一生かけても使いきれないほどの大金を手にしたら? TOKAI RADIO『Paradise』

東海ラジオ『Paradise』(月~金9:00~11:00)は「あなたの人生がパラダイスに!」なるように、オトナな音楽、カルチャー情報、医療や介護の問題、ホットなエリア情報、役立つ生活情報、ショッピング情報など、様々な情報を持ち寄って、ホッと一息つける時間を演出する番組。DJは神野三枝。9月21(木)のオープニングトークは、お金の話からスタート。

「最近、すごく驚くのが、週に1回、食材の買い出しに行くんですが、レジを通しているときに、1000円の桁の数字が猛スピードで上がっていくような気がするんですよ。ひえーっ!となりますよね。ものは高いし。『この間、税金払ったばっかりじゃない、またきたよ』なんて、お金払うことばっかり」

「そんな中で、今、私が住んでいるマンションの修繕積立金が、どうやら大幅に値上げしなきゃならないという話になっているんです。正直、思っちゃうんですよ。マンション購入前には、いろんな計画書みたいなものを見て、納得して買うときに、もっと、ここの修繕積立金をきちんと出しておけばいいのに『すごく安いから、いいね、そんなにかからないんだね』と思ったのもあるんですね」

「何で今になってこんなに大幅に上げるの!ていう。でも、周りの友人たちの話を聞いても、結構、修繕積立金が上がっていると聞くので、物価も違うし、これは払わなきゃいけない、当然のものなんだなあと思って、受け止めるしかないわけですが、本当に、お金の心配のない生活をしたいなって思いますよね」

「そこで、株式会社ビズヒッツが、全国の男女500人を対象に、お金の使い道に関する意識調査を実施しました。『一生かけても使いきれないほどの大金が手に入ったとしたら、あなたは何をしますか』という質問。私だったら、まず、住宅ローンを完済します。それから、親を高級介護付き老人ホームに入れてあげたいと思います」

「アンケートの結果は、1位『旅行や趣味に使う』35%、2位『マイホームを購入』27%、3位は飛ばして、4位『贅沢して生活水準を上げる』18%、5位『家族のために使う』6位『投資して増やす』この期に及んで、まだ増やしたいと思うんでしょうかねえ。7位『起業する』と『ローン返済』」

「えっ!ローン返済を真っ先に考えないのかなあって、私、不思議なんですけど。お金があるから金利なんて苦にならないということなんでしょうか。9位『働かずに暮らす』いいですよね。どこまで飽きずに暮らせるかということですけど。そして10位が『貯金』使いきれないほどあるのに、まだ貯金するという堅実な方もいらっしゃいます」

「3位を飛ばしましたけれど、何と3位は『寄付・社会貢献』だったんです。ローン返済より社会貢献が上って、私、意外すぎて、びっくりいたしました。しかし、裏を返せば、自分の今の生活が精いっぱいで、寄付などとてもできる状況ではないので、一生かけても使い切れないほどの大金が手に入らないと、できないということを言っているようなものですよね。

とはいえ、お金に余裕があれば、社会に貢献したいという気持ちが、根底にはあるということを知ることができて、これは素晴らしいことだと思って、私もそういう考え方をしなきゃなあと勉強になりました」

Paradise
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~11時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

街裏ぴんく R-1優勝の裏に笑福亭鶴瓶の言葉「ベタもできるようにしときや」

笑福亭鶴瓶が5月12日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に出演、『R-1グランプリ2024』(関西テレビ/フジテレビ系)で優勝したピン芸人・街裏ぴんくにアドバイスを送った。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく

2017年ごろから交流があり、街裏ぴんくの“嘘漫談”を気に入っている鶴瓶。ここ数年は「会わん方がいいかな」と思い共演はしていなかったが、R-1優勝をきっかけにまた番組で共演できたことを喜んでいた。

「鶴瓶さんは恩人です」と語る街裏ぴんくは、鶴瓶からかけられた言葉で印象に残っているものが数多くあるという。

その一つが「ベタもできるようにしときや」。

メールで年始の挨拶をした時に鶴瓶さんから返ってきた一言で、これを見た街裏ぴんくはハッとした。以前『桃色つるべ』(関西テレビ)に出演した際に漫談を披露した街裏ぴんく。ももいろクローバーZとは初対面ではあるが、鶴瓶にも“こんなネタあるんですよ!”と見てもらいたい一心で劇場でもあまり披露していないネタを選んだという。

「変にかかりすぎて、全然だったんですよ。“いやおもろいネタあるやん”と(鶴瓶)師匠が言ってくれて」

鶴瓶が以前から気に入っているという“アンパンマンのネタ”をももクロに見せたらと提案してもらい、改めて披露したネタはしっかりと笑いをとったという。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく

その経験から、初見の人がいる時のネタの選び方などの意識を学んだ街裏ぴんく。街裏ぴんくの中での“ベタ”とは“広く伝えること”だと考え、それが試せる場としてR-1の存在があったという。鶴瓶さんから言われた「ベタもできるようにしときや」という言葉で意識が変わり、今回の優勝に繋がったと語った。

鶴瓶は「サービス精神でもあり、俺への優しさでもあり」とその気持ちを汲みつつも、初見の人を中心に考えた方が良いとアドバイス。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく、上柳昌彦

ラジオで話す内容についても「なんべんコスってもええねん。初めての人多いねんもん」と語り、これからR-1優勝を機に、初めて街裏ぴんくのことを知る機会が増えた今「絶対ウケなあかん」と鼓舞した。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ