三四郎・小宮、ラジオでいきなり結婚を生報告!

三四郎・小宮浩信さんが『オールナイトニッポン』で突如結婚を生報告! 2月25日(金)の放送で結婚に至るまでの経緯を語りました。(ニッポン放送『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』2月25日(金)放送分)

有吉弘行、佐久間宣行もハマる!三四郎のラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』

小宮、ラジオでいきなり結婚を生報告!

オープニングでは、大手カレーチェーン店、ラーメン店へ彼女と行った時の注文などについて語った小宮さん。いつものようにフリートークを繰り広げられる中、開始20分ほどで急展開を迎えます。

相田:小宮は「ラーメン食いてえな」と、コンビニの中で言っていた。ははは……(笑)。

小宮:その時はね。その時は彼女ね。

相田:ははは……(笑)。それじゃん、自分じゃん。ずうっと。

小宮:その時は彼女ね。もう結婚したから。もう普通に嫁だからね……。

相田:ん? 何ですか。

小宮:それでは始めていきましょう。三四郎のオールナイトニッポン0……(笑)。

相田:ちょ、何……どういうこと?

小宮:いやいや、「ラーメン食いてえなあ」でしょ?

相田:ああ……「ラーメン食いてえなあ」の。

小宮:ええ……ラーメンも2辛でお願いします!!

相田:何、何……?

小宮:辛ラーメンのことですか……?(笑)。

相方の突然の告白に戸惑いを隠せない相田さんに対し、ボケまくる小宮さん。相田さんの追及をひたすらかわし続けること数分、小宮さんは数年前から交際していた一般女性と2月22日に入籍したことを明かしました。

相田:結婚したの?

小宮:……はい。

相田:ええっ、ガチで……?

小宮:何だ、そのトーン(笑)。

相田:ええっ、すごっ(笑)。いや、「何だ、そのトーン」ってこうなるよ。

小宮:いやいや、もっと何か、「うわあ!!」みたいなリアクションになるかなって予想したり、絶句とかだと思ったから。

相田:いや、違う違う。まだにわかに信じられないというか、フワフワしてんのよ。

相方・相田に伝えなかった理由

マネージャーや番組スタッフには、既に結婚報告を済ませていた小宮さん。小宮さんとは学生時代から付き合いでもある相田さんは、番組スタッフよりも遅く知ったことにやや不満げ。小宮さんが相田さんに結婚報告をしなかった理由とは……?

相田:ちょっと待って! え〜? あいつより遅いの? 25年以上の仲なんだよ。あの坊主(ミキサー)より遅いの、俺?

小宮:いや、だから伝えようとはしてたけれども。1番最初にマネージャーに伝えて、他の人に伝えていって。相方には……伝えようと思ったよ、相田にも。でもまあ、伝えない方がなんか「ぽい」かなと思って。「ラジオにおいてそういうものなのかな」と思って。それで伝えないままで発表した方が「ぽい」かなって思って。ラジオで言いたくなかったよ〜。「ラジオで言わない」って言ってたじゃん。

相田:だから何か変だと思ったし。

小宮:うん……言いたくなかったよ。マジで……。

相田:いや、そんな感じになんないで(笑)。言い終わった後はそんな感じになんないで!

先輩芸人の意外な反応

出川哲朗さんや、いとうあさこさんら所属事務所・マセキ芸能社の先輩芸人、四千頭身・都築拓紀さんら多くの芸人仲間にも結婚報告を済ませる中、相田さんの「1番リアクションが良かった人は?」という質問に小宮さんが答えました。

小宮:やっぱり千鳥の大悟さんかな。リアクションっていうか、あっちが電話出られなかったんだよね。だから留守番電話に入れさせてもらって。それでメールが来て「お幸せに」みたいな感じで。「落ち着いたら飯でも行こうや」みたいな感じで、メールをわざわざ返してくれたから。「お幸せに」とか、そのイメージ無いじゃん。「ああ、はいはい」みたいな。

相田:確かに。「ありがとう」だけじゃなくね。

小宮:ぶっきらぼうな感じだと思いきや、丁寧。「丁寧な言葉、使えるんだな」って、ちょっと思ったりして(笑)。後輩に対して「どうぞお幸せに」とかあんまり使わないじゃん。使うべきなんだろうけど、そこは意外だったね。しかも、文字で見ると尚更っていう感じだった。

相田:社会人としての大悟さんが。大人の大悟さんが。

三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週金曜 27時00分~29時00分
出演者:三四郎(小宮浩信、相田周二)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#三四郎ANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「入浴剤」ができる前、日本では風呂に何を入れていたの?

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。1月23日放送分のテーマは「入浴剤」です。

※画像はイメージです

日本は世界でも有数の温泉国です。そのため古くから人々は、湧き出る天然温泉を病気やケガの治療、健康のために利用してきました。

同じく治療や健康のため、薬用の植物・薬草を風呂に入れたのが「薬湯」です。端午の節句の「菖蒲湯」や、冬至の「柚子湯」も薬湯の1つとされ、いまも受け継がれています。

薬湯と結びついて誕生したのが「入浴剤」です。明治時代、生薬(しょうやく)を配合して布の袋に入れ、煎じ出して使う商品がつくられました。

その後、「さまざまな効能を持つ温泉を家庭でも簡単に楽しめたら……」という思いから、天然の温泉成分が固まったものである「湯の花」が入浴剤として使われるようになります。

昭和初期になると温泉の成分を分析し、なかでも特に効能にすぐれ、品質が安定している成分を選び出し、それを原料とした入浴剤が開発されました。このタイプの入浴剤は現在、もっとも一般的とされています。

さらに「入浴が楽しくなり、リラックスできるように」と、色素や香料が加えられるようになりました。その後も入浴剤は進化を続け、現在では入浴の際に欠かせないものとなっています。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ