桑田佳祐、松任谷由実とのレコーディングを回顧「“この人、すごいな!”と思った」

桑田佳祐がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(毎週土曜 23:00~23:55)。11月25日(土)の放送では、桑田佳祐&松任谷由実名義による楽曲「Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない) 2023」を初オンエアしました。


(左から)パーソナリティの桑田佳祐、松任谷由実さん



「クリスマスまであと1ヶ月!! 心あたたまる冬歌特集!!~波乗りサンタクロース桑田佳祐の活動に関してお知らせが!さらにあの人からコメントも!? SP~」と題したテーマでお届けしたこの日の放送。

お知らせのコーナーでは、桑田が中心となって企画し、1986年と1987年のクリスマス・イブに放送された音楽番組「メリー・クリスマス・ショー」(日本テレビ系)のために制作された楽曲「Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない)」(作詞:松任谷由実、作曲:桑田佳祐)について言及。

かつては桑田によるリードボーカルと、KUWATA BANDによる演奏でレコーディングしていましたが、このたび、2023年バージョンとしてリメイクすることになり、“ユーミン”こと松任谷由実さんとのデュエットで「Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない) 2023」を音源化することがサプライズで発表されました。

まず、11月27日(月)に配信シングルとして主要配信サイトにて先行配信がスタートし、CDシングルは12月20日(水)にリリース。さらに、同じく12月20日(水)に発売となる松任谷さんのコラボベストアルバム『ユーミン乾杯!!~松任谷由実50周年記念コラボベストアルバム~』にも収録されることが決定しています。


『ユーミン乾杯!!~松任谷由実50周年記念コラボベストアルバム~』



また、「仲良くしようよ!!」がキャッチコピーとなっているこの楽曲は、“聖なる夜に、すべての人の心へLOVE & PEACEを”という意味も込められ、二人の想いを体現する形で、「Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない) 2023」 から得られる収益の一部は、子どもたちの未来といのちを守るためにセーブ・ザ・チルドレンへ寄付されます。



SNS上でリスナーが大興奮し盛り上がるなか、番組では、松任谷さんから届いたコメントのオンエアも。松任谷さんは「レコーディング、楽しかったな~」と振り返りつつ、「内容は桑田さん作曲、私が作詞でほとんど変わっていないんですけれども、桑田くんがたくさんアイデアを盛り込んでくれて、途中、お互いの曲のマッシュアップとかお正月の歌とか、そして、最後に秘密のようにささやき合っているんです」と楽曲について説明。

「普段、私が使っていないレンジ(音域)の高さだったんですけど、一生懸命ボイトレしました」とレコーディングに臨むまでの過程を明かし、「桑田くん、これからも仲良くしてね~!」と明るく声を弾ませてコメントを締めくくりました。

桑田は、「今回の企画は、ユーミンさんからのご提案、発案でございます」と切り出し、今年の4月に松任谷さんと食事を共にした際に、かつて共作した「Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない)」でのデュエットの打診を受けたことを明かします。

松任谷さんの歌録りをおこなったのは今年の8月だったと言い、桑田は「ユーミンさんはツアーも始まっていて忙しいなか、歌録りは5~6時間ぐらい休憩なしでスタジオに来てくれました。僭越ながら私がディレクションするなか、楽しく、そしてご自分に厳しく精一杯の努力をしてくれて。歌いながら『まるで千本ノック状態だね』とか(冗談も)言ってね(笑)。尊敬に値するパフォーマンスを見せてくれて、楽しそうに自分と闘うというか、向き合うユーミンの姿を見て“この人、すごいな!”と思った」とレコーディングを振り返り、「Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない)」をオンエアしました。

楽曲をオンエアした後、改めて桑田は「ユーミンさんが『やろうよ!』と言ってくれなければ、この企画はあり得ませんでした。本当にありがとう、ユーミンさん」と感謝の言葉を述べました。

次回12月2日(土)の放送もお楽しみに!


「Kissin’ Christmas (クリスマスだからじゃない) 2023」 



----------------------------------------------------
11月25日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年12月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:桑田佳祐のやさしい夜遊び
放送日時:毎週土曜 23:00~23:55
パーソナリティ:桑田佳祐
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/yoasobi/
桑田佳祐のやさしい夜遊び
放送局:TOKYO FM
放送日時:2023年11月25日 土曜日 23時00分~23時55分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

Creepy Nuts・R-指定、家族でハワイ旅行「ブリンブリンの気持ちを味わおうとしたけど……」

2月19日(月)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nutsがパーソナリティを務める特別ラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン」(ニッポン放送・25時~27時)が生放送。R-指定が家族3人で、ハワイ旅行へ行ったエピソードを明かした。

Creepy Nuts DJ松永・R-指定

R-指定:この1年でいろいろ変わって、自由な時間もわりとできて、久しぶりに旅行に行きましたよ。

DJ松永:えー! 知らなかった。

R-指定:ハワイに行きましたよ。

DJ松永:え! なんか、ザ・海外旅行に行ったんだ。

R-指定:まあ、海外に行きたいなって。それこそ新婚旅行も行けてなかったから。ちょうど、バチバチに忙しい時期だったから……。

DJ松永:たしかにね……。

R-指定:ハワイは4泊ぐらいしたんですけど、一瞬でしたね。初日はショッピングモールと繋がっているホテルに泊まったから、そこでちょっと買い物をして、21時ぐらいには子どもと奥さんが寝ちゃって。

DJ松永:あ~。

R-指定:俺は夜型だから、うろうろ歩き回って、ドンキ(ドン・キホーテ)見つけて。

DJ松永:え! まじで?

R-指定:ハワイにドンキ、あるんすよ。とにかく結構広かったから、ずっとウロウロしたり。あと、ビーチに行ったり、泳いでみたり。

DJ松永:いいね~。

R-指定:ハワイでの移動手段はほぼバスで、3日目は観光用の「トロリー」っていうバスを使って。観光名所を回って、停車もしてくれるから、写真を撮ったり買い物もできて。

DJ松永:すげー! 便利!

R-指定:結構いろいろ行けて、映画「ジュラシック・パーク」とか「キング・コング」のロケ地とか。すごい、いい感じのロケーションを見に行って。

DJ松永:ちゃんと観光してんじゃん。

R-指定:その観光用トロリーに、「ブルーライン」っていうのがあって、海とか山の上とか、景色的に一番ヤバめな、ザ・ハワイ! を巡ってくれるコースで。しかも、バスの屋根はあるけど、風がぶわーって気持ちよく入ってくるやつだから。

DJ松永:いいね~。

R-指定:解放感、最高。

DJ松永:なるほど。

R-指定:でも、途中で雨が降ってきて。

DJ松永:ああ。

R-指定:雨が強くなってきて、どしゃぶり。

DJ松永:まじ?

R-指定:運転手さんがレインコートを貸してくれたんやけど、雨はどんどん強なって。レインコートに当たる雨が、バリバリバリバリバリー!! って。風と雨で。

DJ松永:そんなに? まじで?(笑)

R-指定:俺、子どもを抱っこひもで抱っこしていたから。俺のレインコートの中に子どもがおったんやけど、雨の音がうるさすぎるから。『耳が危ない!』と思って、子どもの耳を押さえながらずっと丸まっていたから、景色も何もなかった(笑)

ワイキキトロリーのブルーラインといえば、オアフ島東海岸を走行し、ハワイの青い海を満喫できることで有名だが、天気予報を見忘れ、豪雨の日に乗車してしまったというR-指定。

その後、服や靴を着替えるため、ショッピングモールで6万円分の服を購入。さらに、日本が恋しくなってラーメン店「どうとんぼり神座」へ行ったが、6,000円の出費だったと告白。R-指定は「ハワイ旅行でブリンブリンの気持ちを味わおうとしたけど、なんか、わりと現実の方に面食らっちゃって」と回想。想像以上の円安に驚いた、と苦笑いで振り返った。

Facebook

ページトップへ