サクラセブンズ内海春菜子選手の気持ちの強さはどこから?

内海春菜子選手

7人制ラグビーは15人制のラグビーとルールとフィールドの大きさは同じ。広いフィールドを少ない人数でカバーするため、ボールが大きく動き、15人制よりもスピーディーに試合が運ばれたり、一発逆転だったり、最後まで何が起こるか分からないところが魅力だ。スピード重視とはいえ、ハードなコンタクトプレーは変わらない。女子の日本代表、内海春菜子選手は身長160センチと小柄だ。

実際お会いして、目の前でニコニコ笑ってる可愛いらしい女性とグランドで果敢にタックルして、相手選手を置き去りにして疾走する内海春菜子選手とのギャップが大きすぎるというのが第一印象。ところが、お話が始まると、エピソードのひとつひとつが内海選手の気持ちの強さを表していた。

例えば、ラグビーを始めた幼稚園の頃、ボールを持ったらとにかく走れと言われて、走ってトライ取れるのが凄く嬉しくってラグビーの虜になった内海選手、脚の速さは早い男の子と競走していたというからかなりのものだ。ラグビースクールに女の子は内海選手ひとり。「女子がいるみたいな感じで舐められるじゃないんですけど、標的とかにされるのが悔しくって、男の子にもやり返していた」。勝気な少女だったわけだ。

長じて高校時代、大学時代に膝の前十字靭帯断裂という大けがをする。しかも通算3回。選手生命を脅かしかねないケガ、手術の後は10か月近いきついリハビリもある。気持ちが切れても仕方ないところだが、内海選手は全然、選手もう辞めようかなとかも思なかった。

内海選手が繰り返し言っていたのが、仲間の存在の大きさ。遠征、合宿の繰り返しでほとんど家にも帰れない生活の中で、高めてもらったり、支えて貰っている家族のような存在。

しかし、今はその仲間とオリンピックを前にメンバー争いの真っ只中だ。オリンピック経験者の先輩からは「良くも悪くもオリンピックが近くなると、自分が普通でいなくなってくると聞いている」。そんな大事な仲間がライバルになる、得も言われぬ緊張感の中で余計な邪念を振り払って、今行われているセブンスの大会ひとつひとつに集中し、その中で自分のパフォーマンスを発揮することにフォーカスする内海選手は心技体、全てがしなやかで強い人で、現代のやまとなでしことは、こういう人なんだろうなと思った。

相模原市出身、横浜でプレーする内海選手がパリで疾走する姿が見たい。

頑張れ!内海選手!!

日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 15時30分~16時00分
出演者:モリタニブンペイ、安藤咲良
公式X

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

SixTONESのラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』の魅力

来年でグループ結成10周年、CDデビュー5周年を迎える6人組アイドルグループ・SixTONES。7月10日(水)には、通算13枚目のシングル「GONG/ここに帰ってきて」をリリースしました。

当記事では、SixTONESがパーソナリティを務めるラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)の魅力を、過去の放送エピソードとともに深堀りしていきます。

Facebook

ページトップへ