Creepy Nutsが深夜を盛り上げるラジオ『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』

HIP-HOPユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)のR-指定さんとDJ松永さんがパーソナリティーを務める『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』。音楽業界だけでなく、国内のエンターテインメント全体に旋風を巻き起こす2人が贈る番組の魅力と過去の放送回の一部をご紹介します。

Creepy Nuts出演 ニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』

Creepy Nuts(DJ松永さん・R-指定さん)がパーソナリティを務める冠ラジオ番組。

卓越したスキルでHIP-HOP界、DJ界をけん引する2人のラジオは、テンポの良いやりとりで賑やかなトークが展開されます。ギアが入ると止まらない松永さんの歯に衣着せぬマシンガントーク、R-指定さんの絶妙なツッコミとノリの良さ、漫才を彷彿とさせる掛け合いで多くのリスナーを虜にしています。

月刊誌「日経トレンディ」が2020年11月号で発表した「好きなラジオ番組ランキング」では2位、2021年に刊行された「リスナーが本気で選んだ人気ラジオ番組完全ガイド」(晋遊舎)では、リスナー投票による「ラジオ番組最強番付」の俳優・アーティスト部門で2位を獲得するなど、彼らのファンはもちろん、ラジオ好きからも熱い支持を得ています。

Creepy Nutsのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 25時00分~27時00分
出演者:Creepy Nuts(DJ松永、R-指定)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#cnann0」

※放送情報は変更となる場合があります。

4年間『ANN0』のMCを務めたのち1部に昇格!

Creepy Nutsは、過去4度の『オールナイトニッポンR』(2016年11月、2017年1月、2017年9月、2017年12月)での単発特番を経て、2018年4月より『オールナイトニッポン0(ZERO)』の毎週火曜にレギュラーを担当。

2022年3月に菅田将暉さんの後任として『オールナイトニッポン』月曜1部に昇格することが発表され、放送5年目に突入した2022年4月より『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』として放送されています。

番組関連イベントも多数開催!

2020年2月9日に開催された『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0『THE LIVE 2020』 〜改編突破 行くぜ HIP HOPPER〜』(東京・中野サンプラザホール)では、番組内で行われたチケット最速先行に約1万3,000件のエントリーが殺到。全国の映画館でライブビューイング中継が実施されるほどの盛況ぶりでした。同年8月26日には、イベントの模様と撮り下ろしの舞台裏ドキュメントを収録したDVDが発売されました。

2021年4月24日には東京・日比谷野外大音楽堂、2022年7月9日には大阪・大阪城音楽堂で、番組内コーナー「日本語ラップ紹介」をベースとしたイベント「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 presents 日本語ラップ紹介LIVE」を開催。RHYMESTERや般若さん、SHINGO★西成さんにMC TYSONさんら豪華ゲストとともに、ラジオリスナーとHIP-HOPファンが一体となって日本語ラップの魅力を存分に堪能しました。

そして2022年10月2日に『オールナイトニッポン』放送開始55周年、『Creepy Nutsのオールナイトニッポンシリーズ』放送通算5年目を記念した番組イベント「オールナイトニッポン55周年記念 Creepy Nutsのオールナイトニッポン『THE LIVE 2022』~オレらのRootsはあくまでラジオだとは言っ・て・お・き・たい ぜ!~」(東京国際フォーラム・ホールA)の開催が決定。『オールナイトニッポン』の初回が放送された10月2日に、"深夜ラジオ界を爆アゲするHIP-HOPラジオ"が新たな伝説を作ります。

8月29日はSKY-HIが生出演!

8月29日(月)のスペシャルウィークのゲストに、ラッパー・SKY-HIさんの生出演が決定。

Creepy NutsとSKY-HIは、現在日本のHIP-HOP界をけん引する2組として知られていますが、Creepy Nutsのメジャーデビュー前である2014年にリリースされたDJ松永さんのソロアルバムにSKY-HIさんが客演として参加しており、その関係は長きにわたります。当日は、DJ松永さんがお休みでR-指定さん1人でしたが、SKY-HIさんとラッパー同士の"サシトーク"をお送りしました!

番組コーナー紹介

現在『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』で行われている、レギュラーコーナーを紹介。HIP-HOPの要素を盛り込んだコーナーを始め、企業とのタイアップ企画が多いのも特徴です。

R-指定の日本語ラップ紹介

2018年4月の『オールナイトニッポン0(ZERO)』開始当初から続く人気コーナー。R-指定さんが、日本で活躍するラッパーやHIP-HOPグループを毎回1組ずつ紹介し、自ら選曲したそのアーティストの楽曲を流しながら解説していきます。

スチャダラパーやZEEBRAさんら知名度の高いアーティストから、Kvi Baba(クヴィ・ババ)さんといった次世代を担う注目のラッパーまで、テーマとして取り扱う人物の幅も広く、アーティストのキャラクターや時代背景、印象に残ったフレーズなど、さまざまな視点で語ります。素敵な楽曲に出逢えるだけでなく、HIP-HOPというカルチャーそのものに詳しくなれるコーナーです。

先述で紹介したように、2021年4月と2022年7月の2度にわたり、このコーナーをベースとしたライブイベント「Creepy Nutsのオールナイトニッポン presents 日本語ラップ紹介ライブ」が開催され、豪華ゲストとともに会場を大いに沸かせました。

Gal Of The Dead

R‐指定さんが好きな「ギャル」と「ゾンビ」を組み合わせて、「ギャル」または「ギャル男」になってしまった「ゾンビ」が何を言っているのかを募集。R‐指定さんがゾンビのモノマネをしながら、感情たっぷりにネタを読み上げるのが聴きどころです。

元々は、松永さんが新型コロナウイルス感染により不在だった、2022年4月25日放送分で急遽作られた特別コーナーでしたが、翌週の5月2日放送分からレギュラーコーナーとして定着。6月13日放送分では、自分を「ボスギャル」と称するラッパー・Awichさんをゲストに迎え、ギャルの定義に関するトークで盛り上がりました。

大江戸シーラン

「日本語ラップ紹介」と同様に、『オールナイトニッポン0(ZERO)』開始当初から行われており、イギリス出身のシンガーソングライター・エド・シーランさんの代表曲「Shape of you」のイントロに歌詞をはめ込むコーナー。松永さんが曲のリズムに合わせて、ネタの歌詞をもとに歌います。

リスナーから送られてくるネタは、風刺の利いたものからあるあるネタ、ダブルミーニング、下ネタなど幅広く、Creepy Nutsの2人も唸る傑作が数多く生まれています。

過去の放送エピソード紹介

祝・1部昇格! まさかのタイトルコールで…(2022年4月11日放送)

月曜一部に昇格し、『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』として初回放送を迎えた2022年4月11日。

DJ松永さんが「はじめまして、我々……4年ほどですかね、『ANN0』をずっと担当してまいりました。この度です、月曜日のこの時間にお引越ししてまいりました」と自己紹介し、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』の話題から、ラッパーの上京物語を描いたドラマのタイトルを「チェキチュクどん」、「チェケどんどん」、「チェケどんぶり」などと、オープニングトークは『ANN0』時代から続く”通常トーン”でスタートしました。

しかし、タイトルコールではDJ松永さんが「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」と、番組名を間違える事態が発生! 直後に流れ出したオープニング曲・BITTERSWEET SAMBAにR-指定さんが待ったをかけ、タイトルコールを仕切り直しました。これに対し、DJ松永さんは「今まで4年間の習慣はすぐには抜けない」とコメントしました。

R-指定、夏フェスに大遅刻(2022年8月22日放送)

この日の放送では、2人が前日に出演した野外フェス『MONSTER baSH 2022』(香川県・国営讃岐まんのう公園)に、R-指定さんが遅刻してしまったことを受け、謝罪と遅刻の理由について説明しました。

R-指定さんは「私、昨日出番遅刻してしまいまして。ホンマに申し訳ない。すみません」、「ちょっとニュースになっちゃってみたいで。すみません。何を言ってもあれやから」と謝罪し、空港には時間通りに来ていたが、搭乗できなかったと明かました。搭乗できなかった理由については「ギリギリのところで、トイレに入ってしまって。搭乗口の近くにトイレがあったんやけど、気付かずに、歩く歩道5分くらい使ったところに入ってしまって。大急ぎで行ったんですけど、搭乗口が閉められてしまって(間に合わず)1本後に行ってしまう。ホンマにすみませんでした」と反省を口にしました。

これに対し、DJ松永さんは「ちょっと意味分からない。説明を聞いてもよく分からない。みんな時間通りに来ていて、間に合っていて、空港の搭乗口の近くにいたのに、間に合いませんでしたって、意味がわからない。怖すぎる」とコメント。「これ、笑い話じゃないですから。気をつけて。これで笑い話にして、ギャグにして、チャンチャンじゃないよ。ちゃんと「申し訳ありませんでした」にしないと。いつまでも笑いにして、そのノリにして逃げるって感じは……っていうか、ノリにして逃げれるようなレベルじゃないし。そもそもあんなに歴史のある、めちゃくちゃ大きいフェスに遅刻してきて。あれ、何人が関わっている?っていう話になってくるから。何人に迷惑かけてるの? 後ろのバンドめちゃくちゃいっぱいいたわけですから」と語りました。

『ANN0』時代の放送エピソード紹介

GReeeeN or Green Day? "緑"だらけのイントロクイズ(2021年5月11日放送)

オープニング恒例のコーナー「HIP-HOPニュース」で、アメリカのHIP-HOPグループ、ウータン・クランのメンバーを装って詐欺行為を働いた男性が逮捕されたニュースを紹介後、トークは「自分たちがミュージシャンのふりをするなら誰か」といった話題に。2人は、日本でも素性を明かしていないボーカルグループ・GReeeeNが1番という結論に達したものの、松永さんの「GReeeeNってバンドじゃないの?」と発したことから事態は急展開を迎えます。

R-指定さんが冗談交じりで、アメリカのロックバンド・Green Day(グリーン・デイ)と間違っていることを指摘すると、松永さんはすかさず「分かるわ!」と否定するも、悪ノリは止まらず。松永さんが「GReeeeN」と「Green Day」の違いを理解しているかを確認するため、どちらの楽曲なのかを当てるイントロクイズが急遽開催されました。

両者、自信満々の中で始まった1問目のイントロが流れると、R-指定さんは「この感じはJ-POPバンドっぽい」とGReeeeNを予想。対する松永さんもGReeeeNと予想したものの「こんなイントロ長い?」と、Green Dayに予想を切り替えます。そして正解がGReeeeNと発表されると、「(R-指定)何年音楽やってんねん!」、「(松永)俺もう帰るから!つまんねぇ!つまんねぇ!!」と、2人のリアクションはまさに天国と地獄。

音楽性は正反対ともいえる2組の楽曲でありながら、スタッフの絶妙な選曲も相まって、イントロクイズは異様な盛り上がりに。この回はレギュラーコーナーを中止し、2人によるクイズ対決が続きました。そして放送時、マンチェスター・ユナイテッド所属のメイソン・グリーンウッド選手がゴールを決めたことから、Twitterトレンドには「GReeeeN」、「Green Day」 、「グリーンウッド」が並び、放送日の前週は「"みどり"の日」でもあったため、偶然に偶然が続く"緑"だらけの状態に。

放送中に「GReeeeN」がTwitterトレンド入りしたことを受けて、本家本元のGReeeeNスタッフも公式Twitterで反応。「真夜中に驚きましたが楽しく聴いております!」とコメントし、生放送ならではの"キセキ"が話題となった放送でした。

DJ松永、悲願のDMC優勝!(2019年10月1日放送)

2019年9月末、DJ松永さんはイギリス・ロンドンで行われた世界最大のDJ大会「DMC World DJ Championships(以下:DMC)」バトル部門で優勝し、DJ世界一の称号を手にしました。優勝直後に迎えたこの放送で、DJ松永さんは滞在中のロンドンからリモート出演し、DMC優勝をリスナーに生報告しました。

R-指定さんから祝福の言葉をもらうと、DJ松永さんは「みんなにはこれまで通り変わらず接してほしい」、「DJの松永はDJの松永のままだよ?」と、世界一の貫禄十分ともいえるメッセージを送ります。その後もDJ松永さんは、イギリスのレジェンドDJ、ミスター・スイッチ(Mr.Switch)氏が審査員を務めたことにテンションが上がった話や、決勝でニュージーランドの前年度王者、K・スウィズ(K-Swizz)氏と対戦したときの心境、優勝者決定の瞬間に「DJ、ナカムラーッ!」と司会者から名前を間違えられた話など、大会中に起きたさまざまなエピソードを興奮交じりに語りました。HIP-HOPの大先輩・ZEEBRAさんからも、Twitterで松永さん宛に祝福ツイートが送られる中、松永さんは「ロンドンに来たら、この番組のためにやらなきゃいけなことがある」と、話題を切り替えます。

「ロンドンで……エド・シーラン、探そうと思ってます!」。そう言い出した松永さんは、『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』の象徴的存在となったエド・シーランさんを探し、インタビューすることを決意。居場所も知らない行き当たりばったりの行動に、R-指定さんも「エドは道端に転がってないよ?」と真っ当なツッコミ。その後、雨の中のロンドンを自撮りしながら歩いては、積極果敢に通行人へ話しかけるなど、DJ世界チャンピオンとしてのポテンシャルが遺憾なく発揮された放送でした。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Snow Man佐久間大介 紅白歌合戦出場の喜びを語る!

123日放送の『Snow Man佐久間大介の待って、無理、しんどい、、』(文化放送)Snow Manの佐久間大介が紅白歌合戦出演への喜びを語った。

-「ほんと気合い入れて頑張ります」-

リスナーから、NHK紅白歌合戦への2年連続出場に関するお祝いメールを受けた佐久間。紅白歌合戦出場が決まった時の心境を語った。

「Snow Man、2022年の紅白歌合戦の方に出演すること決まりまして、ありがとうございます。やっぱ紅白のお祝いメールはたくさんほかにも届きました。皆さんありがとうございます。いやーすごいねー。これって本当に俺たちもギリギリっていうか、その多分どれくらいの期間なのか毎年定かではないんだけど、急に言われるの。マジで。だから、え!?マジで!?みたいになるのよ毎回。だから毎回俺たちも出れるのかなぁ…?まだ話来てねえんだけど…えー、不安だなぁってなるの。すごいよね。紅白のそういうなんかサプライズ的なものってさ。昔からなんだってね、こういうのって。決まりましたよって言われないんだって。何するか楽しみにしててほしいね。我々Snow Manが今年の締めくくりのテレビ番組での曲を何やるか、ぜひ楽しみにしてほしい。ほんと気合い入れて頑張りますんで、いろいろな方が見るしね。やっぱり日本の文化というか、素敵な音楽番組に出られてうれしいです。これも全て皆さんの応援のおかげなので、皆さんありがとうございます」

その他、佐久間が感じる兄弟についての話、「オタクの本音」のコーナーでは、リスナーが佐久間におすすめしたい漫画・アニメについてなど、様々なトークが行われた。そちらは是非タイムフリーで確認して欲しい。

Facebook

ページトップへ