三浦春馬、「イケメン」レッテルに悩んだ過去…これまでのキャリアを語る

俳優・三浦春馬さんがTBSラジオ『伊集院光とらじおと』にゲスト出演しました。長年第一線で活躍している三浦さんは、主演映画『アイネクライネナハトムジーク』が9月13日(金)に公開となります。

放送では、これまでの作品や俳優としての思いなどをたっぷり語りました。(TBSラジオ『伊集院光とらじおと』9月11日(水)放送分)

とっつきにくかった? 三浦春馬の子役時代

現在人気俳優として活躍している三浦さんですが、デビューは子役時代。4歳の頃に母親の勧めで児童劇団に入り、エキストラとしてデビューしたのだそう。番組では、子役時代の思い出について語りました。

三浦:僕は割と周りの同世代の子たちとあんまり仲良くなれない子だったと思うんですよ。盛り上がっていても、なんかどこかクールにいたというか……。

とっつきにくかったと思いますよ。みんなは子供らしい話でわーっと盛り上がってたりとかするんだけど、僕は外の景色を見てフッとしてる……。だけどそれを気にかけてくれる大人が話しかけてくれるんじゃないかっていう淡い期待みたいなものをどこかで隠し持っていて……っていうのは常にあったんですよ。

三浦春馬、「イケメン」のレッテルに悩んだ過去

トーク中、伊集院さんが言わないようにしている言葉として、「可愛いですね」、「男前ですね」をあげました。自分で肯定できず、言われても一番困るという理由だそうですが、やはり三浦さんもよく言われるようで……。

伊集院:「男前」困らない? それに決めつけられちゃうの俳優としては嫌じゃないですか。そういう時期なかった?

三浦:そうですね……。「男前だね」とか「イケメンだよね」っていうのに、どこかもどかしいというか……今だから言えますけど、「もっと他の表現ないのかな?」っていう、すごくグツグツした思いがあったのは覚えてます。

すごくいい褒め言葉だし、今となっては本当に「ありがとうございます」って素直に言えるんですよ。だけど、なんかそこからトゲトゲした自分が見え隠れするっていう記憶があって……。

これまでから現在までを語り尽くす!

番組では、他にも舞台『キンキーブーツ』や、伊集院さんが好きだというNHKの紀行番組『世界はほしいモノにあふれてる』など、これまでのキャリアについてたっぷり語りました。

俳優・三浦春馬さんの思いを知ることができます。ぜひラジコのタイムフリーでお聴きください。

伊集院光とらじおと
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 8時30分~11時00分
出演者:伊集院光、安田美香
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ