R&BシンガーTina(ティナ)さんが始めた新たな挑戦とは?

Tinaさんは1999年に「I’ll be there」でメジャーデビュー。同年発売の1stアルバム「Colorado」は、日本のチャートで初登場1位を獲得。デビューした年に早くも日本の女性R&Bシンガーとして確固たる地位を確立します。その後2000年にはコーヒーのCMにも出演。2003年からは、活動の拠点を海外に移し、海外アーティストとの交流を広げ、国内外を問わず活動されています。

お父様がプロのジャズサックス奏者であるTina さん。幼い頃からお父様がサックスを練習している姿を間近で見たり、ジャズのコンサートによく連れて行ってもらったりと、いつも音楽と触れ合っていたそう。お父様のライブでジャズのスタンダードを知り、やがて歌うようになるTinaさんですが、実は最初はシンガーになる為のレッスンでは無く、3歳の頃からピアノを習っていたそうです。ところが「ピアノの練習は、全然楽しくなかった」との事。ところがピアノのレッスンの中でも唯一「ソルフェージュ(楽譜を読み、正しい高さとリズムで歌う練習科目)」だけはお好きだったとか。

R&Bシンガーとしてデビューを果たしたTinaさんですが、当初はジャズシンガーを目指していたのだそうです!その転機となったのは、高校生の頃に観たミュージカルコメディ映画「ブルース・ブラザーズ」この映画に出演していたソウルの女王・アレサ・フランクリンの歌う姿を観た際、「魂の叫びのような歌声」に心を揺さぶられ、R&BやSOULにのめり込んでいったと熱く語って下さいました。

Tinaさんの座右の銘は「仁義を通す」音楽も日々の生活もやはり人と人との繋がりが全て。「デビューから25年を迎え、やはり自分一人では今日という日に(シンガーとしての)自分は居なかった」と語るTinaさん。その感謝の気持ちは年々高まっていらっしゃるそうで、感謝の気持ちや御恩を決して忘れず、筋を通す!これが信念なんですって。

2週目は、音楽業界においての昔と今のセールス方法の違いやプロモーション方法の違いいについて伺いました。そんな中、今回のニューシングルでは、ファッキンJAYさん作の漫画「カマす!Tina無双(むそう)」が展開され話題になっています。こちらはシングルの話もありますが、初回に話されていた豪快話が大変面白くコミカルに描かれているので、ぜひ漫画の方もチェックして下さい。

ソウルフル歌声のイメージとはまた違った一面を感じる気さくなお人柄が伝わってくるTinaさんの音楽トーク。Tinaさんは来週9月10日(日)にも登場。9月3日(日)の放送はradikoのタイムフリーでお聴き下さい!

プラする~あなたにプラスするラジオ~
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 5時30分~6時00分
出演者:高島 麻衣子
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

【特別公開】テリー伊藤、辛坊治郎、笑福亭鶴光の3人に、小池百合子都知事からメッセージが届く!

ニッポン放送は、開局70周年を迎えることを記念して、開局記念日の7月15日(月・祝)に17時間の大型特別番組『ニッポン放送開局70周年特別番組 笑顔にナーレ!』を放送。

(前列左から)笑福亭鶴光、テリー伊藤(後列左から)辛坊治郎、増山さやか

13時から15時に放送された『のってけゴールデンズーム』では、冒頭からパーソナリティのテリー伊藤、辛坊治郎、笑福亭鶴光の3人による、予定通りに行かない同時喋りが止まらない中、番組アシスタントの増山さやかアナウンサーが思わずカットイン。この番組に特別に宛てられた、小池百合子東京都知事からのメッセージを紹介した。

 

増山アナウンサーが最後まで読み上げると、3人は驚きながらも感激している様子だった。その後は「ニッポン放送に初めて来た日」などをテーマに2時間喋り倒し、未来への目標を語って番組を締めくくった。

【番組概要】
■番組タイトル『ニッポン放送開局70周年特別番組「笑顔にナーレ! のってけゴールデンズーム」』
■放送日時:2024年7月15日(月・祝)13時~15時
■出演:テリー伊藤、辛坊治郎、笑福亭鶴光、田中美和子、増山さやか(ニッポン放送アナウンサー)
■番組ハッシュタグ:#笑顔にナーレ

Facebook

ページトップへ