杏もドキドキ…Queen・フレディの恋人による、“大人な恋愛”も描く一冊

J-WAVEで放送中の番組『BOOK BAR』(ナビゲーター:大倉眞一郎・杏)。毎週ナビゲーターの2人が「今読むべき本」として、おすすめの本を持ち寄っています。2月2日(土)のオンエアでは、杏が『フレディ・マーキュリーと私』を紹介しました。


■映画『ボヘミアン・ラプソディ』にも登場! フレディの恋人による本

杏はQueenの大ファン。幼い頃、フレディが亡くなった直後の記憶も残っています。

:5歳くらいだったのかな。親も大ファンで家にレコードとかレーザーディスクが全部揃ってて、本当に小さい頃から見たり聴いたりしていたから、親が泣いていたのかな。「どうしたの?」と訊いたら「フレディが死んじゃった」と言ったのを覚えています。

そんな杏が紹介した『フレディ・マーキュリーと私』は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』にも登場する、フレディの最後にして最愛の恋人、ジム・ハットンが書いた本です。もともと女性と付き合っていたフレディが、自分のセクシュアリティに苦悩した、ジムと出会ってからの約7年間がこの本には収められています。

:映画の中ではジム・ハットンはパーティーの給仕をしていて出会ったことになっていますけど、実際はロンドンの理容師さんだったんです。バーで知り合って、しばらく連絡取らずに再会したというのは映画と一緒なんですけど。本を読むと「この曲はこの状況のなかで作られたんだ」とわかって、より楽しめると思います。今は曲が出揃っているから、つい同列で聴いてしまうがちですけど、順序やバックグラウンド込みで、もう一回聴けるようになると思います。
 

『BOOK BAR』

 

 


■フレディのシャイな素顔も描く

杏がQueenにどっぷりハマったのは15歳のとき。本では、今でも「ドキドキ」するような“大人の恋愛”もあたたかく描かれており、「これを10代で読んでいたんだ」という驚きもあったとか。「最後の様子とかも書いてあるんですよ。やっぱり2日間くらい落ち込みましたね」と語るほど、胸に迫ってくる一冊だったようです。

本の中には、パパラッチに悩まされる様子も描かれています。「世界中にパパラッチはいて、あることないこと書くのは万国共通なんだなと感じました」と杏。

:フレディは、ありあまる富と名声、お金はあるけれど、どこか孤独だったり自由に外に出られなかったりする。すごくシャイでファンに囲まれると「早くここから逃げたい」という感じだったらしいんです。

プライベートはそっとしておいてほしい……スターの胸の内も知ることができます。

:日本に何度も訪れたことも書いていて、私の事務所の会長とすごく仲がよかったみたいで。私の事務所がQueenを日本に呼んでいたので、会長の名前もすごい出てきたり、東京でのアテンドをやっていたりで「こんなに繋がりがあったんだ」と。

一方の大倉は、Queenの全盛期をリアルタイムで体感した年代。フレディの病の噂が流れたときに事務所に問い合わせをしたところ、全否定された……というエピソードを語りました。フレディがエイズだったことを早期に公表しなかったことについて、当時「もっと早く公表すれば啓蒙になったのでは?」という意見もあったそうですが、大倉は「それは今だから言えることかもしれないですね。時代状況が違ってますから」とコメントしました。

次回、2月9日(土)の『BOOK BAR』は「恋するマンガ・キャラ」をテーマに、杏と大倉が読み進めるうちに恋に落ちてしまった、魅力的なマンガをご紹介します。時間は22時から。どうぞお楽しみに。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『BOOK BAR』
放送日時:土曜 22時−22時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/bookbar/

 

 

タグ

江原啓之「人が不幸になるときに、必ず付随してくる3つの要素があります」その3つとは?

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

4月7日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。


江原啓之



<リスナーからの相談>
母が病気を患い、本人は「もう長くないかも」と落ち込む日々です。4人家族ですが、私は母に一番心を許しています。実家暮らしのため、もし母がいなくなった場合は、母から「お父さんと仲良く暮らして」と言われました。妹は一人暮らしなのですが、その妹にも協力してもらってとも伝えられています。

しかし私は、父と妹が正直苦手です。父は私に強く当たる傾向があり、妹とは犬猿の仲で話しませんし、目も合いません。この場合、家族で仲良くし、協力し合うのにはどんな心掛けが必要でしょうか? なるべく母の意向に添いたいとは思っています。最近不安で眠れない状態です。

<江原からの回答>
江原:愛情を込めて申し上げます。人が不幸になるときに必ず付随してくる3つの要素を「不幸の三原則」と言うのですが、その3つとは「自己憐憫・責任転嫁・依存心」です。

お母さんは立派な方かもしれませんが、相談者さんを自立させていませんでしたね。だから、相談者さんのお母さんに対する依存心が強くなってしまっている。実家暮らしで、いつまでも「お母さん、お母さん」と言っていて、大人になれていませんよね。

しかしお母さんはこういう状況ですし、今すぐ家を出ていくのはかわいそうですから、きちんと見送ってあげてください。それが、かわいがってもらったあなたの責務です。その後はしっかり自立しましょう。実務としてお父さんの世話を見るというのも、実家に住まわせていただいているのですから責務です。

それからは、自分の人生は自分で構築していく。年齢的には十分大人ですので、そろそろ独り立ちの時期なのではないでしょうか。お父さんが妹さんとやっていけるというのでしたら、あなたのほうが(家を出て)自立することもできますよね。お母さんが何を言っていようが、別に大丈夫です。人はみな、向こう(あの世)に還れば真実が見えるので、あとは何とでもなります。

ちなみに私はエンディングノートをつけていて、環境が変わるたびに内容を更新しています。いつ死んでも安心です。そして、自分に関することで「こうしてほしい」「ああしてほしい」という内容は、ほとんど書いていないんです。「自由にしてください」とだけ書いてあります。

だって、残された者からしたら困るでしょう? だから(遺族の)心の負担が一切ないように、「欲しいものは持っていってもいいですし、そうでないものは私の残したお金で処分してください」と書いています。そうすると、私も家族も、みんな楽です。

たくさんの方から、亡くなった家族の意向などについて「どうしたら良いでしょう?」というお悩みを相談されてきたので、私自身は「死後の臓器移植の意思」なども含めて、すべてを書いておくことにしたんです。周囲には「エンディングノートはパソコンのデスクトップに置いていますので、亡くなったらそれを読んでください」と知らせてあります。そういうこともやっておかなければいけませんね。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「自立して自由となる」


----------------------------------------------------
4月7日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 4月15日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ