『Little Black DressのMake Sense』先日行われた公開収録の様子を6月15日(土)放送!

6月15日(土)放送の『Little Black DressのMake Sense』では、FM大阪の「E∞Tradk STUDIO」で、リスナーを集めて行われた、番組初の公開収録の様子をお届けします。

イベント当日は、関西各地から高い倍率を潜り抜けて集まったリスナーさんとともに、イベントのモチーフ「スナックナイト」のような、濃いめの金曜夜の時間を過ごしました。6月7日にリリースのニューアルバム「SYNCHRONICITY POP」の収録曲を参加者と一緒に聴く時間があったり、リスナーからの多方面の質問に答える時間もあり、さらに距離が縮まりました。

また、公開収録ならではの「弾き語り」タイムでは、先行配信リリースされた「恥じらってグッバイ」を披露。
来場者からのリクエストにもお応えし、「我が良き友よ」「メロディー」「十戒」など、昭和歌謡のカバーをお届けしました。

公開収録の様子の一部は、6月15日(土)の番組内でご紹介します。是非お聴きください!!

#LBD851 で番組の感想もぜひポストしてくださいね!

『Little Black DressのMake Sense』
放送局:FM大阪
放送日時:2024年6月15日 土曜日 21時00分~21時30分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

土岐麻子の洗練されたシティポップナンバーを厳選してお届け!『こだわりセットリスト・特別編』

"こだわり"の選曲をノンストップでお届けする『こだわりセットリスト・特別編』。6/20(木)19:00~は「土岐麻子特集」をお送りいたします。

土岐麻子は1997年シティポップ系バンド「Cymbals」のボーカルとしてデビュー。2004年1月の「Cymbals」解散後、彼女の父でサックス奏者の土岐英史プロデュースによるアルバム「STANDARDS~土岐麻子ジャズを歌う~」でソロデビューを果たしました。

"ジャズシンガー" としてスタートした彼女ですが、2005年にリリースした初のオリジナルアルバム「Debut」では「Cymbals」時代のテイストを色濃く残した都会的で洗練されたシティポップを披露。実力派J-POPシンガーとしての地位を確立しました。その後もジャズアルバムのリリースを挟みながら、常に新しい音楽的アプローチを試みたオリジナルアルバムを発表。日本の音楽シーンに新しい風を吹き込んでいます。

今回は、洗練されたシティポップテイストの作品を中心に、彼女の才能と魅力を存分に堪能できる6曲をチョイス。ファンの方にも、初めての方にもボーダレスに楽しんでいただけるセットリストとなっています。どうぞご期待ください!

※セットリストの詳細については番組HPでご確認ください。

Facebook

ページトップへ