小原好美、1st写真集へのこだわりをたっぷりと語る!~「小松未可子のSunday Share Night」5月8日放送

 

文化放送で毎週日曜24時から放送中のラジオ番組「小松未可子のSunday Share Night」。

 

番組パーソナリティは声優の小松未可子さんです。

5月8日の放送では、ゲストに小原好美さんが登場。
6月に発売が予定されている小原さんの1st写真集には、小原さんが29歳のお誕生日を迎えてからの1年間の姿が収められています。
この写真集への様々なこだわりが、小原さんから語られました。

小原 例えばだけど、髪の毛がどんどん伸びていくから、そこらへんの変化とかもそうだし。あとは今回、一眼(レフカメラ)じゃなくてフィルム写真なんですよ。
小松 へぇ~!
小原 だから、普通の写真集であるすごい鮮明なものというよりはフィルム特有のちょっとした粗さとか、そういうものもすごい雰囲気が出るだろうし。あとはカメラマンさんもすごい表現豊かにいろいろ写真撮られる方なので、その人色に染めてもらおう、みたいなところとか。
小松 へぇ~!
小原 あとは、撮ってると「こんな風に写ってるよ」って確認が本来できると思うんですけど。
小松 そうだよね。
小原 フィルムはもう、できないので。
小松 あっ、そっか!撮り切って、後でだ。
小原 光もどんな感じなのか、とか。あとは昼間だけじゃないんですよ、撮ってるの。夜だったりとか、朝方、朝の3時から撮り始めたりとかっていうのもあったりするんで。
小松 え、3時!?すごい…。
小原 だから、色味がどう出るかとか、もしかしたら出ないかもしれないみたいな。
小松 賭けでもあるんだ。
小原 あの、全部賭けて撮ってきたので。上がってみないとわかんない、みたいな。
小松 え、すご~い!
小原 そこも一発勝負感があって、いいのかなって。で、季節にあった衣装とか、メイクとかもしていただいたので。普通に私たちの写真って言うと、作品関連の取材の写真とか、あとはインスタの自撮りとかもありますけど。だから、見せたことのない顔とかもあるかな~って。
小松 ええ~っ!どんな顔なの~?(笑)

この他にも、紙の素材なども小原さん含めたチーム全体でこだわって決めたという小原さんの1st写真集。
小原さんの写真集へのこだわりをたっぷりと聞いた小松さんは…

小松 いつかインスタライブとかでも、もう1ページ1ページめくりながら、こう「ここのこだわりはですね」「ちょっと今日は1時間じゃ収まりきらないので、また次回~!」みたいな感じで、ぜひぜひこだわり教えてほしい~!

と、小原さんの1st写真集に興味津々の様子でした。

 

≪『小原好美1st写真集』特設サイト≫
https://www.ohtabooks.com/sp/kohara-konomi/

 

「小松未可子のSunday Share Night」5月8日放送分はradikoタイムフリーで放送から一週間視聴可能です。

https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20220509000000

タグ

韓国出身音楽プロデューサー、Night Tempoが昭和歌謡の魅力を語る!

7月6日放送の「くにまる食堂」(文化放送)は、日本の昭和歌謡を愛する韓国出身の音楽プロデューサー、DJのNight Tempoさんをゲストに迎え、昭和歌謡の魅力などについて語っていただいた。

野村邦丸アナ「Night Tempoさんはとにかく日本の昭和歌謡、アイドルソング、シティポップが大好きということですが、好きになったきっかけは?」

Night Tempo「昔、父が海外のものを色々仕入れる仕事をしていたんですけど、その中に入っていた日本の曲を聞いて興味を持ってどんどん好きになっていきました。当時、欧米のディスコ曲とか色々聞いていたんですけど、日本の曲はユーロビートとかを日本の文化と混ぜて独特の音楽にしたんですよ。僕はそこが刺さったんだと思います」

邦丸「一番最初に刺さったのは誰ですか?」

Night Tempo「中山美穂さんの“CATCH ME”という曲で、角松敏生さんがプロデュースしたんですけど、その曲が好きになって今も一番好きなアーティストは角松敏生さんです」

邦丸「日本はK-POPがどんどん入って来てメインストリームになっちゃってるけど、Night Tempoさんはその逆ですね?」

Night Tempo「僕は新しいものを仕入れるよりは、当時に止まっているんじゃないかなと思ったりします。いつも音楽とかもカセットテープで聞いてますし」

邦丸「今、Night Tempoさんが日本に来たら真っ先に行きたいのが中古レコード屋さんなんでしょ」

Night Tempo「レコードやカセットを買いたいんですけど、部屋にいっぱいありすぎて最近は我慢してます」

そんなNight Tempoさんは細川たかしさんの「北酒場」をリミックスし、「細川たかし – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」というタイトルで現在、配信されている。

邦丸「Night Tempoさんのステージで北酒場がかかると、大盛り上がりするそうですね」

Night Tempo「アメリカとかでもかけるんですけど、意外とアメリカ人が好きだったりするのは、面白いです。アジアの独特なサウンドがあるけど、すごく踊れるビートは魅力あるんじゃないかと思います」

邦丸「日本にいるとなかなか気づかないよね。これからも日本の古い曲を生まれ変わらせるんですよね」

Night Tempo「忘れられた曲とか、今の若い人に聞いて欲しい曲をもっといろいろポップに紹介していきたいと思います」

Facebook

ページトップへ