川端康成は“葬式の名人”と呼ばれていた⁉

(写真左から井田由美、羽佐間道夫)

1月19日(木)の『わたしの図書室』は、昨年末に渋谷のシダックスカルチャーホールで行われた公開録音「リーディング&シネマ/川端康成 葬式の名人」の模様を放送。

川端康成の作品の中から抜粋した朗読とトークとで、ノーベル賞作家の人生の道のりを綴る。幼いころから肉親との別れを多く経験した川端は、やがて人から「葬式の名人」とさえ呼ばれるようになる。別れと出会い、追い求めた愛、過ぎた日の幻、憧れ、悲しみ……。生涯を通して独自の美意識を貫いた川端が描く世界を、声優の羽佐間道夫、日本テレビ・アナウンサーの井田由美が情緒豊かに朗読する。共演は、若手俳優の永沼伊久也、多井一晃、井上寧子、橘しおん。また、川端康成の母校である大阪府の茨木高校出身の脚本家・プロデューサーの大野裕之が、解説とトークで案内役を務める。ピアノとチェロの生演奏は古後公隆。

公開録音の当日、ホールではこのあと大野裕之製作の映画「葬式の名人」が上映された。

【朗読作品】「反橋」「雪国」「葬式の名人」「師の棺を肩に」「片腕」「花」

【脚本・演出】大野裕之

わたしの図書室
放送局:ラジオ日本 他2局ネット
放送日時:毎週木曜 23時30分~24時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:【朗読】羽佐間道夫(声優)、井田由美(日本テレビ・アナウンサー)、永沼伊久也、多井一晃、井上寧子、橘しおん 【解説&トーク】大野裕之 【演奏】古後公隆

※該当回の聴取期間は終了しました。

粗品「昔から俯瞰で見ることに長けている」今の芸風につながる10代のエピソード

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。4月16日(火)の放送は、粗品さんがゲスト出演。パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とCOCO教頭(CRAZY COCO)が音楽の原点や10代のころについて聞きました。



――音楽の入口はTHE BLUE HEARTS

こもり校長:前回(2023年12月)いらしたときにも聞かせていただいたんですけど、粗品先生はもともとアーティストを目指していて、我が校の(10代限定の夏フェス)『閃光ライオット』に応募されたこともあるんですよね?

粗品:はい!

こもり校長:小さいころからピアノをやっていて、中学ではギター触れてアーティストを目指したということですが、10代のころの憧れというか影響を受けた人、「これが入口か」と思う人っているんですか?

粗品:THE BLUE HEARTSですね。小学校のときに、友達が野音のライブ音源のCDを貸してくれたんです。それを聴いて……しびれましたね~。

こもり校長:友達の家で聴いたんですか?

粗品:そうですね。そのあとでCDを貸してもらいました。

こもり校長:小学生で、「一緒に聴こうぜ!」となったんですか?

粗品:パソコンが、一家に一台普及し出したころなんです。それで、YouTubeとかはないんですけど一緒に音楽を聴くとか、もともと入っているゲームのソリティアをやるとか……だったんですけど、その日は音楽を聴きましたね。

――「ちょっとこじらせていた」小学生のころに気づいたこと

こもり校長:(10代のころから)R-1に応募されたりもしていますけど、中高のころはどういう生徒だったんですか?

粗品:性格は、ちょっとこじらせていたかもしれないですね(笑)。「キモいのぉ」と思いながら、日々を……。

COCO教頭:“キモいのぉ”……(笑)。

粗品:小学校のときに、「こうやったら人気者になるんや」「こうやったらチヤホヤされるんや」って全部わかったんです。

COCO教頭:かしこすぎますって!

こもり校長:(笑)。

粗品:それで中学からは、「(周りの人たちは)こういう感じでやってるのね」って斜に構えてました。結構敏感やったし、冴えてましたね。

COCO教頭:一人っ子じゃないですか。きょうだいがいないと比べられないのでなかなか気づけないと思うんですけど、なんで斜に構えられるほどわかっていたんですか?

粗品:昔から俯瞰で見ることに長けているんですよね。今もなんですけど、自分の立ち位置というか「今の粗品がこれを言ったらおもろい」ということを言うようにしていたりするんです。

こもり校長:じゃあ、10代のころに感じたことが今につながっているんですか?

粗品:そうですね……その辺のセンスは、昔からありますね。

COCO教頭:粗品先生がおっしゃっても、嫌な気がしないですね(笑)。

粗品:そうですか!? いや~そうなんですよ~。

こもり校長:(笑)。10代のころに、悩んだことはありますか?

粗品:「先生キモいな~」とか(笑)。同世代は掌握できるんですけど、先生は力の差が……。こっちが間違っていなくても、年齢の差でうわっと言われるので……という悩みはありましたね。

COCO教頭:珍しい悩みですね(笑)。



この日の放送では……
・「部活や受験など、いざというときに結果を出せる人になりたいです。粗品先生の勝負強さのポイントを教えてほしいです」という高校2年生
・「第一志望ではない大学に進学し、後悔や孤独感があります。粗品先生は、そのようなときはどうしていますか?」という大学1年生
・「10年近く続けてきたピアノをやめようかと迷っています」という高校2年生
と電話をつなぎ、粗品さんとともにリスナーの相談に乗りました。

粗品さんは、4月17日(水)にファースト・アルバム『星彩と大義のアリア』をリリース。この日の放送では、アルバム収録曲「不条理な外連味」の初オンエアもありました。

★4/15mon-4/19fri★SCHOOL OF LOCK! SPECIAL WEEK★

----------------------------------------------------
4月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年4月24日(水)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/



Facebook

ページトップへ