佐久間P、3月末でのテレビ東京退社を報告「執拗な引き止めがあると思った。全然無い(笑)」

テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行さんがパーソナリティを務める、ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』。

3月3日(水)の放送ではテレビ東京を3月末で退職する事を報告し、退職に至るまでの経緯や業界関係者の反応などを語りました。(ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』3月3日(水)放送分)

佐久間P、テレ東退職報道の真相は?

数日前、佐久間さんが所属先のテレビ東京を3月末で退職するといった報道が出た事により、業界関係者やネットでも話題となる中で迎えた今回の放送。オープニングから佐久間さんが退職報道について語ります。

佐久間:「実際どうなの? 本当なの?」っていうのも、そこもあるでしょ? いろんなマネージャーからも電話かかってきましたよ。今ドラマを撮ってる事務所の人たちからも、後輩のプロデューサーのところにガンガン電話かかってきましたよ。

あの〜……本当です。はははは(笑)。本当なんですよ〜(笑)。本当だけど、正直こんなに早く出るとは思わなかったっていうのが正直なところなんだが。

報道内容を認め、3月末をもってテレビ東京を退職する事を明らかにした佐久間さん。今後もテレビ東京と契約した上で担当中の番組は継続する事や、制作現場が希望である事などを説明し、会社側の反応についても触れました。

佐久間:これがですね……全然揉めなかった。はははは(笑)。うーん。あのねえ、もっとねえ、執拗な引き止めがあると思った。全然無い(笑)。まず自分の上司とか編成部長に言ったわけ。年始早々出社してた。「そっか〜」って言って。「まあ、でも俺としてはねえ、番組続けてほしいからねえ。会社に言うけど」って。"あ、そっか"って思って。引き留めらんねえんだって思って(笑)。

そして、いろんな人に話したんだけど、みんながっかりはするのよ。「うわ〜、そっか。寂しくなるなあ」って言って。「でも番組やってくれるんでしょ?」って言って。「じゃあ変わんないよね?」って言って誰も引き留めないんだよ。……もっと引き留めてほしかったです(笑)。むしろ応援に近い。

だから、昔の人力舎(プロダクション人力舎)。ある程度売れるとマネジメントが分からないから独立してくれっていう。だからテレビ東京、人力舎と一緒(笑)。みんな誰も止めないっていう(笑)。

テレ東関係者の反応は…

放送日の前日、会長と社長に退職の挨拶を済ませた佐久間さんが会長から言われた事とは……?

佐久間:「(会長)佐久間に、俺がニッポン放送でラジオの仕事やっていいよって言った時から俺は分かってた」って言って。「そうやって、どんどんやりたい事が増えていって、いつかこの日を迎えるのを3年前に俺がラジオを許可した時に分かってた」って会長が言ってくれたの。……それはさすがに嘘だと思うんだよ。はははは(笑)。「ありがとうございます!」って言ったけど(笑)。

『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京)の収録後、佐久間さんは自らの退職に関する話題が部会で話題になった事を後輩から聞いたそうです。

佐久間:「(部長)みんな"何でだろう"とか思うだろう、いろいろな事もあると思う。でもリモートだし、俺は最近佐久間に会ってないから、分からない」と。「だから、みんなに一言言う事があるとすれば、今日みんなでラジオ聴こう」って言ったんですよ。はははは(笑)。部長が、部会で(笑)。「(後輩)佐久間さんのラジオ、みんなで聴こうっていう部会の結論でした」って言ってて、どういう部会だよって(笑)。「みんなで聴こう、ラジオ! ラジオ聴いたらわかるから。たぶん話すだろ今日」って。「ニュースになっちゃったんだから」って言ってたらしいよ、部会で。俺のいる部でも。だから、たぶん部員が聴いてるっていう(笑)。

だからちょうど、オリラジ(オリエンタルラジオ)とか西野(亮廣)とかが吉本退社のニュースを触れた時に、今までの俺だったら「いやあ、俺がテレビ東京辞めたらこうなるなあ」とか言ってたじゃん。触れなかったでしょ? ……そういう事ですよ。はははは(笑)。真っ只中だったから(笑)。揉めてはないけど、会社と話してる真っ只中だったんですよ。

退職届ができるまで

テレビ東京との交渉もまとまり、制作局長から辞表を書くように言われた佐久間さんは、何度か失敗を重ねながらも書き上げた辞表を奥さんにチェックしてもらったようですが……。

佐久間:(辞表を)書いたよって見せたら、「(佐久間夫人)ちょっと待ってよ。これ、コピー用紙じゃん」って言って。"え、コピー用紙ダメなの? 白い紙使ったよ"。「コピー用紙に辞表を書いて出すやつなんかいないから!」。"えっ!? きれいな白だよ?"って言ったんだけど(笑)。「違うのよ! コピー用紙つるつるじゃん!」って言って。「こういうのじゃなくて、白い便箋なの」。うちの奥さん、人事畑だから。

その後も印鑑のズレや名前の書き損じを経て、辞表づくりは書類を白い封筒に入れる段階まで進みました。

佐久間:そしたら奥さんが(部屋を)ノックして、「(佐久間夫人)書けた?」って心配になって俺の部屋に来たの。"書きました。白い封筒に入れました"って言ったの。「ちょっと待ってよ〜」って言うから、"またかよ〜!"って思って、"何なんだよ〜! ちゃんと書けてるじゃん!"って。

「封筒」って言って。「それ、テレ東の封筒じゃん」って言って(笑)。「どこの世界に、自分の辞める会社のロゴがでかでかと入ったところに"退職願"って書いて持ってくやついる? 請求書じゃないんだから!」って言われて、"えっ、ダメなの!? 白い封筒これしか無かったよ、家に"って言ったら、「だからって、テレ東のロゴ入ってるのに"退職願"って書いて出しに……それ一生のもんなんだからね!」って言われて。

"わかりました。じゃあどうすればいいんですか?"。"どうすればいいんですか、めんどくさいですよ〜"みたいな顔でね(笑)。そしたら奥さんが「辞めるって言ったのあんたじゃん!!」って(笑)。

ようやく辞表を用意できた佐久間さんは後日、テレビ東京の社内で制作局長に辞表を渡します。辞表に目を通した制作局長は周囲にバレないよう、携帯で佐久間さんに内容確認を行います。

佐久間:「(制作局長)佐久間さ、お前さあ、お前のいる部署って"クリエイティブビジネス制作チーム"って言うんだけど、お前、部署名間違えてるよ」って言われて。「"クリエイティブビジネス部"って書いてる。"クリエイティブビジネス制作チーム"って言うの」。"ああ、それぐらいの違いですか"って言ったの。「いや、でもダメだろこれ。お前、だってこの世に無い部署から辞めようとしてるから」って言われて。はははは(笑)。

指摘された内容に納得するものの、何度も失敗してきた事もあってか「面倒くさい」と言ってしまった佐久間さんは、辞表を提出できないか説得を試みます。

佐久間:今の制作局長、めちゃくちゃ優しいのよ。俺がもう本当、ぶーって顔で"ダメっすか?”みたいな事を言ったら、制作局長が俺の顔を見ながら、「え、(一生)残るんだよ?」って言って。"わかりますけど"って言って。「面倒くさいの?」って。"面倒くさいです"って言って。「じゃあ、ワンチャン人事に持ってってみるかよ!」って言って。はははは(笑)。

佐久間さんの気持ちを汲んだ(?)制作局長は、そのまま辞表を人事部へと提出しに行きます。その結果は……。

佐久間:すぐに電話がかかってきたの。どっちだかわかんないの、すぐに電話かかってきたから。パッて電話を取ったら、「(制作局長)めちゃくちゃ怒られたよ! 突き返されたよ!」って言われて(笑)。で、制作局長が大人が怒られた時の顔で戻って来て、俺が座ってるから、これは謝りに行かないとダメだなと思って、制作局長のところまで行って「すいません」って言って。

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週水曜 27時00分~28時30分
出演者:佐久間宣行
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#佐久間宣行ANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ