高校生のときって、部活動が厳しいとかあるじゃないですか。私は高校時代にクラブチームでやっていたんですけど、テレビ番組のトークテーマで「(お金を)幾ら積まれたら、当時に戻る?」と聞かれて、「幾ら積まれても、戻りたくない」って言ったんです。

丸山:なるほど。

青木:やっぱりそのときにやり切っているし、(練習は)つらいから。例えば、お金をいただいて、ただ高校生に戻って違うことをしてみるのならわかるんですけど、またあの当時の生活をとなると「やるかいっ!」って(笑)。

丸山:「やるかいっ!」ってね(笑)。

青木:今、普通に生活できているから、「別に何十億積まれても、絶対に(シンクロは)やらん!」みたいな。

丸山:中学のときに、“鬼コーチ”と言われる井村雅代さんと会ったことも大きな起点になったと思うんですけど、当時かなり厳しかったから「何十億積まれても、絶対に戻らない」と(笑)。それは話しづらいですよね(笑)?

青木:中学2年生のときに井村シンクロクラブ(現:井村アーティスティックスイミングクラブ)に移籍したんですけど、当時、井村先生は日本代表監督をされていたので、井村シンクロクラブでチームを見る担当を持っていなかったんです。もちろん何度も教えてもらったことはあったんですけど、変な話、神様みたいな存在なんですよね。だから今でも怖いです(苦笑)。

◆アーティスティックスイミングの魅力とは?

丸山:オリンピックに出場したいという思いはいつ頃から芽生えたんですか?

青木:シンクロを始めたときから“オリンピックに出る”と思っていました。

丸山:かっこいい~!

青木:奥野史子さんを見て“シンクロをやりたい”と思ったのと、奥野さんがオリンピック選手だったのもあって、競技を始めたときは“(オリンピックに)出れるもんや”と思っていたんですよね(笑)。でも、高校生になってジュニアの日本代表に入るなどしていくにつれて、オリンピックの重みを直に感じるようになって……始めた当初の“オリンピックに出る”というときからは変わりましたね。

丸山:なるほど。

青木:しかも“オリンピックに出る”イコール、いつからか“メダルを獲って当たり前”というのがついてくる。シンクロは「日本のお家芸」と言われていましたから。私たちの代でメダルは逃してしまいましたけど、歴代の先輩方はずっとメダルを獲ってきていたので。始めた当初からは(オリンピックに対する)感じ方が変わりましたね。

丸山:そうですよね。あらためて、アーティスティックスイミングの魅力とは?

青木:わかんないです(笑)。とりあえず、やっていて楽しいんですよ。めっちゃ怒られるし、しんどいし、練習はめっちゃ嫌いでしたけど、何かはわからないけどやっぱり大好きで。8人で息を合わせて、4分間完璧に泳ぎ切れたときの気持ち良さは、ほかには代えがたいものがありますね。

あと、シンクロのコーチって大体厳しくて、やさしいコーチって基本いないんですよ。そんなコーチが4分間泳ぎ切ってその演技が良かったときに褒めてくれるのがすごくうれしい。

丸山:そっかぁ~。

青木:メダルを獲るよりもうれしいですね。

次回12月3日(土)の放送も、引き続き青木さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年12月4日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ