電波が悪い場所では「バッファ時間設定」を使ってラジオを聴こう!

地下鉄などの電波が悪い場所で、聴いていたラジオが途切れて困ったことはありませんか?そんな時は、地上波ラジオからの遅延時間を調整するラジコの「バッファ時間設定」の利用がオススメです。

iPhoneのダウンロードはこちら

Androidのダウンロードはこちら

バッファ時間設定

(1)「メニューボタン」から「バッファ時間」を選択します。

(2)バッファ時間を長めに設定します。

実際の放送とのラグが起こる代わりに、電波が悪いところでも途切れにくくする「バッファ時間設定」。Wi-Fi、LTE回線などで繋いで回線状況が良いときは<短め>に、地下鉄などの回線が途切れやすい場所では<長め>に設定すると途切れづらくなります。

活用場所や用途に応じて設定を変更して、より快適にラジコでラジオをお楽しみください!

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

アイスの「サンデー」と「パフェ」を分ける意外な違い

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。5月5日放送分のテーマは「アイスクリームの歴史」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

イタリアで誕生したアイスクリームの原型は、アメリカに渡り、ヨーロッパとは違った進化をして行きます。

アイスクリームにチョコレートやフルーツソースをかけたものを「アイスクリームサンデー」、略して「サンデー」と言いますが、これはアメリカで生まれたデザートです。

チョコレートをかけたアイスクリームを日曜日限定で販売したところ、とても好評だったそうです。“日曜日限定商品”なので、名前が「サンデー」になりました。

しかし、英語のスペルは「サンデー(Sunday)」ではありません。アイスクリームのサンデーの場合、スペルは「Sundae」だそうです。日曜日は「キリスト教の安息日」でもあることから、それを考慮してスペルを変えたのだとか。

アイスクリームサンデーとよく似たデザートに、「アイスクリームパフェ」があります。この違いですが、浅いお皿に盛りつけるのが「サンデー」で、深い器に盛りつけるのが「パフェ」とされています。

パフェの名前の由来は、たくさんの風味と冷たい喉ごしのハーモニーが完璧であることから、「パーフェクト・アイスクリーム」が略されて「parfait(パフェ)」となったとする説。また、フランス語で「完全な」という意味を持つ「parfait(パルフェ)」から付けられたとする説があります。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ