【ラジオな人】ミス・ユニバースにも挑戦!「とにかく人を楽しませたい」茨城放送・菊地真衣アナの流儀

©radiko news

以前、ラジコからSNSで「地元のおすすめラジオ番組を教えてください」とみなさまにお伺いしたところ、非常にたくさんの番組が寄せられました。

今回はその中でも、推薦が多かった番組のひとつ、IBS茨城放送『菊地真衣のこんなんで、いいのかYO!?』(火曜 20時〜21時)のパーソナリティ・菊地真衣アナウンサーに突撃インタビュー!

番組の聞きどころや、菊地さん自身について伺いました。

自分の殻を破る番組に

リスナー参加型のコーナーが多く、全国各地からメールが届きます。コーナーの内容は菊地アナが自分で考え、メールの選定も菊地アナが担当。ステッカー、タオルなどのデザインや、ラジコの再生画面に表示されるイラストも、自分で描いています。

――番組がスタートして丸4年ですが、『こんなんで、いいのかYO!?』が始まったきっかけは?

菊地:放送開始の1ヵ月ぐらい前に「この時間で何か番組を考えて」って言われたんです。その時はまだ番組のアシスタントしかやったことがなくて、ひとりしゃべりをやったこともなくて、どんな内容にすればいいのか分からないから「内容がないYO!?」みたいにしようという話も出ました(笑)。でも、メールがくるかも分からないから、コーナーをたくさん考えたら今度は詰め込みすぎて「こんなのでいいのか!?」という話になって。それでいっそのこと、“いいのか”と“火曜”をかけて『菊地真衣のこんなんで、いいのかYO!?』に決まりました。

――初回から今のような雰囲気でいこうとしてましたか?

菊地:アシスタントはパーソナリティを立てる役割なので、『こんなんでいいのかYO!?』が始まるまでは、リスナーの皆さんから「真衣ちゃんは清楚で大人しめだねぇ〜」と言われることがあったんです。そういうイメージが定着すると、あまり“幅”が出なくなってしまうし、「本当の自分はこんなんじゃない」というモヤモヤもあって、自分の殻を破る番組にするべく、思い切ることにしました。

――菊地さんは『こんなんで、いいのかYO!?』のほかに、たかとりじゅんさんとのワイド番組『HAPPYパンチ!』(月曜〜金曜 9時〜12時55分 ※菊地アナは金曜担当)、一人で喋るワイド番組『4Me』(土曜 9時〜13時)と『お誕生日おめでとう』(日曜 16時〜16時20分)の4つの番組を担当しています。それぞれ、雰囲気が異なる喋り方をしています。

菊地:最初の頃は「どれが素の菊地さんなのか分からなくて困惑する」とか「 どの番組の菊地さんを信じたらいいですか?」いうメッセージがたくさん届きました(笑)。

とにかく楽しんでもらいたい!

『こんなんで、いいのかYO!?』は、フリートークやネタ投稿のコーナーがメインです。1時間番組であれば、人生相談のコーナーを入れたり、世の中の出来事を振り返ったりして、真面目なコーナーも設けそうなところですが、この番組は基本的に全てが“バラエティー”です。

主なコーナーを紹介すると、雑学、豆知識、うんちくなどの身になるメールを紹介する『菊ヤギさん』。普通のメッセージを、まるで怪談話のような口調で紹介する『YO怪ばなし(ようかいばなし)』、番組ミキサーの素朴な声質をいかして、かわいく聞こえる単語を紹介し、テキトーにそれっぽく解説する『かわいい単語』のほか、食レポクイズ、YO喜利など、参加しやすいコーナーが並びます。

『YO怪ばなし』では、実際にスタジオを真っ暗にして怖そうに読みます ©radiko news

さらに、番組の企画で、ミス・ユニバースジャパンの茨城県大会に2016年、2017年と2年連続で出場。2017年には準グランプリを獲得しました。エントリーしたのは、ミス・ユニバースの茨城県大会を広めたいと、実行委員会が茨城放送に相談したことがきっかけでした。

ミス・ユニバース 茨城県大会での菊地アナ

菊地:誰のどの番組で紹介するか…という話になった時に、会議で『菊地の番組ならおもしろく取り上げられそう』という話になり「せっかくだから、私もエントリーして、直々にPRするっていうのはどうですか?」っていう提案をしたんです。大学生の頃、『アナウンサーになるなら登竜門のミスコンにでなければ』と、大学のミスコンにエントリーしたこともあって、その時は書類選考で落ちたんですけど(笑)、その悔しさと、現役局アナがミスコンに出るというどこの局もおそらくやったことがないであろう企画というおもしろさもあり、挑戦したい!って上司に相談したらまさかの「いいよ」って。

――茨城放送って、変わってますね(笑)。

菊地:結構、自由にやらせてくれる会社です。精神修行の一環として、バンジージャンプを決行して動画配信をしたりとか。それも日本一の高さを誇るバンジージャンプだったから、最初は怖くて跳べないと思ったけど、これも仕事だ!と思って割り切りました。

――跳んでみて、いかがでした?

菊地:跳んでから元いた場所に引き上げられるまで、ずっと怖いです。結構長い距離を落ちるので息もできなくて、声を出そうとしても全然出ません。跳ね返ってから、やっと声が出ました。上から引き上げてもらう時も、ブランコみたいにユラユラしてるし高い所が苦手な私には地獄ですよ。でも、ネットに上げた動画がきっかけでリスナーになった人もいるので、挑戦して損はなかったですね。

2017年には「第2回 水戸黄門漫遊マラソン」に出場して、初のフルマラソンを完走。「おきなわマラソン」にも参加して、スタートから15分後と2時間後に、走りながらマラソンの様子をレポートしました。

おきなわマラソンにて 完走後の菊地アナ

――走りながら喋るのは大変ですよね。

スマートフォンを片手に走りながら喋ってたんですけど、ほかの人からは「あの人、一体何をしてるんだろう。しかも、放送っぽい喋り方をしてる」という表情で見られてました(笑)。走り始めて15分後の時は大丈夫だったけど、2時間後の時はさすがに息が上がってましたね。

――マラソンとは関係ありませんが、イナゴを食べたこともありましたよね。

私、本当に虫が苦手で。番組開始当初のディレクターが鬼のような人だったんですけど(笑)、今になって考えると、そういうのがあったから面白い方向に転がっていったのかもしれません。一人で企画を考えてたら、ブレーキをかけてしまうし、ディレクターにも“振り切れ”って言われていたので。

――現在、『こんなんで、いいのかYO!?』はミキサーさんと二人だけの制作なんですね。放送当日はどんな流れで準備をしていますか?

放送当日は2時に出社してキューシートを作り始めて、メールの選定をします。今夜のテーマをツイートして、放送の30分前に「かわいい単語」の収録部分を先に録音します。『HAPPYパンチ』や『4Me』はディレクターがいますが、この番組は基本的に一人で準備をしなければいけないので、その点では一番力が入ってます。子どもの頃から、人に喜んでもらいたいっていう思いがあるから、自分でできることは全部やりたいと思ってます。

©radiko news

――人に楽しんでもらうために、心がけていることはありますか?

ちょっと真面目な話になってしまって恐縮ですが、私の父は、私が大学生の時に病気で倒れて、今も自宅で介護生活をしています。父のことはもちろん、母のほかに姉と弟のことも心配なので、私は埼玉の実家から通える放送局に就職したかったけど、それがなかなか叶わなくて、一度、アナウンサーになるのを諦めようと思ったんです。それでも、家族みんなが応援してくれて、茨城放送に就職が決まった時、茨城は母の実家があるという縁もあって「こっちのことは心配してないで、ちゃんと夢をつかむんだよ」と言ってくれたので、送り出してくれた家族にradikoのエリアフリーで聞いてもらって、元気になってもらいたいんです。「この子は、この仕事に就くために生まれてきたんだ」と思わせないといけないと思っていて、できる事があったら全部やりたいと思っています。もちろん、リスナーの皆さんも楽しませたいです!

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ