「縦読みするとア・グ・ネ・ス…天下獲る気満々だった」松本隆の初作のエピソードを紹介

マッチと同い歳で~す! ©STVラジオ

シンガーソングライターで"選曲家"の松崎真人が、日本の曲・日本語の曲を中心に"厳選かけ流し"(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。今週の20時台の特集は松本隆のB面曲&アルバム曲」。怒濤のようにアイドル路線中心の選曲でお届けします。その特集の前ふりが19時台に展開されました。(文中敬称略)

松崎:松本隆が歌謡曲の世界に入ってくるきっかけになったひとつのエピソードが、私が興味深く読んでいる音楽プロデューサーの木崎賢治の「プロデュースの基本」という本に書いてありますので、ちょこっとだけ抜き読みしてみたいと思います。

松崎:松本隆にはその頃、70年代ですよね、よく仕事をしていたエンジニアの吉野金次の紹介で、なんだんねぇ、有楽町のカフェで初めて会いました。彼は「風待ちロマン」という自分で書いた詩集を持って来ました。ナイーブで都会的で、いま思うと、村上春樹を彷彿とさせるようなクオリティでしたね、と木崎は評しております。歌謡曲の詩を作りたいと言っていたので、じゃあアグネス・チャンの詩を書いてみる?と聞いてみて、そこから松本隆との仕事が始まりました…ということなんですね。

松崎:木崎が元いらした渡辺音楽出版つまり渡辺プロで、「アウト・キャスト」というグループサウンズでキーボードを弾いていた穂口雄右が作曲して、松本隆が良い詞を書いて出来た曲が、この曲です。ちなみに、最初の歌詞の4行を横で書いて、その歌詞の頭一文字ずつを縦読みするとア・グ・ネ・スとなっているという、新人の作詞家志望の青年がおずおず出してくるような作品じゃないわけです。もう自信満々、仕掛け満々で、天下獲る気満々という…あるいはハッタリだったのかも知れませんが、それもまた良いじゃないですか。そんな遊びの部分も含めて、聞いてもらおうと思います。

松崎:奇遇なことに、この曲、演奏は「キャラメル・ママ」でございます。

M17「ポケットいっぱいの秘密/アグネス・チャン」

松崎:木崎がキャラメル・ママ、細野晴臣とか林立夫、松任谷正隆などのメンバーを集めて、この曲のセッション、リハーサルをしていたところ、当時のワーナー・パイオニアの偉いプロデューサーが来て「素人集めて何してんだ!」と言う逸話が残っております。木崎が自身の本にかいてらっしゃいます。こういう掟破りみたいなこをする人たちがいて、ブレークスルーが起こるということでして。

さらに今週は、先ごろ訃報が伝えられたフォーク・デュオ「風」の大久保一久を偲んだ選曲もお届けします。曲を紹介しながら語る松崎…なんか本当に寂しげです。

<9月18日のプレイリスト>
M01「悲しい気持ち/桑田佳祐」
M02「STAND BY ME/JOHN LENNON」
M03「秋からも、そばにいて/南野陽子」
M04「ケンとメリー〜愛と風のように〜/バズ」
M05「Ms.(ミズ)/南沙織」
M06「あの頃のまま/ブレッド&バター」
M07「SCARBOROUGH FAIR/CANTICLE/SIMON&GARFUNKEL」
M08「あの娘の素顔/風」
M09「防波堤/風」

M10「風は秋色/松田聖子」
M11「恋=Do!/田原俊彦」
M12「TIME ZONE/男闘呼組」
M13「DANGER ZONE/KENNY LOGGINS」
M14「青春は舟/ダ・カーポ」
M15「太陽は泣いている/いしだあゆみ」
M16「虹色の湖/中村晃子」
M17「ポケットいっぱいの秘密/アグネス・チャン」
M18「だれかが風の中で/上條恒彦」
M19「ハロー・トゥデイ~Hello Today/松原みき」
M20「少年時代/井上陽水」

M21「マイアミ午前5時/松田聖子」
M22「愛撫/中森明菜」
M23「ロンサム・シティー/西城秀樹」
M24「ルーム・キー/森進一」
M25「四月物語/近藤真彦」
M26「心象風景/太田裕美」
M27「ささやきの妖精/斉藤由貴」
M28「櫻の園/松田聖子」
M29「英雄/吉田拓郎」

<松崎真人の編集後記>
「四月物語/近藤真彦」…大滝詠一とのアルバム「EACH TIME」に収められた「木の葉のスケッチ」と同じシチュエーションで書かれた詞。かつて想いを寄せあった男女が「神様のくれた偶然」によって街で再会する、というストーリーなのだが、両者が違うのは主人公の年齢。「四月物語」のふたりはまだ若いので「このあと、お茶でもどう?」と男が問いかけるところで終わる。一方「木の葉のスケッチ」は誘いを受けた女性が「このあと予定があるから」と断るという結末。同じシチュエーションでも主人公の年齢層を変えることで作品を書き分ける。そうした「腕」が無ければ、感性だけでプロの作詞家を続けることは出来ないのだなあ、と思い知った1984年。(松崎真人)

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC☆J
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 18時00分~21時00分
出演者:松崎真人:(まつざき・まこと)シンガーソングライター、選曲家(北海道出身)。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活動。
番組ホームページ

twitterハッシュタグ:#musicj (番組OA中は、マニアックな話題で盛り上がります)

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになるかも。(ナイターオフ期は、火~金19:00からで、広島・RCCラジオでも同時ネット)。

※該当回の聴取期間は終了しました。

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ