アルピー平子祐希、コップの奥深さを知る!?

5月23日の「おとなりさん」(文化放送)は、コップアーティストのMakiko(まきこ)さんが登場。Makikoさんのコップ作りのこだわりや苦労について伺うともに、平子祐希のコップのこだわりも語られた。

平子祐希「コップア-ティスというのはどういった活動なんでしょうか?」

Makiko「いろんなコップを集めてきて、それに絵を付けて焼き付けるということをしてます」

平子「これはご自身で始められたのですか?」

Makiko「そうです。たまたまやってみて、そのまま作り続けている感じです」

平子「(Makikoさんの作ったコップの写真を見て)めちゃくちゃ良いですね」

Makiko「平子さんと坂口さんのコップも作ってきました」

平子「俺の似顔絵が描いてあって、下に平子って描いてある。ゆるさは感じるんですけど、逆に難しそうですね。あと、コップの底にウソって描いてある。怖っ!何これ?」

Makiko「怖いんですけど、“うそみたいなコップ”というブランド名でやっていて、私が作った印で入れてます」

平子「タグみたいなものですね。これ、どういう手法で描いているのですか?」

Makiko「転写紙っていう、ガラスに絵付けができるシートがあって、これを切ったりして、柄を作ります。それをコップにくっつけて釜で焼き付けをするんですけど、そうすると完全にプリントができます」

平子「洗ったりしても平気なんですか?」

Makiko「全然大丈夫ですね」

坂口「作品を作る時にこだわっていることは何ですか?」

Makiko「コップを使うという時というのが、一息つきたい時とか好きな人をもてなす時とかだと思うので、前向きでうれしくなるような言葉とか絵を付けるようにしてますね」

平子「コップってそうだね。後ろ向きにコップ使うことってないよね。前向きたい時の表れだもんね。コップを軽視してましたわ。日常にありすぎて。あと、コップを作る時にご苦労されてる点はありますか?」

Makiko「大変なことは全然ないんですけど、家がコップだらけになって。飲食店の方がコップを全部変えるからということで、使わなくなったコップを全部くださったりします。そういう感じにいらないコップを預かってくれる人になってます」

平子「コップ処理業者みたいな」

Makiko「地震が来るたびに困ってます」

坂口「ちなみに、平子さんのコップのこだわりは?」

平子「僕、コップ好きなんですよ。ガラス製品が好きでいっぱい持ってます。Iitaraというメーカーのものが好きなんですよ。あと、conranshopで夫婦のものを買ったりとか」

坂口「(平子夫婦のコップの写真を見て)薄いガラスできれいですよね」

平子「そんな薄くて割れやすそうだなみたいなことを。夫婦の。そこに乗っかったでしょ」

坂口「そういうこと言ってないです(笑)」

タグ

中元日芽香の「な」、海外からのお悩みにも答えます。「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったな」


『中元日芽香の「な」』が、7月4日(月)午前7時に更新され、3人のリスナーからのメール相談に中元が親身に答えた。

1人目は、とある大学生からの相談だ。

現在大学3年生で、勉強が難しくなり課題に追われている。勉強の他にもバイトや教習所など、新しく始めたことが多くある。元々不安を感じやすい性格ではあるのですが、最近は切羽詰まっていて何をやるにも不安で好きなことをしている時間も、私はこんなことをしていていいのかなと不安になる。どうすれば、不安を無くせますか?

「聞いていると日々のタスクをこなすのだけでも大変そう。考えてみれば大学もそうだし、バイトもそうだし、だんだん要求されるレベルが上がっていく。だんだん難しいことを要求され続ける中で不安を感じるっていうのは自然な感情。でも、日頃からやるべきことをちゃんとこなしている方だと思うので、そこは大丈夫。好きなことをしている時間は今日1日頑張ったんだから好きなことをする時間をする権利があるんだって堂々と楽しんでいい。今日勉強をして、バイトもやったんだから。好きなことをやるぞ!っていう風に堂々と楽しんで。自分ができていないことに目を向けると不安になると思うけれど、逆に自分ができていることに目を向けてあげると、少し安心できて不安が軽くなるんじゃないかな」

2人目の相談は、とある先生からの相談だ。

現在地元で先生をしているが仕事がとてもきつい。教育でミスがあると子供たちの将来も変えてしまうかもしれないなど、深く考えなくていいことも考えてしまう。さらに残業時間も長く、自分の時間もない。また元々先生は自分のやりたい仕事ではなかったということも、心が重い理由の一つかもしれない。現在やりたかった仕事に向けて転職も考えているが、区切りの3月まではなんとしても頑張っていきたい。なんとか心が軽くなる方法はないですか?

「責任感が強い方。先生も人間だし、今思うと私の学校にもいろんな人がいた。そんな中でも、生徒にとっていい大人でいなきゃっていう先生は生徒思いの素敵な先生。しんどい時とか心が重い時の対処の仕方っていくつかある。仕事以外の趣味に没頭するとかも一つの方法。あとその辛い時に仕事に関して、でもこれ自分がやりたくてやってるからとか、自分が選んだ仕事だから、っていうのも結構踏ん張る大きな力をくれる。だからそのカードが使えない中で、どのようにして日々を乗り越えようっていう方法が見出せないのは確かにつらい。あと体の疲れとか睡眠不足も心の余白?余裕?を奪っていく要素の一つ。やりたかった仕事に向けて転職も考えているということで、ご自身の明るい未来を思い描くことが、エネルギーになってくれたらいいな。あるいは、何もしない時間を作るのも逃避になっていい。スケジュール的に拘束されていたとしても、自分の心の中の自由は守ってあげてほしい」

3人目の相談は、インドネシアから、Spotifyを聴いているというリスナーからの相談だ。

私はいつも自分の人生で起こらなかったことを心配しています。例えばお仕事でミスがあったら先輩を怒らせちゃうかなということです。どうすればいいですか?

「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったなって思います。自分の人生で起こらなかったことを心配してしまう、これ共感できるなーっていう方いらっしゃるんじゃないかな。心配性であったり、根拠のない自信を持つのって難しいなーって感じるタイプかな?適度な心配がミスを回避してくれたり、自分を守ってくれることにつながるけど、あまりに心配が大きくなりすぎると漠然と不安になって落ち着けなかったり、なんとなく暗い気持ちになってしまったりっていうことになる。なので、自分のその心配性のおかげで、仕事を丁寧にできているんだっていう自信に変えられたらいい。問題が発生したら、その時対処すればいいかっていうふうに割り切ることも、心を守るためには、必要なことなのかもしれない」

Facebook

ページトップへ