火曜『9の音枠』 マイケル・ジャクソンに影響を受けた邦楽ミュージシャン特集!

©bayfm

夜9時のCUE(合図)で鳴り出す、素敵な音楽の調べ。"真剣邦楽選曲番組"、bayfm『9の音粋』。

毎週火曜日は、トムセン陽子がお届けする『9の音粋』Tuesday edition。

2月28日(火)は、1984年にマイケル・ジャクソンがアルバム「スリラー」でグラミー8部門を獲得した歴史的な日。

そこでMJに影響を受けた邦楽ミュージシャンの楽曲を集めてオンエア

9の音粋
放送局:BAYFM78
放送日時:毎週火曜 21時00分~23時00分
出演者:トムセン陽子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

宮台真司が開いた各私塾の特徴とは?

4月17日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)、大竹メインディッシュのコーナーに社会学者、宮台真司さんが登場。自身の開いた私塾について語った。

大竹まこと「宮台さんは3月で65歳になられて、東京都立大学を定年退官されました。現在は私塾を開かれた、と伺っています」

宮台真司「もともとゼミに80人ぐらいメンバーがいたんです。学内の人は10~15人ぐらいかな。あとは学外から参加している映画監督、ミュージシャン、プロデューサーなどいろいろいるんです」

壇蜜「いろんな職の人が」

宮台「ゼミを、みなさんの不利益にならないよう、どう引き継いでいきましょうか、というときに、ひとつにまとめることができなかったので(塾が複数ある)。学問的なものを深める『思想塾』。昔、2005~6年ぐらいまでやっていて、そのあと朝カル(朝日カルチャーセンター)にプラットフォームを引き継いでもらったものです。『荒野塾』は社会という荒野を仲間と生きろ、とずっと言ってきた問題に関係していて。NGO、NPOや社会的起業家たちがメインのクライアントです」

大竹「はい」

宮台「社会を、あるいは人々を幸せにする、という場合に、どこが実践的なポイントになるのか、ということを話すんですね。たとえば焚火はなぜ良いのか。焚火だけでなく、火は人間同士が仲良くなるのに重要なんですけど、学問的な根拠もある」

壇蜜「火を囲むこと」

宮台「そういうことです。あと昔だったら立ち入り禁止の洞窟の中に入っていく、森の奥のほうに入っていく。法を破る、法を超える。そうすると法は助けにならないから仲間の関係、掟が助けになる。という実践的な知恵が山のようにあるんですね。それを皆で共有していく。あと『界隈塾』、これは力が湧く、力を奪われる、というのをキーワードにしています。90年代に入る少し前から、最初は『登校拒否』という名前で引きこもりが出てくる。これは力が出ない状態なんです。力が出ない人たちがどんどん増えた。80年代~90年代の境目ぐらいから、いわゆる鬱の人たちも増えてくる。これも力が出ないということなんですね」

大竹「うん」

宮台「じゃあ力が出るためには何が必要なのか。何がないから力が出なくなっているのか、ということをみんなで共有して。そこから先は荒野塾と少し違っています」

Facebook

ページトップへ