ADジャニオタ・初の栗ご飯作り!バナナマンは何点つける?

TBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』
毎週金曜 深夜1時〜3時 放送中!

2020年10月2日(金)

今週は、私ADジャニオタからバナナマンさんにお願い事がありました。

設楽「なんか、ジャニオタが頼み事があるらしいんだけど。」

日村「え?何?」

ジャニ「今、新婚なんですけど旦那さんに栗ご飯を作ってあげたくて、でも作ったことがないので栗ご飯がお好きなバナナマンさんにアドバイスを頂けないかと思いまして。」

設楽「今まで栗ご飯作ったことないんだ!」

ジャニ「はい、ないんです。」

日村「それは、旦那さんに作ってあげたいよね。」

設楽「俺たちが、先に味見させてもらっていいんだね?」

ジャニ「はい!ついさっき栗ご飯を作りました。」

設楽「お〜!いい香り!見た目は100点!栗は生の栗から作ったの?」

ジャニ「いえ、剥いてある栗から作りました。」

日村「生の栗のほうがいいもんなの?」

設楽「俺は、生の栗から剥いて作るのが好きだけど時間がかかるんだよね。」

ということで、お2人に召し上がっていただきました。


設楽「今年初の栗ご飯だ!うん、美味い!」

日村「美味いね!」

設楽「でも、ごま塩が欲しいな。あと俺は栗がゴロゴロ入ってるのが好きだからもっと栗を入れてほしい!」

日村「ごま塩かけると、さらに美味しい!」

設楽「これは旦那さんに作ったら喜ぶよ!」

ジャニ「本当ですか?よかったです!ただ・・・栗ご飯だけだと旦那さんに“おばさん”だと思われそうなので、他のアレンジも考えてみました。」


【栗ご飯+天かす+麺つゆ】

設楽「え、天かすに麺つゆ?栗ご飯は素朴な味が美味いのに・・。」

日村「やべぇ、美味いよ!」

設楽「嘘!?・・・う、美味い!俺はこれは反対だと思ってたけどいいね!」


設楽「日村さん完食してるじゃん!」

日村「なんか火がついちゃって、栗ご飯てこんなに美味いんだね。」


ジャニ「ありがとうございます!実はまだあります。」

設楽「まだあるの?」

【栗ご飯+バター+醤油】

設楽「これは絶対美味いよ。俺は、元々バター醤油ご飯が好きだから。」

日村「うっま!何これ全部美味いじゃん!」

設楽「ここ最近食べたご飯の中で、ナンバー1だよ!」


設楽「どれが一番好きだった?」

日村「揚げ玉(天かす)かなぁ。」

設楽「バター醤油ご飯に天かすを入れても絶対美味しいと思うな。」

ジャニ「ありがとうございます!実はまだあります。」

設楽「まだあるの?」

【栗ご飯おはぎ】

設楽「え、栗ご飯をおはぎにしたの?」

日村「やばいよ、夜中の2時すぎにもうご飯3杯食べてるんだから!」


設楽「めちゃくちゃ美味いじゃん。こういうのって、全部美味かったらダメなんじゃないの?笑」

日村「でも、美味い!」

設楽「出し方(順番)最高じゃん!これは店の出し方だよ。」

日村「ご飯に塩みがあるからより美味いね。」

設楽「旦那さんに出したら、ちょっと引くと思うよ!こんなの作れるの?って。」

日村「ほんとだね!今年食べた中で(この栗ご飯が)一番美味かったかもしれない。」

設楽「100点だよ!俺たちキングオブコントでさえ、100点出さないんだからね!笑」

バナナマンさんが美味しいと言って下さったので、自信を持って主人に出したいと思います!


《栗ご飯レシピ》
今回、おはぎを作ることも考えてもち米を多めにしました。

ごはん(1合)、もち米(1合)、むき栗(適量)、白だし(大さじ2)、料理酒(大さじ2)、を先に入れてから水を2合のメモリまで入れて1時間ほど浸けておきます。その後、炊き込みご飯用で炊くと約1時間で出来上がり!

塩も入れようか迷ったのですが、入れませんでした。それを設楽さんに伝えるとごま塩で調整できるから塩は入れなくて大丈夫!とのアドバイスも頂いたので、今回の作り方には事前に入れなくていいそうです。

ぜひ、皆さんも作ってみて下さいね!

それでは、また来週!
バナナムーンGOLD:ADジャニオタ

タグ

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ