『孤独のグルメ』『あちこちオードリー』…テレビ東京の番組とラジオの熱い関係!

「地上波なのに地上波らしくない」とも言われる独自のこだわりが光るテレビ東京(以下:テレ東)の番組が人気を集めています。今回は10月からスタートしたテレ東のドラマ・バラエティ番組とその番組出演者がパーソナリティを務めているラジオプログラムを調査。

両者が交じり合ってよい化学反応を起こしている番組を聴いて、テレ東とラジオに感じられる親和性を感じてみては?

ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』×文化放送『クラスメイトは大友花恋!』

毎週木曜日深夜1時から放送中のドラマ『新米姉妹のふたりごはん』。柊ゆたかの人気マンガが原作です。

両親の再婚で突然姉妹となった社交性のある姉のサチ(山田杏奈)と引っ込み思案な妹のあやり(大友花恋)が料理を通じて、心の距離を縮めていく物語。見どころは料理上手なあやりの調理シーン。あやりのナレーションで進行する今時なレシピ動画風の調理シーンは斬新。テレ東らしい技も随所に感じられるグルメドラマです。

あやり役の大友花恋さんは、文化放送の『レコメン!』内の『クラスメイトは大友花恋!』を担当。

タイトルどおりクラスメイトに話しかけるようにざっくばらんなトークが魅力。とあるオンエアでは、誕生日にシャンパンでお酒デビューした話をうれしはずかしそうに語る場面も。ドラマでは物静かなイメージのあやりを演じていますが、ラジオでは明るく元気なキャラクター。ドラマから大友さんが気になった方には新鮮に聞こえるかもしれません。

クラスメイトは大友花恋!(『レコメン』内)
放送局:文化放送
放送日時:毎週水曜 23時30分~23時45分
出演者:大友花恋
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

バラエティ『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』×ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』

毎週土曜日に放送中の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』。オードリーの春日俊彰さんが大将となり、都内各地でお店を開店。常連客の若林正恭さんが今、注目のゲストたち2~3組を迎えてトークする番組。若林さんのゲストの魅力を最大限に引き出すホスピタリティあふれる的確な回しを堪能できます。

この番組は、2019年8月と9月にスペシャル番組として放送され、10月からレギュラー化。この発表は番組プロデューサーを務める『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』の中で、若林さんがゲスト出演したときにサプライズで告げられました。まさにラジオとテレビの垣根を越えた瞬間でした!

テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行さんが水曜深夜3時からの「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティとなったのは2019年4月から。テレビ東京の社員である佐久間さんが系列会社でもないラジオ局のレギュラー番組を担当するというのは、独自路線・エポックメーキングのテレビ東京らしいアクション。テレビ×ラジオの化学反応は、オードリーの冠番組のほかにテレビ朝日『アメトーーク!』プロデューサー加地倫三さんとテレ朝・テレ東の局の垣根を越えたコラボ番組企画も実現しています。

佐久間さんのラジオでの豊富な制作裏話を聴きつつ、テレビでテレ東のバラエティ番組を見る。お笑い・テレ東番組ファン、将来制作したい方にもダブルでの視聴はおすすめです。

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週水曜 27時00分~28時30分
出演者:佐久間宣行
番組ホームページ
公式Twitter

#佐久間宣行ANN0

※放送情報は変更となる場合があります。

ドラマ『死役所』×NACK5『TOKIO WALKER』

あずみきし氏の人気コミックが原作のドラマ『死役所』は、水曜深夜0時12分からTOKIOの松岡昌宏さん主演で放送中です。次々と死者が訪れる「市役所」ならぬ“死役所”が舞台。松岡さんは不気味な笑顔で死者を「お客様は仏様です」と迎える謎めいた職員・シ村を演じています。見どころは、死の手続きをするために語られる死者たちの生きざまと死にざま。

ゲストには松岡さんの後輩、ジャニーズJr.メンバーも登場。第1話では、織山尚大さん(少年忍者/ジャニーズJr.)が演じた少年の死にまつわる衝撃的な事実が明かされる悲しくやるせないシーンが。ドラマ初回から後輩の魅力を引き出す松岡さんの演技が光っていました。

松岡さんがNACK5で担当しているラジオ番組『TOKIO WALKER』では、ジャニーズの後輩を松岡流に気遣うトークが聴きどころ。とある日のオンエアでは、後輩のA.B.C-Z番組の仕切りなどについて思うところをコメント。そのあとにきちんとA.B.C-Zの曲をかけてフォローしていました。さらにトークの中でさりげなく「感謝カンゲキ雨嵐」とはさんだりも。

ラジオやドラマで松岡さんの後輩を気にかける言動をぜひチェックしてみてください。

TOKIO WALKER
放送局:NACK5
放送日時:毎週日曜 7時00分~8時00分
出演者:松岡昌宏
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ドラマ『孤独のグルメSeason8』×FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』

今季のテレ東ドラマの注目といえば毎週金曜深夜0時12分から放送中の『孤独のグルメ Season8』。原作・久住昌之、画・谷口ジローの同名人気コミックをもとにドラマ化。2012年にスタートした人気シリーズです。

松重豊さん演じる輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先でふらりとひとりで飲食店に立ち寄り、その日の気分とノリでおいしいものをおいしそうにいただくグルメドラマ。2019年の大みそかもスペシャル番組を放送。3年連続となり、年の瀬の風物詩的な番組としても愛されています。

このドラマでは、心の声が饒舌な五郎役の松重さんが、FMヨコハマ『深夜の音楽食堂』ではパーソナリティを担当。

俳優やアーティストをゲストに招き、マニアックな音楽談義を繰り広げています。時には『孤独のグルメ』の制作スタッフをゲストに呼んだり、横浜中華街で五郎が行った店のリスナーのエピソードを紹介したりする中でドラマ撮影の裏話が披露されることもしばしば。井之頭五郎ファンは必聴ですよ!

深夜の音楽食堂
放送局:FM YOKOHAMA
放送日時:毎週火曜 24時30分~25時00分
出演者:松重豊
番組ホームページ
公式Twitter

#深夜の音楽食堂

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

佐藤史恵

ライター、構成作家。

ラジオ番組が好きで構成作家のキャリアをスタート。
都内近郊のFM、AMラジオ・テレビ番組の構成を多数手がける。

遊び体験共有サイトPLAYLIFEでプランナーとしても活動。
国内外の映画・ドラマが探せるaukanaにて作品解説を担当。

現場主義のエンタメウォッチャー。
サッカー、野球、プロレス、舞台、お笑いなどを年間トータル100本ほど見る生活を約15年続けている。
宝物は今まで集めたエンタメ半券約1500枚。

Twitter

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ