水瀬いのりのラジオ番組『水瀬いのり MELODY FLAG』で日曜日に癒やしの時間を

歌手や女優など幅広い活動で今注目を集め、「いのりん」の愛称で知られる水瀬いのりさん。彼女がパーソナリティを務めるラジオ番組『水瀬いのり MELODY FLAG』(文化放送)、通称『メロフラ』をご紹介します。

『ご注文はうさぎですか?』や『五等分の花嫁』に出演! 声優・水瀬いのり

水瀬いのりさんは、2010年にソニー・ミュージックアーティスツ主催のオーディション「第1回アニストテレス」にてグランプリを受賞。同年アニメ『世紀末オカルト学院』岡本あかり役で15歳で声優デビューを果たします。

2013年に『恋愛ラボ』で初めてレギュラーキャラクターを演じ、同年はNHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』にも出演。挿入歌の「暦の上ではディセンバー」も担当し、「第64回NHK紅白歌合戦」では『あまちゃん』の企画コーナーに「GMTスペシャルユニット feat.アメ横女学園芸能コース」として楽曲を披露しました。

そして『ご注文はうさぎですか?』チノ役、『心が叫びたがってるんだ。』成瀬順役、『Re:ゼロから始める異世界生活』レム役では、メインキャラクターや主演を務め、演技で高い評価を得ました。その後も数々の話題作に名を連ねるようになり、2022年に劇場版が公開されシリーズが完結した『五等分の花嫁』ではヒロインのひとりである中野五月を担当しました。

歌手としては、2015年にシングル「夢のつぼみ」にてソロデビューを果たし、聴き心地の良いクリアな声を武器に、これまで10枚のシングルと4枚のアルバムをリリース。さらにライブツアーも開催して、様々なステージに立ってきました。

水瀬いのり出演 文化放送『水瀬いのり MELODY FLAG』

現在毎週日曜の夜に放送されている『水瀬いのり MELODY FLAG』は、声優だけでなくアーティストとしても活躍する水瀬さんがパーソナリティーを務める番組。数多くの声優が冠番組を持つ文化放送にて、2016年にスタートしたキー局での自身初の冠番組です。

番組では、水瀬さんのアーティストとしての最新情報を知ることができ、楽曲にちなんだ数多くのコーナーでは、励ましてもらったり、声をたっぷり堪能できたりなど、様々な企画が行われています。

また、"水瀬ボイス"でのんびりとしたトークも魅力的で、第4回「アニラジアワード(※)」(2017年)では「BEST COMFORT RADIO 癒しラジオ賞」を一般枠で受賞しました。

水瀬いのり MELODY FLAG
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時30分
出演者:水瀬いのり
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#melody_flag」

※放送情報は変更となる場合があります。

※2015年に設立されたアニラジアワード実行委員会が主催する日本のアニラジ番組を部門別に表彰する賞。参加メディアは、インターネットラジオステーション<音泉>、響-HiBiKi Radio Station-、文化放送/超!A&G+、ラジオ大阪、ニコニコで、アニラジアワード実行委員も務めています。

『アニラジアワード』公式サイト

現在放送中の番組コーナー

リスナーを励ます!「がんばribbon」

「がんばribbon」は、リスナーから最近落ち込んでいること、悩んでいることを送ってもらい、水瀬さんから「がんばribbon」と励ましてもらうもの。「ハリネズミを自宅で飼っているけど、なかなか触れない」というような微笑ましくも切実な内容など、その励ます対象は様々です。

ふつおたコーナー「これからも。お便り送ってください。」

普通のお便り、いわゆる”ふつおた”を読む機会が少ないため、水瀬さんへの素朴な疑問など、普通のお便りを紹介していくコーナー。

願い事を募集して判定!「叶わないままでいい!三月と群青‼︎」

リスナーから願い事を募集してそれが叶うかどうか、叶わないままでいいかどうか、巷で当たると噂の番組特製『三月と群青マシーン』を使って判定していくコーナー。

“いのりお姉さん”が大人として華麗に回答「ピュアフレームクエッション」

リスナーに子どもの時の気持ちを思い出して純真無垢な質問を送ってもらい、それに対して“いのりお姉さん”が大人として華麗に回答するのが「ピュアフレームクエッション」。水瀬さんが回答を出した後に「分かったかな?これでまたお利口さんになったね」というセリフを付け加えるのが特徴です。

「なんで“ババ抜き”って言うの?」などと、即座に答えにくい回答も多いのですが、中には「少女漫画に出てくるイケメン2人のうち、チョイ悪の方が勝つの?」という質問に「自分にだけ優しい方が好き」、「追いたいより追われたいかな」といった“いのりお姉さん”自身のちょっと大人な要素が付け加えられることもあります!

色々なセリフを読み上げる「TRUST EAR ETERNITY」

澄み切った声質で多くのファンを癒している水瀬さん。リスナーから水瀬さんに言ってもらいたいセリフとその理由を募集し、そのセリフを読み上げる「TRUST EAR ETERNITY」は、水瀬さんの声が堪能できる人気コーナーです。

例えば「水瀬さんが演じるポンコツキャラが大好きです」というリスナーから「もう、バカ!すごくバカ!それから、えと……バカァ!」というリクエストが届いたり、高校に入学したばかりのリスナーから「君の本気を、お姉さんに見せてほしいな?」と、甘くささやくようなセリフを読み上げたりしたことがあります。

ほっこりするエピソードが集まる「あなたの家族ココロソマリ」

水瀬さんが2020年にリリースしたシングル「ココロソマリ」のテーマである“特別な愛”にちなみ、家族との思い出や子供の心温まるエピソードを報告し、水瀬さん含めリスナー全員でほっこりしようというコーナーです。

「険悪な関係だった父と水瀬さんが出演しているアニメーション作品をきっかけに連絡を取った」、「告白する弟を陰で応援している姉」といった心温まるエピソードがこれまでに紹介されました。

輝かしいエピソードを紹介する「StarlightなMuseum」

「StarlightなMuseum」は、“輝かしい煌めくエピソードだけが飾られるミュージアム”という設定で放送されるコーナー。リスナーの輝かしい話、面白すぎた体験談、後世に語り継ぎたい話などを紹介しています。

「恋人に振られ頭が真っ白になり12キロも歩いた」、「毎日牛乳を飲んだらどれくらい身長が伸びるのか身をもって実験したところ逆に縮んだ」など、びっくりするようなものから思わず脱力してしまうようなものまで、様々な体験が“ミュージアム”に飾られています。

世の中にある言葉の境界線を決めていく「見たことない境界を目指す HELLO HORIZON」

地平線という意味以外に“境界線”という意味もあるHORIZON。そこから世の中にある言葉の境界線を水瀬さんが決めていくのが「見たことない境界を目指す HELLO HORIZON」です。

どれくらいの距離から“遠出”となるのかという質問には「片道20キロから」、いつまでが最近でいつからが昔なのかという質問には「10年」と、水瀬さんは曖昧な言葉に答えを出してきました。

リスナーからアイディアを募集する「glow up いのり」

「glow up いのり」は、光り輝くという意味のある「glow up」という言葉から、「どうすればもっと水瀬さんが光り輝くのか?」のアイディアを募集するコーナー。

「ギャルっぽいセリフを言ってみる」、「コーナー誕生のきっかけになった水瀬さんのシングル「glow」を口笛で吹いてみる」など、水瀬さんが様々なこと挑戦します。

過去の放送エピソード紹介

放送開始から6年が経過し、300回以上も放送されてきた『水瀬いのり MELODY FLAG』は。その中で印象的だった放送回をいくつかピックアップしてご紹介します。

初ゲストは上坂すみれ!(2016年11月17日放送)

番組初のゲストとして出演したのは、上坂すみれさんでした。

水瀬さんと上坂さんの初共演は、2012年に放送されたアニメ『パパのいうことを聞きなさい!』。しかし。水瀬さんは最終回にのみの参加で、上坂さんも初めて名前のある役を演じるた作品だったため気持ちに余裕がなく、お互い相手を知らないまま収録が終わってしまったのだそう。

その後2016年に再共演したアニメ『ViVid Strike!』では、川澄綾子さんや内山夕実さんらほかのキャストの誘いもあって共に千葉県内のテーマパークへ行ったんだとか。テーマパーク内での水瀬さんの様子について上坂さんは「いのりさん、すげぇ楽しそうでしたね」と回想。一方で、テーマパークが苦手だったという上坂さんもはしゃいでいたようで、アトラクションや仮装、パレードなどをお互い満喫したそうです。水瀬さんは「『ViVid Strike!』の出演者と次は温泉に行きたい!」と語っていました。

サプライズに大号泣…憧れの水樹奈々出演回(2018年6月17日放送)

声優アーティストとして活躍する水瀬さんですが、活動の原点となった憧れの先輩として、水樹奈々さんの存在があったそうです。水瀬さんがどれくらい“水樹奈々ファン”なのかというと、水樹さんのファンクラブに入会し、『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズで共演した際は緊張しすぎて他のキャストが間に入らないと会話ができなくなってしまったのこと。

そのファンぶりは番組でも明らかで、放送開始から初めて水瀬さんが誕生日を迎えた回の時に、水樹さんから「誕生日おめでとう!」とサプライズメッセージが届けられ、「私からもドンドン仲良くなれるように距離を詰めていきますので、これからもよろしくお願いします」という言葉が贈られると水瀬さんは大号泣。「奈々さんの貴重な人生の中の時間を、私のコメントの、音声収録のために使っていただいてしまった」と、終始涙声でコメント。

それから1年半後の2018年6月17日に水樹さんがゲスト出演した際、水瀬さんは水樹さんの好きな星柄の服を着て、熱烈歓迎モードを見せていました。そして「2017年に開催された水瀬さんの1stライブを水樹さんが関係席から見届けた」という噂の真相に言及するシーンがありました。

水樹さんはライブ前日、スケジュールが定かではなく水瀬さんに「行けない」と謝罪の連絡を入れていたのだそう。しかし当日は急遽スケジュールの都合がつき、急いで席を用意してもらってライブを観ることができたそうです。そして終演後に水樹さんが楽屋を訪れると、水瀬さんは呆然とし、「いるんですか?」と水樹さんの肩を触って存在を確かめるという奇妙な行動に出てしまったとのこと。

また放送では、水樹さんから「大人っぽい歌を歌ってるいのりちゃんが、スゴくセクシー」と褒められると、たまらず「聴きましたリスナーのみなさん!」と大はしゃぎ。“水樹奈々ファン”全開という水瀬さんの貴重な一面を、ラジオ越しに感じられた回でした。
 

「これじゃなかったんだよ」200回記念生放送で爆笑(2020年8月2日放送)

2018年9月に100回目、2022年7月には300回目など、節目を迎える度、番組は特別仕様で放送されてきました。

2020年8月2日、200回目の放送では初めての生放送でとお届けしました。さらに、この日だけの企画「自撮りは今」が開催されました。「自撮りは今」は水瀬さんの楽曲「僕らは今」をもじった企画で、番組放送中に「僕らが今」が流れたらどのようなタイミングでも“自撮りをしないといけない”というルール。「もじるんじゃねーよという」と特別な企画に爆笑していた水瀬さんでしたが、終始この企画に振り回されていました。

リスナーから贈られた放送200回目を祝福するメールを読み上げ、「私を応援してくださっている方々すべてが、私にとって何ひとつ欠けても頑張ることのできない要素」、「本当に支えられている」とファンへ感謝の言葉を述べていた水瀬さん。

すると突如「僕らは今が」が流れ、感動的な空気が一転。ルール通り自撮りしなければならなくなった状況に水瀬さんは「ねえ!」、「これじゃなかったんだよ。この曲じゃないの」と言いつつも笑い出し、一生懸命シャッターを押しました。

結局、その後も突然やってくる「自撮りは今」に水瀬さんは大慌て。しかし、絶妙なタイミングでやってくる「自撮りは今」にリスナーからは「ご褒美ありがとうございます!」と拍手が送られていました。
 

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「聴くだけでワクワクしちゃいます」村上春樹が考える「イントロ」ベスト3とは?

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。1月29日(日)の放送は「村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~」をオンエア。

今回の「村上RADIO」は番組史上初めて、リスナーのみなさまからのオールリクエストをオンエア。マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパー、スティーヴィー・ワンダー、ポリス、小泉今日子など、誰もが思わず口ずさんでしまうような、80年代を彩ったヒット曲のオンパレードでお送りしました。
この記事では、カイリー・ミノーグ、ジョー・ジャクソン、トーキング・ヘッズの楽曲をオンエアしたパートの内容をお届けします。


◆Kylie Minogue「I Should Be So Lucky」
というところで、僕からの個人的なリクエストです。カイリー・ミノーグの「ラッキー・ラブ」、我ながらベタですよねえ。
僕はロンドンで、しばらく一人暮らしをしながら小説を書いていた時期がありまして――書いていたのは『ダンス・ダンス・ダンス』っていう小説なんだけど――そのときいちばん流行っていたのがこの曲でした。街のどこに行ってもこれがかかっていました。だからこの曲を聴くと、当時のロンドンの風景がさっと頭に浮かんできます。聴いてください。

<収録中のつぶやき>
2000年に僕が取材でシドニーオリンピックに行ったとき、開会式でカイリー・ミノーグが歌っていました。彼女はオーストラリア人なんです。残念ながら曲は「ラッキー・ラブ」じゃなかったけど(笑)。

◆Joe Jackson「Steppin' Out」

静岡県の女性 真雪さんから
<Joe Jackson「Steppin' Out」をリクエストします。この曲が流行った頃、私は東京の短大生でしたが、今になってもずっと変わらず一番好きな曲です。この曲の「テレビもラジオも放って置いて、今夜出発しよう。光の方へ進んでいこう」という歌詞を聴いていると、ただただ明るく、まっすぐで強い気持ちになれます。>

埼玉県の女性「えひめみかん」さんから
<80年代洋楽ヒット曲において、私が考える「三大イントロ」の1曲を、今回リクエストさせてください。それは、Joe Jackson「Steppin' Out」です。「三大イントロ」のほかの2曲は、Yes の「Owner Of A Lonely Heart」とa-haの「Take On Me」です。お時間がございましたら、村上さんが考える「三大イントロ」を教えていただけますでしょうか。>

えーと、80年代に限らなければ、僕がいちばん印象的だと思うイントロは、まずロネッツの「Be My Baby」ですね。フィル・スペクター節全開っていうか、イントロを聴くだけでわくわくしちゃいます。それからドアーズの「Light My Fire」、レイ・マンザレクが弾くオルガンのイントロです。その2つは簡単にすっと出てくるんだけど、3つ目がむずかしい。いっぱいありすぎて、決められません。でも「Steppin’Out」のイントロ、確かにしゃれていて、いいですよね。

◆Talking Heads「Road To Nowhere」
東京都の女性「かわらの猫」さん
<Talking Headsの「This Must Be The Place」または、「Road To Nowhere」はどうでしょうか。80年代の曲はあまり熱心に聴いていないのですが、トーキング・ヘッズは大好きなバンドです。村上さんの小説やラジオのなかでトーキング・ヘッズが流れたことはないような気がするので、もしかしたら村上さんはお嫌いかもしれませんが、よかったらかけてください。>

東京都「グレ&ブル」さんからも「Road To Nowhere」へのリクエストをいただいています。

この曲、僕も好きです。
昔、Talking Heads(+トム・トム・クラブ)が来日したとき、新宿のホールに行こうと思ったら既にチケット完売でして、千葉の会場ならまだ残っているということだったので、わざわざ千葉までいったんですが、千葉のチケットはかなり売れ残っていて、駅前で女子高校生に無料で配っていたみたいです。席がガラガラだとまずいので。好みって、場所によってけっこう違うものなんですね。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2023年2月6日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~
放送日時:1月29日(日)19:00~19:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

Facebook

ページトップへ