森本稀哲、ファイターズの来季コーチ就任決定の心境を語る

10月24日放送のSTVラジオ『ひちょりのWA!!』では、来季の北海道日本ハムファイターズの外野守備走塁コーチに就任が決定したパーソナリティ・森本稀哲さんが、その心境を語りました。

吉川:今日のお昼に正式リリースになりましたけれども、森本稀哲さん、来シーズンの北海道日本ハムファイターズの外野守備走塁コーチ就任決定でございます!

森本:コーチです!俺コーチです!

吉川:一年前に新庄監督がメディアの前で「稀哲、一年後用意しておけよ!」というような発言があったじゃないですか。

森本:あれどこで言ってたんだっけなぁ。去年もこの時期は、結構やるんでしょっていう感じで言われていたんですけど。今年はね、意外と皆さんが、忘れている感じがあって。知り合いの人に就任を発表したら、ビックリしてた。去年のほうがなんとなく、みんなが入ると感じてたんじゃないかな、と思うんですよね。

吉川:BIGBOSSが一年後、準備しとけよというのが、多分本気だろうなって僕は勝手に思ったんで。新庄さんは、ああいうのは冗談じゃないだろうな、と思ってたんでね。

森本:新庄さんがそう言っても、フロントはそんなことないこともあるんですよ。例えばって言ってはくれてたんですけど。無いかもしれないし。でも今回正式にこうしてオファーを頂いたんで、自分の中でも、あっいよいよだなって思ってお受けすることになったんですけど。時期とかは、はっきりと言えないんですけど。新庄さんがそうやって思ってくれてて、球団もこうやってオファーをして頂いたということは、球団の意思でもあると思うんで、すごくありがたいですね。

吉川:正式決定の発表の後に、新庄さんとやり取りはしましたか?

森本:僕がコーチのオファーをお受けするタイミングが少し前。そこで、連絡をさせてもらって。僕も新庄さんとはちょくちょく連絡を取り合ってるんですけど。コーチの話をもらったときには連絡はしましたね。

吉川:そのときの新庄さんはマジトーンですか。いつもっぽい感じですか。

森本:難しいんですよね。新庄さんが言ってもそのことが本当に進んでいるかどうかわからないので、なんて言い方したらいいのかな。真に受けすぎると全然話が通ってないよ、みたいなことにもなるんで。こっちがいろいろとちゃんと判断していかなきゃいけない部分もあるんですね。なので球団からちゃんとしたオファーを受けた時に、ちゃんと感じました。

吉川:監督の希望はあるでしょうけど、監督だけの意見が通るわけでもないですよね。

森本:新庄さんが、例えば森本稀哲と言っても、球団側で優秀なコーチがいたり、ほかの方に声をかけてしまうってなれば、話は進まなかったと思うし。今回は新庄さんが多分言ってくれたと僕は思っているんですけど。どういう経緯かはわからないんですけれども、しっかりオファーを受けたっていう事実は僕は受け取ってるんで。いろいろ考えましたけど、まずは自分の夢でもある、指導者・コーチっていうことをやらせてもらえる幸せというか、今はもう高揚しています。

吉川:ビッグボスが就任する前から、「コーチというユニフォームを着てまたやりたくないんですか」ってこの番組で話をしたときに、僕が、稀哲さんの言葉で忘れられないのが、「それはやりたいよ、教えたいよ、グラウンドに戻りたいよ」ってすぐに言うのかと思ったら。「いや、やっぱり教えるってすごく選手に対する責任があるから、簡単に飛びつく話ではない」って言ったのを僕すごく覚えてるんですね。

森本:スクールじゃないからね。選手からお金をもらって教えるわけじゃないんで。お互いにプロなんでね、生徒でもないし。僕も初めてなんで、チャレンジなんですけど。コーチのオファーを受けて、やらせてもらおうと思ったときに、どの立ち位置でどういう目線でやるべきなのかっていうのは、やっぱり難しいですよ。俺が、じゃあうまくしてるよって言うことなんかまず無いし。良い外野手を作ろうとはもちろん思ってますけど。

森本:こればっかりは、選手の気持ちが一番なんで。野球がうまくなるのは、子どももプロ野球選手もみんな一緒なんですよ。まず自分が前向きに、ポジティブに物事を捉えられたり考えられたりするときに、すごくうまくなるんで。選手が嫌だって言ってるのに、こっちがそうやれって言っても、マイナスなことが起きちゃうんで、でもコーチは何か言うことが仕事だ、みたいな勘違いすると、そこですごいマイナスなことが起きてしまうので。いま僕は感じているのは、一緒にうまくなっていければいいなっていう、感覚があって。自分のアドバイスでも良いし、自分が見守るだけでも良いし、それがその選手プラスになれば良いな。そういう感じで思ってるんですけど、相当難しいと思いますね。

ひちょりのWA!!
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週月曜 21時00分~22時00分
出演者:森本稀哲、吉川のりお
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

街裏ぴんく R-1優勝の裏に笑福亭鶴瓶の言葉「ベタもできるようにしときや」

笑福亭鶴瓶が5月12日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に出演、『R-1グランプリ2024』(関西テレビ/フジテレビ系)で優勝したピン芸人・街裏ぴんくにアドバイスを送った。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく

2017年ごろから交流があり、街裏ぴんくの“嘘漫談”を気に入っている鶴瓶。ここ数年は「会わん方がいいかな」と思い共演はしていなかったが、R-1優勝をきっかけにまた番組で共演できたことを喜んでいた。

「鶴瓶さんは恩人です」と語る街裏ぴんくは、鶴瓶からかけられた言葉で印象に残っているものが数多くあるという。

その一つが「ベタもできるようにしときや」。

メールで年始の挨拶をした時に鶴瓶さんから返ってきた一言で、これを見た街裏ぴんくはハッとした。以前『桃色つるべ』(関西テレビ)に出演した際に漫談を披露した街裏ぴんく。ももいろクローバーZとは初対面ではあるが、鶴瓶にも“こんなネタあるんですよ!”と見てもらいたい一心で劇場でもあまり披露していないネタを選んだという。

「変にかかりすぎて、全然だったんですよ。“いやおもろいネタあるやん”と(鶴瓶)師匠が言ってくれて」

鶴瓶が以前から気に入っているという“アンパンマンのネタ”をももクロに見せたらと提案してもらい、改めて披露したネタはしっかりと笑いをとったという。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく

その経験から、初見の人がいる時のネタの選び方などの意識を学んだ街裏ぴんく。街裏ぴんくの中での“ベタ”とは“広く伝えること”だと考え、それが試せる場としてR-1の存在があったという。鶴瓶さんから言われた「ベタもできるようにしときや」という言葉で意識が変わり、今回の優勝に繋がったと語った。

鶴瓶は「サービス精神でもあり、俺への優しさでもあり」とその気持ちを汲みつつも、初見の人を中心に考えた方が良いとアドバイス。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく、上柳昌彦

ラジオで話す内容についても「なんべんコスってもええねん。初めての人多いねんもん」と語り、これからR-1優勝を機に、初めて街裏ぴんくのことを知る機会が増えた今「絶対ウケなあかん」と鼓舞した。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ