荒川龍太選手、日本ローイング界初のメダルを目指して

荒川龍太選手

その時、世界は驚愕し、日本人は横浜出身のこの若者を誇りに思う!!荒川龍太選手が切り開く歴史的なローイングの未来!

トレーニングする荒川と川の神様、龍を名前に持つ荒川龍太選手は、その名の通りローイングの申し子だった。

神奈川の進学校、聖光学院から一橋大学、秀才アスリートという経歴に注目が集まるが、「ローイングは記録という絶対的な数字が出る。自分が頑張った分だけ結果が出てくるというところが勉強に似ている。」という。

ローイングは、あまたあるスポーツの中で一番厳しくて過酷と言われる。選手に求められるのは長時間の高出力。特にシングルスカルは一度前に出られると追いつくのが難しいという特徴があり、選手は約5分もの間非常に過酷な運動を求められる。そんなローイングでトップ行くには、他の選手以上に厳しいトレーニングを積み重ねる努力が必要になるのは当たり前。人の何倍もの努力を地道に積み上げ、それが数字に出る。確かに、こんなに荒川選手の性に合った競技はないだろう。

2023年ローイングワールドカップ第2戦、ボート男子シングルスカルで銅メダルを獲得した。スポーツニュースで体重制限がないこの種目で日本人でメダル獲得は初めてと大きく紹介されたが、この本当の価値を僕は理解していなかった。「世界のレベル差と日本の現状でのレベル差を考えると陸上の世界大会の100メートルで日本人が表彰台に立つぐらいのインパクト。」それは陸上ではまだ誰も成し遂げたことのない、歴史的な偉業だったと気づかされた。

「パリでは日本ローイング界初のメダルを目標にやってます。」それは誰も見たことのない景色だ。いや、これまで夢見た人すらいなかったかもしれない。日本のローイング界の道なき道を行くパイオニア、荒川選手は日本のローイング界にある身長2メートル、100キロ越えの選手に勝つのは無理という諦めのバイアスを変えていきたいという。荒川選手がパリの空に日の丸を掲げる時、世界は驚愕するだろう。そして、日本人は横浜出身の若者の歴史的快挙の意味を知る。そんな瞬間を一緒に歓びたい。がんばれ、荒川龍太選手!

日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 15時30分~16時00分
出演者:モリタニブンペイ、安藤咲良
公式X

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ