『安元洋貴の笑われるセールスマン(仮)』インタビュー! 宣伝に振り切りつつも、トークショーとして面白いところを探す「楽しい」が軸の番組

声優・安元洋貴さんがパーソナリティを務める文化放送『安元洋貴の笑われるセールスマン(仮)』、通称『笑セル』。話題のアニメやゲーム、声優、特撮に関するさまざまな情報を紹介し、安元さんとゲストとの軽快なトークが楽しい番組です。

今回は安元さんに番組のセールスポイントや、今後挑戦してみたいこと、また好きなラジオ番組についてお聞きしました。

毎回楽しい、人に救われているラジオ

ーー『安元洋貴の笑われるセールスマン(仮)』は2020年1月にスタート。放送が始まって1年経ちましたが、今のお気持ちはいかがですか?(取材は2021年1月)

ただただ感謝です。急拵えで始まった番組ですが、この御時世に一年もやらせていただけているのは感謝しかありません。

ーー今までに印象に残っている放送やエピソードを教えてください。

たくさんあります。西山宏太朗くんがゲストの回(第2回・3回 2020年1月12日・19日放送)で何となく方向性が決まったり、藍井エイルさんがいらした時(第33回 2020年8月15日放送)にチャレンジ企画をしてみたり、小野坂昌也さんがいらした時(第54・55回 2021年1月9日・16日放送)にほとんど使えない話をしてくださったり(笑)。毎回楽しいんです。本当に人に救われているラジオです。

『笑セル』のセールスポイントは?

ーーご自身が思う番組の魅力”セールスポイント”を教えてください。

ゲストがアピールしたい物を掘り下げる事でしょうか。ガッツリ宣伝に振り切りつつも、トークショーとして面白いところを探す。この工程は僕自身も楽しくやらせていただいています。

安元洋貴が好きなラジオ番組

ーー元々ラジオはお好きでしたか? 好きだった番組や、普段聴いている番組などを教えてください。

元々俺個人が持っていた"娯楽ギア"がラジオしかなかったので、めちゃめちゃラジオを聴いていました。ラジオに救われた人生といっても過言ではありません。

普段聴いているラジオもたくさんありますが、他局の物もありますので……(笑)。T○Sラジオの深夜帯の芸人さんのラジオはよく聴いています。昔聴いていたのは、やはり『オールナイトニッポン』ですかね。ほぼ毎日聴いていたと思います。ナインティナインさんのは初回を聴いた記憶もありますね。あとは電気グルーブさんとか、短かったけど古田新太さんのとか、パンチ力のある物を好んでいました。

2部(現在の『オールナイトニッポン0(ZERO)』枠)の伊集院光さんとか。福山雅治さんの2部時代も楽しかったなぁ。今でも星野源さんの『オールナイトニッポン』は聴いています。何というかとてもラジオっぽくて好きなんです。今風のチャレンジもしつつ、オールドスタイルのラジオ感もある。凄い仕上がりだと思います。

アニラジはやはり文化放送さんですね。『ノン子とのび太のアニメスクランブル』(1991年〜2010年放送)とか、『佐竹雅昭の覇王塾』(1993年〜1996年放送)とか、よく聴いていました。

『笑セル』は「楽しい」が軸!

ーーこれから番組に呼びたいゲスト等、また挑戦してみたいことを教えてください。

良い意味で特にありません。どんな方がゲストにいらしても、どんな案件が来ても、「絶対に楽しくしよう、楽しんでもらおう、楽しもう」しか思っていないので。だからこれからいらっしゃるゲストの方も肩肘張らず、気楽に来て欲しいですね。当番組は「楽しい」が軸ですから。

ーー最後に番組を聴いているリスナーの方や、radiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

気楽に聴いてください。ラジオって”疾走感みたいなもの”も大切だと思うんです。当番組は元気に楽しく貴方の御耳を駆け抜けていきますから、何にも構えずに聴いてくださいね。

安元洋貴の笑われるセールスマン(仮)
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 26時30分~27時00分
出演者:安元洋貴
番組ホームページ
公式Twitter
公式Youtube

twitterハッシュタグは「#笑セル #文化放送」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ