石野真子が懐かしのヒット曲を披露!「OBCラジオまつり」大阪城公園で開催

毎回、多くの来場者でにぎわう「OBCラジオまつり 10万人のふれあい広場」(昨年の様子)

OBCラジオ大阪の恒例イベント「OBCラジオまつり 10万人のふれあい広場2019」が「勤労感謝の日」の23日(土)、大阪市中央区の大阪城公園・太陽の広場で開かれます。人気番組のパーソナリティらが大集合し、歌手で女優の石野真子さんのライブも開催。毎年行列ができる冷凍ズワイガニなど約30の販売ブースも並びます。入場無料。

■石野真子さんが懐かしのヒット曲を披露

OBCラジオまつりは1987年から始まり、今年で33回目。出演するパーソナリティは高山トモヒロさん、桂小春團治さん、若宮テイ子さん、里見まさとさん、原田年晴アナウンサーら。会場の特設ステージから午前9時~11時に特別番組の公開生放送を行います。

石野さんは午後1時~2時に登場。『わたしの首領(どん)』『狼なんか怖くない』など懐かしいヒット曲を披露し、そのステージも生中継します。学生時代から石野さんの大ファンだったという原田アナが飛び入り出演するかもしれませんので、お楽しみに!? また、OBCで番組を担当する歌手、大西ユカリさんや人気男性音楽グループ、SOLIDEMOのミニライブなども行われます。

■冷凍ズワイガニなど約30のブースも

冷凍ズワイガニを販売するのは、回転寿司チェーンなどを展開する大起水産。1箱(約1・5kg)5,000円で、当日午前6時から会場で整理券が配布されます。同社のブースではカズノコやエビ、サケ、シイタケなどの正月用食材も揃えます。このほか、各ブースでは食品や酒類などを販売。九州や北海道の観光物産、防災グッズのコーナーも設けます。

OBCの「ラジオ大阪ハッピーテント」ブースでは「2020ラジオ大阪カレンダー」を販売。番組パーソナリティやアナウンサーが勢ぞろいした楽しいカレンダーで、売り上げの一部はラジオ・チャリティ・ミュージックソンに役立てます。1,000円(税込)。「1314V-STATION&サラピンMIDNIGHT STATION」ブースでは番組グッズを発売します。

午後2時からは豪華商品が当たる大抽選会も開かれます。抽選番号は、会場に2ヶ所ある受付でお配りするプログラムに載っていますので、受け取るのをお忘れなく!!

開催時間は午前9時~午後3時。太陽の広場はJR大阪環状線大阪城公園駅から徒歩3分。小雨決行ですが、雨天時の開催については当日午前6時54分の放送とOBC公式Twitterでお知らせします。前日までの問い合わせは電話06・6577・1311(午前10時~正午)。

OBC公式Twitter

OBCラジオまつり 10万人のふれあい広場2019
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2019年11月23日 土曜日 9時00分~11時00分
出演者:若宮テイ子、大西ユカリ、高山トモヒロ、桂小春團治、河島あみる、原田年晴、和田麻実子

※該当回の聴取期間は終了しました。

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ