KREVAと最高級ステーキ&スタジオデート! LiLiCoが感じた唯一の不満は…

J-WAVEで放送中の番組『ALL GOOD FRIDAY』(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉 友)のワンコーナー「HAPPY DATE」。6月21日(金)のオンエアでは、KREVAさんがゲストに登場。LiLiCoとの妄想デートプランを語りました。


■おいしいステーキが待つデート

KREVAさんは「最終的にとんでもなくうまいステーキを食べる」ということが今回のデートプランのポイントであると前置きしました。

KREVA:今回のデートで行こうと思っているお店は、以前お昼にステーキを食べたときに5万円を超えたんです。それくらいの最高級の肉が待っているぞ、という前提でのデートです。

デートの移動はタクシー。ステーキを食べに行く前は、KREVAさんお気に入りの公園でゆっくりする予定です。LiLiCoが望むのであれば自身のスタジオにも招待!

KREVA:レコードもたくさんありますし、80年代、70年代の曲もあります。なんだったら自分の曲でもいいので、お望みの曲をプレゼントしたいなと思います。

そしていよいよステーキを食べに行きます。友だちがあまり多くないと言うKREVAさんですが、ステーキの店は数少ない友人のひとりが営む店で、限られた友人としか行くことがないところだそう。しかし、特別にLiLiCoには解禁したいと話しました。

KREVA:ステーキを食べて、おいしいワインを飲んで。最近、プレミアムテキーラにハマっているんです。100パーセントオーガニックのテキーラとか、メスカルっていう、テキーラと同じ製法なんだけどテキーラと呼べないものがあるんです。テキーラ村で作ったものしかテキーラと呼べないらしいです。余力があれば、そういうものがたくさんあるお店に行って、ちょっとアガってから帰るのがいいんじゃないかと思います。

ちなみに、ステーキは神戸牛の源流と言われる但馬牛。オーガニックな餌だけで、長いものだと3年以上かけて丁寧に育てられた肉です。また、KREVAさんはデートのBGMとしてThe Isley Brothers『For The Love Of You(Part 1 & 2)』を選びました。


■気になる判定は…

KREVAさんのデートプランはLiLiCoにとって、かなり好印象でした。

LiLiCo:「お望みであればスタジオに行ってお好きな曲を」って言ってたけど、お望みだよね! KREVAさんに歌っていただいたり、80年代も大好き。友だちが少ないらしいけど、なりますよ! プレミアムテキーラも未経験なので、ぜひ!

概ね満足している様子ですが、ひとつだけ気になる部分があると言います。

LiLiCo:最後がなに? テンション上げてからバイバイするの? どういうこと?
稲葉:ちょっとハイになってからバイバイ。
LiLiCo:わかった。じゃあ星は減るよ? 私はお泊まりしたいもん。スタジオでお泊まりでもいいもん。
稲葉:俺は次回を期待させるカッコイイ演出だと思うけどな!

さて、気になるLiLiCoの判定は……星183個でした!

LiLiCo:バイバイがなければ523個くらいでした(笑)。
稲葉:どんだけバイバイに重きを置いてんだよ!

KREVAさんは6月19日に、ニューベストアルバム『成長の記録 〜全曲バンドで録り直し〜』をリリースしました。6月30日(日)には、日本武道館にてワンマンライブ「KREVA NEW BEST ALBUM LIVE 成長の記録」も開催します。ぜひチェックしてみてください!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ALL GOOD FRIDAY』
放送日時:毎週金曜 11時30分−16時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

タグ

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ