三浦春馬、「イケメン」レッテルに悩んだ過去…これまでのキャリアを語る

俳優・三浦春馬さんがTBSラジオ『伊集院光とらじおと』にゲスト出演しました。長年第一線で活躍している三浦さんは、主演映画『アイネクライネナハトムジーク』が9月13日(金)に公開となります。

放送では、これまでの作品や俳優としての思いなどをたっぷり語りました。(TBSラジオ『伊集院光とらじおと』9月11日(水)放送分)

とっつきにくかった? 三浦春馬の子役時代

現在人気俳優として活躍している三浦さんですが、デビューは子役時代。4歳の頃に母親の勧めで児童劇団に入り、エキストラとしてデビューしたのだそう。番組では、子役時代の思い出について語りました。

三浦:僕は割と周りの同世代の子たちとあんまり仲良くなれない子だったと思うんですよ。盛り上がっていても、なんかどこかクールにいたというか……。

とっつきにくかったと思いますよ。みんなは子供らしい話でわーっと盛り上がってたりとかするんだけど、僕は外の景色を見てフッとしてる……。だけどそれを気にかけてくれる大人が話しかけてくれるんじゃないかっていう淡い期待みたいなものをどこかで隠し持っていて……っていうのは常にあったんですよ。

三浦春馬、「イケメン」のレッテルに悩んだ過去

トーク中、伊集院さんが言わないようにしている言葉として、「可愛いですね」、「男前ですね」をあげました。自分で肯定できず、言われても一番困るという理由だそうですが、やはり三浦さんもよく言われるようで……。

伊集院:「男前」困らない? それに決めつけられちゃうの俳優としては嫌じゃないですか。そういう時期なかった?

三浦:そうですね……。「男前だね」とか「イケメンだよね」っていうのに、どこかもどかしいというか……今だから言えますけど、「もっと他の表現ないのかな?」っていう、すごくグツグツした思いがあったのは覚えてます。

すごくいい褒め言葉だし、今となっては本当に「ありがとうございます」って素直に言えるんですよ。だけど、なんかそこからトゲトゲした自分が見え隠れするっていう記憶があって……。

これまでから現在までを語り尽くす!

番組では、他にも舞台『キンキーブーツ』や、伊集院さんが好きだというNHKの紀行番組『世界はほしいモノにあふれてる』など、これまでのキャリアについてたっぷり語りました。

俳優・三浦春馬さんの思いを知ることができます。ぜひラジコのタイムフリーでお聴きください。

伊集院光とらじおと
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 8時30分~11時00分
出演者:伊集院光、安田美香
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

スピーディ福田淳 手がけてきた企業すべて“黒字化”!?「その理由はすごく簡単なことで…」

脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMのラジオ番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00~22:30)。 6月8日(土)、6月15日(土)の放送ゲストは、コンサルティング会社「スピーディ」代表取締役・福田淳さんです。8日(土)の放送では、これまでの仕事などについてお話を伺いました。


(左から)茂木健一郎、福田淳さん



1965年生まれ、大阪府出身の福田さん。株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント バイスプレジデントを経て、2007年に株式会社ソニー・デジタルエンタテインメントを起業。主にIT分野のコンテンツのブランディングや知的財産管理の事業をおこないました。その後、2018年に株式会社スピーディを起業し、タレントエージェント事業、アメリカ・ロサンゼルスでのアートギャラリー経営をはじめ、多岐にわたり活躍中。2024年3月には著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」を出版して話題となっています。


福田淳さん



◆「暇」が増えるほど高まるエンタメのニーズ

茂木:福田さんは一貫して「エンタメは人間の生活にとって大事」っていう(姿勢でいらっしゃいますよね)。そこは変わらないですよね。

福田:変わらないです。人を楽しませるのが好きで、それをずっとやっているうちに分野関係なくずっとエンタメ38年目ということですね。

茂木:今回出版された著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」には、すごいことが書いてあります。「人類の歴史っていうのは、暇を作ることだった」と。人間って、暇なときにエンタメを求めるじゃないですか。

福田:やはりいろいろオートメーションが進んで、車の開発でもコンピューターの開発でも、人間の作業の時短ですよね。それで余った暇な時間をどうやって潰すのかというところにクリエイティブがいて、そこにエンターテインメントの参入余地があるので。人類は進化すればするほど暇な時間が増えるので、エンタメのニーズが高まると見ています。

茂木:いま、福田さんに注目されている人はすごく多いと思うのですが、もともとは多岐にわたる企業の経営をして、そして、そのいろいろ立ち上げてきた企業すべて黒字化!

福田:一応、いままでのプロジェクトを並べて見てみたんですけど、僕がサラリーマンのときに途中で任務を外されて、その後黒字になったのもありますが、全部黒字になっているんですよ。

茂木:すごくないですか!!?

福田:これはなぜかというとすごく簡単で、絶対に辞めないんですよ。途中、むちゃくちゃ赤字でも、死んでも辞めない。そうすると、事業ってどこかで黒字になりますよね。だって、コストを下げて売り上げを上げればいいだけですから。

茂木:ということは、難しいお仕事を任せられても成功するまで辞めないということですよね。

福田:辞めない。難しいかどうかもだいたい全部わかっていなくて、そこから取り組んで「どうしようかな」という感覚でやっています。


福田淳さん



6月15日(土)の放送も、引き続きスピーディ代表取締役・福田淳さんをゲストに迎えてお話を伺います。

----------------------------------------------------
6月8日(土)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月17日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎

Facebook

ページトップへ