コンサドーレ野々村会長「少し意識してもらえるようになった」チームの成長を感じつつ”ラスト出演”

これからはJリーグ全体のために! ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和会長が出演するSTVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』。3月15日のJリーグチェアマン就任を控えて、番組スタートに「コンサドーレ、野々村です」といってもらえるのも、今回がラストです。

冒頭ではサッカーの話の前に、クラブとしてのコンサドーレから「新しい景色を見に行こう~”ノノさんグッズ”」が発売されたことにツッコミを入れます。キーホルダーやポロシャツなどは良いとして、グッズの中に「どんぶり」があることに、この番組のリスナーが大いにザワついています。

吉川:(リスナーのツイート)こんなん、一部のリスナーが食いつくの必至じゃん。

野々村:一部のね。そうなんですよ、一部の人にちょっと笑ってもらえれば良いという魂胆でしょうね。(中略)これ、名前とかもいいし、Tシャツやポロシャツも絶対、かっこいいんです。ただ、1個、ふざけたのを入れたかったんですね。

クラブも粋なグッズを考えてくれました。と言うか、野々村会長も分かっていらっしゃいます。詳しくは、北海道コンサドーレ札幌の公式ホームページをご覧下さい。

さて本来のサッカーの話。コンサドーレは5日、アウエイでアビスパ福岡と対戦。0-0のスコアレス・ドローでした。

野々村:ペナリティエリアに入る数も、この数シーズンのコンサドーレからするとだいぶ少なかったし、ボールは持ってチャレンジはするけど、(ゴールに)辿り着かないみたいな感じ。で、オフサイドがこの試合、1個だけだったと思う。両チーム合わせて1個。その1個がVARで(コンサドーレのゴールを)取り消されたオフサイド。

野々村:だから、もう少しオフサイドが増えるくらい背後が取れれば良かったし。

吉川:そういう証拠なんですね。

野々村:もっと背後を取るシーンがあったら、また違ってたと思いますけど、その背後(を取れるチャンスが)があまり無かったと思うんです。これはこれで、コンサドーレ側からすると、いつも難し課題ではあるんですけど、まあ負けなくてよかったなと言うのと、ああなった場合、どうしなきゃ行けないのかと言うことを考えるきっかけにしなきゃいけないですね。

野々村:ちょっと前まで相手も「(対戦相手が)コンサドーレだからこうする」みたないなことは無かったし、(コンサドーレも)「少しでも自分たちの良さを出せればいい」っていうくらいだったんですが、もうちょっと上に行くには、色んな相手に対して、色んなことを考えられなきゃいけない、ってことなんでしょう。

吉川:(相手チームに)より警戒されちゃってるところはありますかね?

野々村:少し”意識してもらえる”ようになったって感じじゃないですか。

これまで”その他のチームのひとつ”くらいに思われていたコンサドーレを、”コンサドーレだから、こうしなきゃ”と思わせるチームにまで育ってきたのは、間違いなくノノさんの力があってこそでしょう。

そのノノさんこと野々村芳和会長が「コンサドーレ会長」として、土曜のあさに出演するのは、今回が最後でした。サッカー番組のはずなのに、なぜか大盛りグルメやらグレートなイントロやら、別の話題の方が多かった『GO!GO!コンサドーレ』。さあ、来週からどうなるのか?! それは、13日の特別番組の中で発表します。

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)

13日(日)は4時間の生特番!寿司ネタあり、競馬あり、そしてサッカーあり…何の番組?!

チェアマン就任直前に4時間生放送! ©STVラジオ

土曜あさのSTVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』のスペシャル生放送! 2017年から番組を盛り上げてきたコンサドーレの野々村芳和会長が、3月15日にJリーグのチェアマンに就任予定! 新たな門出を番組らしく華々しく祝いつつ、今後の『GO!GO!コンサドーレ』がどうなるのかも発表します! グルメな特別コーナーや競馬予想など、サッカー以外の話題もたっぷりの4時間の生放送!

STVラジオ特別番組『GO!GO!コンサドーレ ノノさんチェアマン内定スペシャル〜ありがとうの気持ち“おこめ”て〜』(3月13日・日曜日 13:00~17:00)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

GO!GO!コンサドーレ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 7時30分~8時00分
出演者:野々村芳和(北海道コンサドーレ札幌会長)、吉川のりお(STVアナウンサー)
番組ホームページ

ハッシュタグ:#GOGOコンサドーレ

北海道コンサドーレ札幌会長・野々村芳和さんと吉川のりおアナのアラフィフコンビがお送りする【痛快スポーツトークバラエティ】。サッカー番組のようでサッカー番組じゃない!?。誰でも今日からサポーターになれる、そんな番組です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ