コンサドーレ・野々村社長「クラブの腕の見せどころ」リーグ得点王の離脱後を見据える

檀崎の復帰にも期待! ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和社長がSTVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』に出演。現在(6月18日時点)でJ1得点王争いトップのアンデルソン・ロペスの「移籍を前提にしたチーム離脱」ついて語りました。

野々村:選手にも色んなタイプがあって、色んなモノが整って、スゴくたくさんの人が応援してくれる良い環境でサッカーをすることで選手としての質を上げていきたいと思う人が多い中、とは言え、どれくらい稼げるかって言うことも含めて考えなきゃいけないとか。選手も色々な状況がある中で、ロペにとっても難しい選択だったと思いますけど、一回”そっち”をチャレンジしてみるという感じになったんであれば、もうこれは仕方ないかなぁ、という感じですかね。

吉川アナ:でも、(アウェイで3得点して勝利した)ルヴァン杯のように若い戦力でマリノスに勝ったという"ニュー・コンサドーレ"というのがあるなと思う中では、このロペスの移籍のニュースの受け止めも違うかなって思うんですけど。

野々村:サッカーは、そういうサイクルなんで。伸びた選手、頑張った選手が、別のもっと大きなクラブから評価されて、移籍していくって言うのは普通のサイクルですよね。移籍していく時にナンボかの移籍金が入れば、それを以て、そのクラブは次のサイクルをどう回して行くか。要は、ひとりが抜けたから負けて良いというワケでは当然なくて、ひとりが抜けても勝てるようにどうしていくかってことが、クラブの腕の見せ所でもありますよね。

アンデルソン・ロペスが残していくであろう移籍金で、コンサドーレはどんな"次のサイクル"を見せてくれるのでしょう。そんな中、オーストラリア1部のブリスベン・ロアーに半年の期限付き移籍していたMF檀崎竜孔が、コンサドーレに復帰する見込みとなったことに、野々村社長も期待を覗かせました。

野々村:戻って来て(再びレンタルに出ること無く)、チャレンジすると思いますよ。数字は残した(リーグ25試合に出場、9得点)。数字は残したけど、オーストラリアとJリーグじゃ全然、サッカーが違いますからね。

リーグ戦はもちろん、ルヴァン杯、天皇杯と全てのタイトルに勝ち残っているコンサドーレ。戻ってくる檀崎を含めて、若い選手たちが"得点王の穴"をきっと、埋めて余りある活躍をしてくれるでしょう!

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜日 あさ7:30~8:00)
 

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

GO!GO!コンサドーレ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 7時30分~8時00分
出演者:野々村芳和(北海道コンサドーレ札幌社長)、吉川のりお(STVアナウンサー)
番組ホームページ

北海道コンサドーレ札幌社長・野々村芳和さんと吉川のりおアナのアラフィフコンビがお送りする【痛快スポーツトークバラエティ】。サッカー番組のようでサッカー番組じゃない!?。誰でも今日からサポーターになれる、そんな番組です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

麒麟・川島、くっきー!に感謝「初めてライブに呼んでくださった先輩」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。7月31日(土)放送のお客様は、お笑いコンビ・野生爆弾 くっきー!さん。ここでは、麒麟がブレイクする前に、野生爆弾の2人にお世話になった(!?)エピソードを披露しました。


くっきー!さん



NSC大阪の13期生で、1994年に幼馴染のロッシーさんとお笑いコンビ・野性爆弾を結成。ネタ作りからコントの小道具まで、すべてご自身で手掛け、独特の世界観のコントで注目を集めます。2008年に拠点を大阪から東京に移し、“白塗り顔”で表現するモノマネ芸などでブレイク。クリエイターとしても作品を発表しており、「超くっきー図鑑 渡り鳥」(ヨシモトブックス) 「くっきずむ」(美術出版社)などの著書も。個展「超くっきーランド」は国内外で総来場者数50万人を記録。また、学生時代から音楽活動に精通しており、ロックバンド「ジェニーハイ」ではベースを担当。お笑い・アート・音楽と、多方面で活躍しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」7月31日(土)放送のゲスト:くっきー!さん



◆麒麟を初めてライブに呼んでくれた先輩

1996年、大阪時代の野性爆弾(左からくっきーさん!、ロッシーさん)



川島:麒麟の2人が最初にお世話になった先輩は野性爆弾さんなんです。初めてライブに呼んでくださった先輩。

くっきー!:そうやなあ。

川島:「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)に出て大阪でお仕事をいただいてからも、野性爆弾さんはライブに呼んでくれて。2006年かな? 「これはいける!」って思うネタができたんですよ。

くっきー!:会心の。

川島:「M-1」でずっと3位やったけど、「これは今年いけるわ!」ってネタができて。そうしたら、野性爆弾さんが「うめだ花月」のライブで「麒麟出てくれ」ってオファーしてくれてね。「うめだ花月」でしっかり漫才をやったら、自信があるネタやったのにめちゃくちゃスベッて、誰も笑わなかった!

くっきー!:(笑)。

川島:お客さんが満員で300人ぐらいいるのに、1個も笑いが取れへんまま(舞台の)袖にはけることになったら、くっきー!さんが「ごめんな」と。「俺らのことが好きな客やから、悪いことをしてしまった。ほんまはおもろいネタやねんけどな」って謝ってくれたんです。それで、次に野性爆弾さんが舞台に出てネタをやったんですけど、同じぐらいスベッて。「お客さんは何を観に来たんや!」と思いましたね(笑)。

くっきー!:ちょっと待ってくれよ。俺、今日この番組のゲストちゃうんか(笑)? お前、やってくれてるな(笑)。

川島:いやいや(笑)。2人きりでこういう話をあんまりしたことがないので、答え合わせをしたいんです。あのとき、どういう気持ちやったのか。麒麟に対して優しくしたあとに、同じ災難が(自分たちに)降りかかったわけじゃないですか(笑)?

くっきー!:たしかにな。なんで我々もスベッたんやろね(笑)?

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回8月7日(土)のお客様は、フリーアナウンサーの青木源太さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月8日(日・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

Facebook

ページトップへ