Afro Begue x 佐藤タイジ「こんなバンドが日本にあることを知って欲しい!」

Love On Music ©InterFM897

2月29日のInterFM897『Love On Music』(DJ: 佐藤タイジ(シアターブルック)、サブDJ: ジョー横溝)は、Aflo Begueのオマール・ゲンデファルと津田悠佑を迎えてお送りしました。

ニューアルバム「Balkô」、この言葉があれば世界は平和!

佐藤タイジ(以下、佐藤):今夜のゲストはAflo Begueからオマールと津田さんです!よろしくお願いします。

ジョー横溝(以下、ジョー):改めてジャンベ(西アフリカの打楽器)マスターはどういう風に説明したらいいんですか?

オマール・ゲンデファル(以下、オマール):ジャンベ・マスターはジャンベの先生。特別な。

タイジ:でもオマールはグリオじゃん。

オマール:そう。伝承音楽家。

津田悠佑(以下、津田):日本語に訳すと「家元」ですね。

オマール:先祖代々で1,000年ぐらいやってる。多分ね。

ジョー:津田さんはAflo Begueに入ったきっかけってなんですか?

津田:最初オマールと一緒に組もうという話になり、一ヶ月後くらいに電話がきてスタジオ入って初めて合わせて。で、なんかやろうと。で、そこからリハーサルやってライブって感じでしたね。それが10年ぐらい前?メンバーは入れ替わりつつ。

オマール:最初は2人だけで、その後のベースとか入れたり。それで一回CD出そうってなって。

津田:最初はCDを2人で作ろうって言ってたんですよ。2人で楽器やりながら作ってた最中にオマールが「いいベーシスト見つけた」って言って。それできたのが、今のベーシストのスズケンで。彼は歌もいけて。

タイジ:Aflo Begueはコーラスすごいもんね。目を瞑って聴いてると、日本人がやってるとは思えないサウンドなんだよね。

津田:彼がガンガン歌うから、それに引っ張られていく感じですね。

タイジ:素晴らしいよね。日本にこんなのいるのかって感じで。最初、思わず笑ったもん。すごすぎて。

ジョー:Aflo Begueは去年3枚目のアルバムをリリースして。アルバムタイトルの「Balkô」はどんな意味なんですか?

津田:「Balkô」はウォロフ語(セネガルや周辺国の言語)で。

オマール:日本語で言うと「受け入れてください」みたいな。

ジョー:へえ。なんでまたそのタイトルを。

オマール:いろんなところで人に嫌なことをしてしまうことあるじゃん。分からなくても。だから、何かあっても受け入れてくださいと言いたい気持ちで。許してくださいって。

ジョー:確かにいろいろありますよね(笑)。

タイジ:みなさん、戦う前に「Balkô」ですよ。この言葉と音楽があれば世界は平和!

セネガル人・オマールの大好物は、味噌汁!?

ジョー:Aflo Begueは3月7日にライブがあって、これは、毎年恒例のオマール誕生日スペシャルナイトということで。おめでとうございます!オマールさん幾つになるの?

オマール:3月7日で39歳。

ジョー:どんなライブにしたいとかあるの?

津田:オマールの誕生日なのでその日は、ドーンと座っといてもらって僕たちが動きます。

オマール:色々あります。

ジョー:タイジさんも出るし、辻コースケも来るんでしょ?ジャンベ2人ってどうなるのよ!

タイジ:コースケのジャンベは低音が多いのよ。オマールのは高音が多くて。

ジョー:すごいと思いますよ、この日は。

ジョー:スタジオライブセッションのコーナーになるんですが、タイジさんは結構Aflo Begueとは、やってますよね。

タイジ:結構やってますけど、全部忘れました(笑)。いつも初めての気持ちで。オマールさんのジャンベが凄まじいので、楽しいんですよ。

オマール:私もタイジの曲聞くとイっちゃう。

有吉、「都道府県魅力度ランキング」故郷・広島県の順位に不満!?「ベスト5に入るくらいの県だから!」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。10月18日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の関太と松崎克俊を迎えてお送りしました。


(左から)松崎克俊、有吉弘行、関太



有吉は、10月14日(水)に発表された「都道府県魅力度ランキング2020」について切り出します。昨年まで7年連続の最下位に沈んでいた茨城県(42位)と打って変わって、今回最下位となったのは、栃木県。

「最下位は、(栃木県出身の)U字工事のほうだな。で、(茨城県出身の)カミナリが上にあがったということで、(ライバル関係が)面白いですけどね」と有吉。自身の出身地である広島県は、前年の15位から少しランクダウンし、18位という結果に「魅力度ランキングは“誰に(アンケートを)取ってんだ”って感じですよね。広島県は、ベスト5に入るくらい魅力のある県だから、(ランキングの結果に)いつも不満だなぁと思っているけど」とチクリ。

一方、1位に輝いたのは12年連続と、もはや不動の貫禄漂う北海道。有吉は、「北関東のあたりって、東京都、埼玉県、千葉県に比べると、一緒くたにされて田舎みたいなイメージがあるから、(ランキングが)なかなか上がってこないよな。その点、北海道や(3位の)沖縄県は、独自(=独自色がある)だもんな……広島県もけっこう独自だと思うんだけどね」と感想を口にしつつも、「余計なお世話だと思いますよ。47都道府県、どこも魅力がありますから!」とバッサリ。

さらには「どこが1番とか2番とか決めているようなランキングは信じないですよ。みんな(実際に)行ってみてないんでしょ? 行ってみないと! 行ってみたら(その土地土地で)絶対にいいところがあるから!」と熱弁。「でも、みんなが旅行に行くのは、(新型コロナが)落ち着いてからかな。新たな魅力を見つけてほしいなと思います」と話し、実際に足を運んで自分の目で確かめることを勧める有吉でした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国19局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ