KREVAとヒップホップの出会いは「ボビ男くん」

J-WAVEで放送中の番組『SEIKO SOUND STORAGE』。この番組は、ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで自らの音楽遍歴を語る。9月はKREVAが登場。6日(金)のオンエアでは、「ヒップホップとの出会い」を語った。

この番組をラジコで聴く



■ヒップホップとの出会いはクイズ番組

1996年、幼なじみのCUEZEROとのユニットBY PHAR THE DOPESTを経て、1997年にLITTLE・MCUと共にKICK THE CAN CREWを結成。その後、ソロ活動を行うようになり、2019年で15周年を迎えた。

KREVAは4歳の頃からギターを習っていた経歴があり「音楽歴はなかなか長い」と話す。また、1976年生まれのKREVAは「ヒップホップの誕生とほぼ同じ」と言う。

そんなKREVAがヒップホップと出会ったのは、クイズ番組で観た、ボビー・ブラウンの格好を真似した人たち、通称「ボビ男くん」だったという。「ボビー・ブラウンという人がいるんだ。カッコいい、気になる」と思ったKREVAは、ボビー・ブラウン『Every Little Step』のミュージックビデオを観て衝撃を受け、そこから徐々にヒップホップやラップに惹かれていく。

そうして高校生になったKREVAは、アルバイトをしてターンテーブルやレコードを買い始める。高校卒業が近付いた頃、「MPCがあると曲が作れるぞ」ということに気づいたと話す。

KREVA:そして大学生になったときかな、自分がアルバイトさせてもらっていた、ROCK-Teeという人がオープンした裏原宿の洋服屋「CRIB」のなかの機材を触らせてもらったりしました。また、BY PHAR THE DOPESTにいたDJがMPC3000を持っていて、それを触らせてもらい「自分もこれはできるぞ」と思いました。18~19歳のときに人生初のローンを組みまして、AKAIの MPC3000を買って曲づくりをして、そこからトントンと、頑張り続けてデビューまでこぎ着けたという感じです。


■ミックステープの持つ精神に触発されて...

トーク後半では、KREVAがミックステープの文化について解説。KREVAの最新アルバム 『AFTERMIXTAPE』はミックステープの持つ精神に触発されて作った作品なのだと言う。

KREVA:ミックステープに残っている自由さは、自分がほしかったところです。もちろん勝手に人の曲をミックスして売ったりしたらいけないんですけど、ミックステープというものが持つ精神があれば、自分も作品を作れるんじゃないかと思って作ったのが『AFTERMIXTAPE』です。

次回9月13日(金)の『SEIKO SOUND STORAGE』では、KREVAが9月18日にリリースするアルバム『AFTERMIXTAPE』について解説する。お楽しみに。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:毎週金曜 24時-24時30分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/

タグ

ラジコで聴ける! ラジオ初心者のためのシーン別おすすめ番組

「ラジオに興味があるけど、どんな番組を聴いていいか分からない!」
「朝の通勤中にニュースを聴きたいけど、おすすめの番組ってあるのかな?」

今回は、ラジオ初心者の方が数多くの放送局や番組から自分に合った番組を見つけるヒントになるように、おすすめの番組をシーン別にご紹介します。

Facebook

ページトップへ