ライブ配信サービスLINELIVE・ミクチャにて開催決定!「第4回歌ってみた甲子園」グランプリ・審査員賞は文化放送「QRソング」オフィシャルアーティストとして採用

文化放送グループの音楽出版社、株式会社セントラルミュージックが開催するWEBオーディション企画「歌ってみた甲子園」の第4回目は、ライブ配信サービス「LINE LIVE」及び「ミクチャ」にて開催することが決定しました。

「LINE LIVE」では6月9日(木)、「ミクチャ」では7月1日(金)よりエントリー受付を開始します。ライブ配信内でポイントランキング1位の獲得者には、豪華作家陣が制作するオリジナルソングの提供、さらにライブイベント連動型番組『TOKYOMXGirls Pop Paradise』にて披露・放送する権利が与えられます。

また、大会のグランプリ及び審査員賞受賞者は、文化放送の「QRソング」オフィシャルアーティストとして採用します。「QRソング」は、1961年6月に作詞を野坂昭如、作曲をいずみたく、初代の歌い手は人気絶頂のザ・ピーナッツという、豪華メンバーによって発表された文化放送のステーションソングです。その後もキャンディーズから嗣永桃子など、名だたるアーティスト達が歌唱しています。

「第1回歌ってみた甲子園」受賞者の「石ころの山田。」、「Chaco.」、「skip-A」3名に特典として書き下ろされた楽曲は、2022年5月20日に株式会社ドリーミュージックよりデジタルシングルで発売されました。本人がリスナーと共に勝ち取ったこれらの楽曲は、受賞者それぞれの特徴をよく捉えた仕上がりになっています。

▶石ころの山田。「L&PP」:https://dreamusic.co.jp/artist/ishikoronoyamada/

▶Chaco. 「アポジー」 :https://dreamusic.co.jp/artist/chaco/

▶skip-A 「skip A beat」:https://dreamusic.co.jp/artist/skip-a/

【オーディション概要】
オーディション名: 『第4回歌ってみた甲子園』 推奨ハッシュタグ: #歌ってみた甲子園
配信プラットフォーム: 「 LINE LIVE」 (LINE株式会社)、「ミクチャ」(株式会社Donuts
■HP: https://utamita.com/
■Twitter: https://twitter.com/utamitak

主催: 歌ってみた甲子園運営事務局/株式会社セントラルミュージック
後催: 株式会社文化放送・株式会社ドリーミュージック

楽曲提供: HΛL , KAZUAKI,  岡嶋かな多,  松田純一,  多田慎也, 上田起士 ,  綿貫正顕

総合プロデューサー: 小浜圭太郎
オーディション企画運用: Nuts&Chip(合同会社RenDan

 

<エントリー方法・応募規約>
歌ってみた甲子園公式ライン https://lin.ee/GSWRftk

■LINE LIVEエントリー詳細 https://live.line.me/event/12813

 

スケジュール
LINE LIVE
募集日程202269()1800分~2022615()2059
オーディション日程: 202269()1800分~2022615()2059(募集同日程)
最終審査: 20227月予定(進出者に決定次第お知らせ)

〈ミクチャ〉
募集日程: 202271()2022715()
オーディション日程: 2022716()2022731()
最終審査: 20228月予定(進出者に決定次第お知らせ)

タグ

FUJI ROCK FESTIVAL’22まであと3週間!今年の見どころは

ラジオ日本で放送中の『MUSIC DELIGHT』(毎週木曜日24時~24時30分)は、7月7日の放送で、FUJI ROCK FESTIVALを主宰する株式会社スマッシュの広報・ブッキング担当の高崎亮さんをゲストに迎える。

ラジオ日本『MUSIC DELIGHT』は、DJ・岡村有里子がトレンド情報を交えながら最新の洋楽、邦楽を中心にお届けしている音楽番組。また、大の「台湾通」でもある岡村が、今注目が集まる台湾の音楽シーンについても紹介している。

日本の夏の風物詩とも言えるFUJI ROCK FESTIVAL、通称フジロック。2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受け延期、2021年は国内アーティストのみでの開催となった。今年は25周年の節目の年、3年ぶりに海外アーティストを迎え、本来のフジロックの形を取り戻しつつ新たなフェーズに挑戦する。開催期間は7月29日(金)から7月31日(日)までの3日間。

広報担当の高崎さんは、今年の出演者のブッキングについて色々な制約があり難航したと語る。その中でも、これぞフジロック!と言えるアーティストや、新風を吹かせるアーティストなど幅広い豪華出演者が揃った。放送では、高崎さんが特に注目するアーティストや今年の見どころを伺うほか、開催に至るまでの取り組みなど、普段なかなか聞くことができないフジロックを陰で支える人たちの話も盛り沢山でお送りする。

フジロックに出会い人生が変わった高崎さんが語る、今年のフジロックの魅力をお楽しみに!

Facebook

ページトップへ