沁みる応援歌=“しみうた”で、未来へ立ち上がろう!

中島みゆき「時代」、坂本九「上を向いて歩こう」…。がんばれ!とも、フレーフレー!とも歌ってないけれど、聴けばジワっと心が熱くなって前向きになれる曲があります。

2021年3月31日、FM FUKUOKA開局50周年の最後を飾る特別番組は、そんな沁みる応援歌=“しみうた”を、大特集!「MORNING JAM」、「ディグ・フクオカ」、「GOW」の水曜日パーソナリティはもちろん、全生ワイド番組のパーソナリティが総出演し、とっておきの“しみうた”を披露。

リスナーの皆さんからも「これからだ!」と思える前向きな“しみうた”のリクエストを募集しオンエアします。番組のフィナーレでは、リモート合唱のためのエンジニアチームHarmorearth(ハモラス)の最新IT技術を駆使した自動ミキシングプログラムを使用し、リスナーから届いた歌声にFM FUKUOKAパーソナリティの歌声も加え、リモート合唱で完成させた「時代」をオンエア。
3月31日は音楽の力で未来へ立ち上がる日に!

【放送時間】
2021年3月31日(水)7:30~20:25

【対象番組】
07:30~12:30「MORNING JAM」中島浩二&中島綾菜
12:30~16:30「DIG!!!!!!!! FUKUOKA」岡澤アキラ&斉藤ふみ
16:30~20:25「Hyper Night Program GOW!!」黒川修&田代奈々

番組のフィナーレリモート合唱による「時代」披露!

リモート合唱のためのエンジニアチーム Harmorearth(ハモラス)の全面協力により、最新IT技術を使った自動ミキシングプログラムを使用し、リモート合唱を実現します。今回の番組の趣旨を踏まえて、中島みゆきさんの「時代」を選曲。

ピアノ伴奏には、HKT48の森保まどかさんを迎え、そのピアノに合わせて、事前に一般のリスナー(個人)の皆さんから歌声を募集。FM FUKUOKAパーソナリティーの声も含め、皆の声をオンラインで重ね「時代」を完成させます。さらに、皆さんの写真を使った動画も作成予定です。完成した音源は、FM FUKUOKA で初披露されるほか、動画は YouTube にもUPしアーカイブとしてお聴きいただけるように予定しております。

森保まどか
HKT48 Team K IV 所属。
2020年1月29日、松任谷正隆総合プロデュースによるソロピアノアルバムを発売。
【弊社出演番組】
HKT48 渡辺通1丁目FMまどか~まどかのまどから~
毎週木曜日 21:00~21:55
放送期間 2013年4月1日~

使用ピアノ・・・・スタインウェイⅮ-274
当時の電気ビル別館(FM FUKUOKA 本社もこのビルに入っていた)地下にあった電気ホールに、1961年(昭和36年)5月22日導入され、現在はみらいホールに引き継がれているピアノです。かつて FM FUKUOKA の本社があった場所で、およそ60年、街の歴史を見守ってきたピアノを使用します。

■Harmorearth(ハモラス)とは…
「ITの力で音楽をもっと豊かに」をテーマとして2019年に立ち上げられたITエンジニア/デザイナーチーム。電気通信大学の高橋弘太研究室と共同で合唱のための自動ミキシングプログラムを開発。2020年5月より家にいながら合唱できる世界初のリモート合唱プラットフォーム「tuttii(トゥッティ)」を運用。レコードメーカーとのコラボレーションや小中高生合唱部応援プロジェクトなどを実施。朝日新聞デジタル/ワールドビジネスサテライトなどで紹介されている。

FM FUKUOKA 50th Anniversary Final!! 沁みる応援歌“しみうた”特別番組
放送局:FM FUKUOKA
放送日時:2021年3月31日 水曜日 7時10分~20時25分
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

原油価格高止まりか ~OPECプラスが原油増産計画維持を決定

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月3日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。原油の増産計画を維持するとしたOPECプラスの発表について解説した。

OPECのロゴと石油ポンプの模型=2020年4月(ロイター=共同) ©共同通信社

OPECプラス、原油の増産計画の維持を決定

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は12月2日、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面は影響を見極める必要があると判断した模様。

飯田)「増産のペースを維持」と出ていますが。

宮家)それ以上ペースを上げる気はないと。

飯田)上げる気はない。

宮家)ようやく石油価格が上がって来たところで、オミクロン株の影響でまた収縮してしまったら困るため、このままで行くということです。私なりに理解している大きな流れを申し上げると、トランプ政権の時代には「温暖化? そんなものは関係ない」と、シェールオイルを増産したのです。そうすると供給が増えますから値段が下がる。それで産油国が困ってしまったわけでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)ところがバイデンさんになったら、「あれ? いやいや、逆だろ」と。「温暖化が大変だ。厳しくやらなければいけない」となって、シェール生産は制限される。そうなると今度は供給が下がります。コロナがやや収束し、また経済を頑張らなければということで、需要が上向きになったので、「バーン」と価格が上がって来たわけですよ。

アメリカが最も困っているのは原油価格ではなくインフレ

宮家)オミクロン株がどうなるかは別として、いまアメリカが最も困っているのは、石油価格だけではなくインフレです。サプライチェーンの問題もあるし、労働力不足で賃金も上がっています。これを何とかしないと、バイデンさんは次の中間選挙が危ないわけですよ。

飯田)中間選挙が。

宮家)それで必死なのだけれども、いま申し上げた通り、OPECに何かを頼んでも言うことを聞いてくれないわけです。価格が下がったときに助けてくれなかったではないかと言われるでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)これは怒りますよね。

飯田)マイナスの値段になりましたからね。

原油価格は高止まりか ~オミクロン株もあり、様子見の状況

宮家)そこでバイデンさんは原油の備蓄を放出することにした。しかし、放出すると言っても、数日分の原油を放出したところで、マーケットに大きな効果はありません。ただ、産油国へのメッセージにはなる。

飯田)なるほど。

宮家)OPECプラスは現状維持ということではありますが、消費国側からすれば、思ったように増産が進まないと。つまり当面、原油価格は高止まりになる可能性があるのだと思います。

飯田)足元のWTI原油、アメリカのニューヨーク市場では、1バレルあたり67ドル42セント。北海ブレントが70ドル43セントです。

宮家)少し下がりましたね。

飯田)80ドルを超えたところからは少し下がりましたが、これ以上は下がらないという感じですか?

宮家)この辺りで止まることを考えているのだと思います。様子見ですよ。

飯田)様子見。

宮家)結局、オミクロン株がどの程度拡大するかによって、戦略を練り直すことはあるかも知れません。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ