日本のフィットネス産業を牽引する吉田正昭さんが登場!

高島麻衣子がDJを務めるFMヨコハマ『プラする〜あなたにプラスするラジオ〜』[8月20日(日)、8月27日(日)放送]は、日本フィットネス産業協会専務理事・吉田正昭(まさあき)さんにお越しいただき、フィットネス業界について、また水泳の池江璃花子選手をオリンピアに育てた秘話などをうかがいました。

吉田正昭さんは、1956年大阪生まれ。大学を卒業後、株式会社ピープル(現在のコナミスポーツ株式会社)に入社。その後2004年に株式会社ルネサンスへ転職し2011年には社長に就任。日本フィットネス産業協会会長を経て、現在は日本フィットネス産業協会専務理事を務められています。また、ルネサンスの顧問でもいらっしゃいます。

フィットネス産業界の重鎮である吉田さん。ご自身のスポーツ経験の歴史を紐解くと、小学生の頃へと遡ります、小学校の担任の先生が学業とともにスポーツ教育も熱心に指導される方で、夏は水泳、冬はサッカー、春夏は野球・ソフトボールとシーズン毎に選抜チームを作り、大会などに出場できるよう練習を重ねていたとか。そんな中、吉田さんは小学五年生の時に水泳の代表選手として試合に出場するようになり、成績も残されたそうです。

その後、高校に入学時からフェンシングを始められた吉田さん。当時はまだメジャーではなかったスポーツであるフェンシング。高校・大学とフェンシング三昧だった後、株式会社ピープルに入社。「スポーツクラブに就職すれば、フェンシングを続けられるはずだ!」との思いは叶わず、水泳とコーチとして従事。「選手コース」も担当され、トップアスリートの指導のため、コーチとしての勤務とは別に週に5日は勉強の日々だったそうです。

その後、株式会社ルネサンスに転職。そこで、水泳の池江璃花子選手と出会います。その頃池江さんは13歳。初めて池江さんの泳ぎを見た際に「今までに見たことが無いスケールと日本人としては稀な技術を感じた」と語る吉田さん。「これは日本代表として世界で活躍する選手になる」と直感されたそうです。その後、池江選手はすぐに頭角を現し数々の大会に出場。次々と日本記録を樹立するなど日本のトップ選手となります。誰もが更なる活躍を期待する中、「白血病」という衝撃的なニュースが日本中を駆け巡りました。療養中も池江さんを励まし続けたという吉田さん。療養から1年7ヶ月後に見事復帰を果たした後も、ブランクによる体力や筋力の低下など、沢山のリスクの改善点などをアドバイスされたそうです。池江選手の復帰には多くの方々がチームとなってサポートをされたというエピソードも聴かせて下さいました。

吉田さんの座右の銘は「虚心坦懐(きょしん たんかい)」(先入観を持たず、広く平らな心。また、そうした心で物事に臨む態度の事)「人と人との繋がり」を大切にする吉田さん。人事異動や新たな出会いがある際、前評判などは気にせず常にフラットな状態で接するように心がけていらっしゃるそうです。「人を大切にする」それは吉田さんがずっと胸に抱いている事。株式会社ルネサンスの企業理念「生きがい創造企業」にも通じますね。

吉田さんの今後のフィットネス業界を通じての目標は、スポーツ庁が推進する「体力テスト」を一人でも多くの方に受けて頂く事。「体力テスト」の結果によって得た個々のデータを元に体力づくりをして頂きたいそうです。人生100年時代と言われている今、健康で長生きする!大切な事ですよね。「体力テスト」によって変化をもたらした方々のエピソードなどは大変興味深いです。ぜひradikoのタイムフリーでお聴き下さい!!

プラする~あなたにプラスするラジオ~
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 5時30分~6時00分
出演者:高島 麻衣子
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ