欅坂46・平手友梨奈、自身のラジオ番組で卒業式「本当に大切な場所でした!」

欅坂46・平手友梨奈さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『欅坂46 平手友梨奈のGIRLS LOCKS!』(TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK』内)。3月19日(木)の放送で最終回を迎え、番組内で卒業式が行われました。(TOKYO FM『欅坂46 平手友梨奈のGIRLS LOCKS!』3月19日(木)放送分)

平手友梨奈、リスナーと共に「GIRLS LOCKS!」卒業式を開催!

“未来の鍵を握るラジオの中の学校”をコンセプトに、中高生を中心に人気を集めるラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』。平手さんは、番組内の女子クラス「GIRLS LOCKS!」で、2017年4月からパーソナリティを担当し、3月19日(木)は、最後の出演でした。

平手:本当の卒業式みたいですね。今日でいよいよ私も最後の登校になりました。2017年4月から女子クラスに通い始めて3年が経ったんですね。早かったですね〜あっという間でした。

平手さんは、コロナウイルスの影響で卒業式が短縮されたというリスナーからの書き込みを紹介。平手さん自身も卒業式ができなかったと語り、女子クラスで卒業式をやってほしいという意見が多く、今回番組内で卒業式をやることにしたそうです。

平手:卒業式が短縮されたり、卒業式そのものが中止になった生徒さんから、女子クラスで卒業式をやってほしいという書き込みをいただきました。実は私も「最後の授業は卒業式をやりたい」と職員の皆さんに相談していたので、今日はラジオの前のみんなとここで卒業式を行いたいと思います。

とーやま校長から式辞「めちゃめちゃ笑わせてもらった」

平手さんは、送辞としてリスナーから届いたメッセージを紹介。

(リスナー):友梨奈ちゃんにとって、「GIRLS LOCKS!」はどんな場所でしたか?

平手:あっという間でしたね、この「GIRLS LOCKS!」に関しては。なんて言うんだろう……本当にアットホームな存在というか場所でした。

そしてリスナーから平手さんへ感謝に溢れた言葉がたくさん寄せられました。

(リスナー):今日は友梨奈ちゃんに伝えたいことがあります。私は小6の時に難病になってしまい、長期入院をしていました。退院してからも日常生活で制限されることばかりで、中学校生活もほとんど楽しくなかったです。けれど「サイレントマジョリティ」の「君は君らしく生きて行く自由があるんだ」という歌詞に心をつかれ、私も自分らしく生きていこうと思いました。(中略)友梨奈ちゃん、映画出演、オフィシャルサイト開設、高校卒業おめでとうごさいます。辛いこともたくさんあると思いますが、自分らしく生きてください。応援しています!

平手:こちらこそです……!

また、番組メインパーソナリティ・とーやま校長も登場し、式辞として平手さんに感謝の気持ちを伝えました。

校長:書き込みもそうだったけど、本当に愛しかないよね。みんなも思ってることだと思うけど本当に面白かったから。自分では感覚ないかもしれないけど。

平手:そうですか?(自覚は)ないです(笑)。

校長:いや、あなた本当にめちゃめちゃ面白いからね!

平手:いや、そんなでも面白いことした覚えもないですし……。

校長:そうだよね。自分で多分笑わせようと思ってないんだろうけど、めちゃめちゃ笑わせてもらったから。感謝ですよ。

平手友梨奈、3年間を振り返る「本当に卒業するんだな…」

とーやま校長から卒業証書を授与され、「旅立ちの日に」をオンエア。いよいよ卒業式も佳境を迎えました。

平手:この曲、本当に久しぶりに聴いたんですけど、卒業の時に聴く音楽って胸に刺さるものがあるなぁと思ったり、でもみんなで合唱したかったなぁっていう思いもあったり。卒業証書を実際にいただいて、本当に卒業するんだなって実感がジワジワと湧いてきてます。

ラストは、平手さんによる答辞。リスナーへ約束して欲しいこと、また番組スタッフや出演者への感謝を語り、番組を締め括りました。

平手:最初に「ラジオやらないか?」ってお話をいただいた時に、1人で喋るのはすごく苦手だし、自分1人でやっていけるのかなっていう不安とかの方が大きかったです。けれど、毎回このクラスに来るたびにスタッフさんが温かく迎えてくださって、それがすごく嬉しかったですし、本当に自分も高校1年生から3年生を卒業するまでをやらせていただけるとは思ってもいなかったので、ありがたい気持ちです。

欅坂46 平手友梨奈のGIRLS LOCKS!(SCHOOL OF LOCK!)
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~金曜 22時00分~23時55分
出演者:平手友梨奈
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#SOL」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ