【番組レポート】静岡と山陰の人気パーソナリティーがコラボ! SBSラジオ『テキトーにはきださNIGHT!』生放送!

去る9月9日(土)、静岡で放送されているSBSラジオの人気番組『テキトーナイト‼』(毎週土曜日 21時〜23時30分)と鳥取・島根で放送されているBSSラジオの人気番組『森谷佳奈のはきださNIGHT!』(毎週月曜日 21時~22時)がコラボレーションを果たし、『森谷佳奈のはきださNIGHT!』(以下:『はきださNIGHT!』)を担当している森谷アナウンサーが、『テキトーナイト‼』にスタジオ出演しました。

【番組概要】

■番組名『テキトーにはきださNIGHT!』
■放送局:SBSラジオ
■放送日時:9月9日(土)
■出演者:鬼頭里枝、森谷佳奈

コラボのきっかけとは?

 

▲『はきださNIGHT!』の森谷佳奈アナウンサー(写真:左)と、『テキトーナイト!!』の鬼頭里枝さん(写真:右)

 

『テキトーナイト‼』は、静岡の人気パーソナリティー・鬼頭里枝さん(通称“キトちゃん”)が、「適度にテキトーに……、10代を経験したすべての人にお送りする、まっとうな大人になるための教養番組」をコンセプトに2009年にスタートしました。

『はきださNIGHT!』は、森谷アナウンサーが入社2年目に入ったばかりの2015年4月にスタート。生放送でツイッターを駆使して、リスナーとのコミュニケーションを図っています。森谷アナウンサーの、時に本音を話すキャラクターがウケて、TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日曜日 13時~17時)の人気企画「全国新番組選手権2016」で優勝したことも。ラジオが大好きな太田光さんのお気に入りの番組の一本でもあるのです。

コラボの発端は、『テキトーナイト‼』と『はきださNIGHT!』を両方聴いているリスナーが、『テキトーナイト‼』の「私にとってのアイドル」というテーマの回(6月17日)で、森谷アナウンサーの魅力や『はきださNIGHT!』の事を紹介したことに始まります。両番組のリスナーの間でも徐々に話題になり、お互いの番組ツイッター上で交流をスタート。7月の放送では電話をつないでお話しました。

その後、お互いの番組を聴いたことがなかったリスナーも、radiko.jpを通じて聴くようになり、両番組の距離が少しずつ縮まっていきました。9月9日(土)放送の『テキトーナイト‼』に森谷アナウンサーが出演することが発表されると、両番組のファンは大喜び!

放送当日の様子

放送当日、森谷アナウンサーは『はきださNIGHT!』のディレクター・大村さんとお昼に静岡の地に降り立ちました。お二人とも静岡に来るのは初めてだそうです。

鬼頭さんほか、『テキトーナイト‼』スタッフの皆さんから盛大な歓迎を受け、まずは放送で紹介するための静岡ロケを敢行。よく食べることで有名な森谷アナウンサーが、鰻や海鮮丼、静岡で有名なお店のアイスクリームなどを頬張り、その様子は随時ツイッターでも写真付きで報告され、本番前からリスナーの間でも盛り上がっていました。

打ち合わせ(という名の楽しい雑談)が終わり、いよいよ本番がスタート。

いよいよ放送開始!

番組が始まり、森谷アナウンサーが登場すると大量のメールが届き始めました。関係者曰く、「通常の3倍」とのこと。ツイッター上にも把握しきれないほどのたくさんのツイートがあり、「#テキトーナイト」「#kanayoru」 は両方ともトレンド入り! (放送では、#テキトーにはきださナイト を共通ハッシュタグとして立てました)

『テキトーナイト‼』では、「他県から来た人に、まず食べて欲しい静岡グルメは?」というテーマで、予めリスナーからアンケートを実施。1位に選ばれた静岡おでんを森谷アナウンサーにご馳走しました。初めて食べたという森谷アナウンサーは、その美味しさに大満足していた様子。

 

▲こちらがウワサの「静岡おでん」

 

一方、『はきださNIGHT!』では「お土産oneグランプリ‼」と題して、島根県・鳥取県を代表するお土産をアンケートを実施し、上位に選ばれた逸品を鬼頭さんにご馳走しました。

 

▲『はきださNIGHT!』からのお土産、鳥取名物「とうふちくわ」をほおばる鬼頭さん。

 

5問正解すると一万円がもらえる人気コーナー「中高生クイズ」には、森谷アナウンサーの大ファンだという島根県の高校生が参加。森谷アナウンサーとの会話を存分に楽しみ、鬼頭さんが思わず嫉妬する場面も(?)。

 

▲番組後半は、森谷さんは鬼頭さんがプレゼントした部屋着で放送。鬼頭さんは体操服(しかも、学生時代に実際に使用していたもの)姿で放送しました。

 

また、『はきださNIGHT!』の人気コーナー「教えて 保健室の先生」のコーナーも敢行。リスナーからの悩みに対して、“キャナリー先生”が“処方箋”として一言アドバイスを送りました。鬼頭さんは、生でみる“キャナリー先生”の姿に大喜びしていました。

 

▲『はきださNIGHT!』の人気コーナー「教えて 保健室の先生」では白衣の姿に。

 

番組終了後

こうして、あっという間に2時間30分が過ぎていきました。

放送終了後は「放課後トーク」と題して、ユーストリームとペリスコープを使って2人のトークを生配信。放送では紹介しきれなかったメールを紹介したり、放送では言えないような内容の話も飛び出し、全ての放送・配信が終了したのはなんと24時20分!  お互いの番組のTwitterのフォロワー数が増えるという、嬉しい現象も。

こうして、地域や放送局の垣根を超えた 盛大なお祭りは幕を閉じました。

ちなみに、2日後の9月11日(月)に放送された『はきださNIGHT!』では、静岡ロケの模様を放送。番組の中盤には鬼頭さんから、電話でサプライズ出演もありました。そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

■番組名『森谷佳奈のはきださNIGHT!』
■放送局:BSSラジオ
■放送日時:9月11日(月)

出演者プロフィール

■鬼頭里枝(きとう・りえ)

静岡県浜松市出身
2005年鹿児島讀賣テレビ(KYT)入社
2007年静岡放送(SBS)入社
2010年よりフリー
テレビの情報番組や、スポーツ中継のリポート、イベント司会などを中心に活動。
「3分話せばどんな人とでも仲良くなれる」

■森谷佳奈(もりたに・かな)

島根県松江市出身
島根県立松江北高等学校から岡山県のノートルダム清心女子大学卒業後
2015年に株式会社山陰放送に入社。
入社後、テレビのニュースキャスターやラジオのワイド番組などを担当しながら、昨年より『森谷佳奈のはきださNIGHT!』を担当。

~『はきださNIGHT!』以外の主な担当番組~
BSSテレビ 「テレポート山陰」木曜日~金曜日
BSSラジオ 『午後はドキドキ!』月曜日~金曜日 13時15分~16時50分(※森谷アナウンサーは火曜日に出演)
BSSラジオ 『音楽の風車』月曜日~土曜日 11時~12時55分、日曜日 11時~12時30分(※森谷アナウンサーは水曜日に出演)

 

――インタビュー編に続く

取材/撮影


やきそばかおる

子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

「夜のヒットスタジオ」の司会者2人が再会! 古舘伊知郎、芳村真理の“プロ意識”を絶賛「周りをハッピーにさせる一言を言う」

女優・芳村真理と孫娘でシンガーのKayaが世代を超えて語り合うFM大阪の音楽番組「セキスイハイム近畿 3世代ミュージックハイム」。著名なゲストを迎え、3世代が楽しめる音楽とトークをお届けします。4月16日(土)と23日(土)の放送では、ゲストに古舘伊知郎さんが登場しました。

(写真左から)Kaya、芳村真理、古舘伊知郎さん


古舘伊知郎さんは、元テレビ朝日アナウンサーであり、「古舘プロジェクト」を1984年に設立後、フリーアナウンサーに。フリー転身後はキャスター・司会など、マルチに活躍しています。1980年代半ばに、芳村真理と「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)の司会を務めました。

◆芳村が見せた「夜のヒットスタジオ」でのプロ意識

古舘さんは、芳村との「夜のヒットスタジオ」での共演を振り返ります。

古舘:芳村真理さんって本当に器が大きい人なので、「時間の計算とか、ちゃんと曲が全部入りきるように伊知郎さんにお任せするわ」って言って、いつも手のひらの上で転がしてくれてね。

芳村:あはは(笑)。

古舘:どっしりと構えていて、本当にキャパシティの広い人だと思っていました。だけど、それだけじゃなかったっていうのが、最近になってようやくわかったんですよ。ものすごく細やかな優しさをみんなに発揮していて、それがあったから僕が自由にやらせてもらっていたってことに、遅まきながら気付いたんです。

古舘さんは、ブレイク前のブルーハーツが番組に初出演したオンエアを例に挙げました。

古舘:ブルーハーツが本格的に売れる前に番組に出てくれて、わざと“無法者”を演じるトークをやったんですよ。インタビューが噛み合わない伝説のインタビュートークですよ。そのときの動画を観返すと、めちゃくちゃ真理さんがカバーしてくれているんです。

僕自身は噛み合わないトークを楽しんでいるから、「それじゃあスタンバイしてください。『リンダ リンダ』って曲を歌ってくれるはずなんですけども。真理さん、この人たち歌に才能がなかったら“ただの街のチンピラ”ですよ」って、わざと捨て台詞を吐いたりしたんですね。

Kaya:あはは(笑)!

古舘:歌を盛り上げようとして悪態をついたんですけど、真理さんは「そんなこと言っちゃ駄目」とか言わないの。知らんぷりしてニコッと笑って、歌が始まる直前に「カッコいい!」って言ってブルーハーツをフォローするんですよ。

Kaya:へええ!

古舘:番組を観ている人に向けたフォローですよね。「古舘が悪態をつきやがった」っていう人たちに対して、ものすごくいい潤滑油になるんですよ。真理さんはね、隙間に周りをハッピーにさせる一言を言うんです。それもね、「ありがとう」じゃなくて「カッコいい」っていう、“自分の主観”を入れるんですよ。真理さんが番組を支えてくれていたんです。

芳村:そんなこと、私全然覚えてない(笑)。

古舘は、小泉今日子が出演した回でも芳村の“プロ意識”を見出したそうです。

古舘:バイクの話になったんですけど、僕はちゃんとネタが頭に入っていたんですね。真理さんはすっごく喜んでくださって、「えっ、キョンキョンがバイク!? 知らなかった。驚いた」って物凄くトークを楽しんでいるんですよ。

芳村:だって、本当に楽しかったから(笑)。

古舘:キョンキョンを送り出して、歌の間奏が入っているときは「伊知郎さん、あの話って本当?」って聞いてね。けっこう素になっているんですよ。

Kaya:あはは(笑)。

古舘:でも真理さんはプロだから、カメラが回る瞬間がわかるんですよね。「カメラが撮りにくるな」ってときは、いつのまにか表情がニコニコになってました。

Kaya:プロだなあ。

古舘:真理さんはね、そういうのが自然とできる人なんですよ。すごいのよ。

芳村:よく見てるわねえ(笑)。

◆ラップと実況の違いを解説

番組では、古舘さんのお気に入りの楽曲を紹介。AK-69(エーケーシックスティナイン)の「START IT AGAIN」をオンエアしました。

Kaya:今考えると、古舘さんの実況自体がフリースタイルラップだったんじゃないかなってすごく思うんですよね。

芳村:本当だ!

古舘:それでAK-69が好きなのかもしれないです。ただ、ラップと僕の実況の決定的な違いとしては、“歌”と“喋り”で区分けされちゃうところですね。AK-69の場合はメロディ、楽曲があるからおしゃれに聞こえてくるんですよ。

実況ではセンテンスを繋げていくことが重要視されると語る古舘は、即興でF1の実況を披露し、2人を驚かせました。

古舘:実況では、どんどん言葉を繋げていくんですよ。

芳村:すごい!

古舘:自分は実況がベースだから、憧れの気持ちを持ってラップを聴いていますね。「ラップはできないけど、自分だったらどう繋げていくかな」って考えます。

Kaya:そういう聴き方もあるんですねえ。

芳村:面白いでしょ(笑)。

Kaya:圧倒されます。

古舘:素人ですけど、僕はそんな風に聴いて楽しんでおります。

◆玉置浩二の名曲が仕事に影響を与えた

古舘さんには、「酔っ払ったときについ聴いてしまう曲」があるそうです。

古舘:いろんな曲を聴くんですけども、そのなかで筆頭に挙げられるのは、玉置浩二さんの「花束」っていう歌です。あの曲は元々、中島美嘉さんに向けて作った曲なんですけど、ご自分でもカバーしているんです。

Kaya:セルフカバーされているんですね。

古舘:玉置さんには失礼だけど、酔っ払っていると“歌詞を味わう機能”が低下しちゃっているんですね。ただただ、あの歌声に惚れて、たゆたうようにスウィングしちゃうんです。「いい曲だなあ」って没入しちゃうんですよ。

芳村:へええ!

古舘:それぐらい玉置さんの歌唱力がすごいってことですよね。

続けて古館さんは、仕事中でも無意識に「花束」という言葉が出てきたエピソードを語りました。

古舘:ちょっと前、テレビのミニコーナーで昔の懐かしい競馬場の風景が出てきて、僕が実況中継をするって場面があったんですね。昔の府中競馬場にたくさんの人々が詰めかけているんですよ。

人が密集している俯瞰の映像が出てきたとき、普通だったら「立錐(りっすい)の余地もないほど」とか「多くの人々がこれからの重賞レースを待ち受けています」って言葉を言うんですね。そのときに、「まるで花束だ! 人生、一人ひとりが一輪挿しの美しさ」みたいなことを言ったらウケました。

Kaya:すごい話ですね。

芳村:素晴らしい。カッコいい!

古舘:僕は音楽に関しては素人だけども、素晴らしい歌によって勉強させられているし、喋りにも応用が効くんだなと思いました。

芳村:今の話よかった。いいこと喋ってる!

古舘:家に帰ってカミさんに報告したら、「ちょっとうるさいんだけど。テレビ観てるから」って言われました。自慢げに言ったんで。

Kaya:(笑)。せっかくですから、これから流す「花束」をご紹介していただけますか?

古舘:「夜のヒットスタジオ」時代を思い出しまして、曲紹介をさせていただきます。かつて、玉置浩二さんが安全地帯の頃に素晴らしい歌声と、パッと伝える声がミックスされている連想から、“歌う抜き足差し足忍び足”と喋らせていただきました。そこから歳月が30有余年流れまして、こうして今曲紹介をさせていただきます。

この歌を口ずさんだ瞬間、私は旅へと誘われます。素晴らしい楽曲というのは、人を旅へと誘ってくれるんですね。それでは参りましょう。歌うGo To トラベル、玉置浩二さんの「花束」。

*   *   *

次回のゲストはミッツ・マングローブさんです。どうぞお楽しみに。

<番組概要>
番組名:セキスイハイム近畿 3世代ミュージックハイム
放送日時:毎週土曜 8:00〜8:25
放送エリア:FM大阪のみ
パーソナリティ:芳村真理、Kaya
番組Webサイト:https://musicheim.com/
※TOKYO FMは放送エリア外となります

Facebook

ページトップへ