欅坂46・平手友梨奈、自身のラジオ番組で卒業式「本当に大切な場所でした!」

欅坂46・平手友梨奈さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『欅坂46 平手友梨奈のGIRLS LOCKS!』(TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK』内)。3月19日(木)の放送で最終回を迎え、番組内で卒業式が行われました。(TOKYO FM『欅坂46 平手友梨奈のGIRLS LOCKS!』3月19日(木)放送分)

平手友梨奈、リスナーと共に「GIRLS LOCKS!」卒業式を開催!

“未来の鍵を握るラジオの中の学校”をコンセプトに、中高生を中心に人気を集めるラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』。平手さんは、番組内の女子クラス「GIRLS LOCKS!」で、2017年4月からパーソナリティを担当し、3月19日(木)は、最後の出演でした。

平手:本当の卒業式みたいですね。今日でいよいよ私も最後の登校になりました。2017年4月から女子クラスに通い始めて3年が経ったんですね。早かったですね〜あっという間でした。

平手さんは、コロナウイルスの影響で卒業式が短縮されたというリスナーからの書き込みを紹介。平手さん自身も卒業式ができなかったと語り、女子クラスで卒業式をやってほしいという意見が多く、今回番組内で卒業式をやることにしたそうです。

平手:卒業式が短縮されたり、卒業式そのものが中止になった生徒さんから、女子クラスで卒業式をやってほしいという書き込みをいただきました。実は私も「最後の授業は卒業式をやりたい」と職員の皆さんに相談していたので、今日はラジオの前のみんなとここで卒業式を行いたいと思います。

とーやま校長から式辞「めちゃめちゃ笑わせてもらった」

平手さんは、送辞としてリスナーから届いたメッセージを紹介。

(リスナー):友梨奈ちゃんにとって、「GIRLS LOCKS!」はどんな場所でしたか?

平手:あっという間でしたね、この「GIRLS LOCKS!」に関しては。なんて言うんだろう……本当にアットホームな存在というか場所でした。

そしてリスナーから平手さんへ感謝に溢れた言葉がたくさん寄せられました。

(リスナー):今日は友梨奈ちゃんに伝えたいことがあります。私は小6の時に難病になってしまい、長期入院をしていました。退院してからも日常生活で制限されることばかりで、中学校生活もほとんど楽しくなかったです。けれど「サイレントマジョリティ」の「君は君らしく生きて行く自由があるんだ」という歌詞に心をつかれ、私も自分らしく生きていこうと思いました。(中略)友梨奈ちゃん、映画出演、オフィシャルサイト開設、高校卒業おめでとうごさいます。辛いこともたくさんあると思いますが、自分らしく生きてください。応援しています!

平手:こちらこそです……!

また、番組メインパーソナリティ・とーやま校長も登場し、式辞として平手さんに感謝の気持ちを伝えました。

校長:書き込みもそうだったけど、本当に愛しかないよね。みんなも思ってることだと思うけど本当に面白かったから。自分では感覚ないかもしれないけど。

平手:そうですか?(自覚は)ないです(笑)。

校長:いや、あなた本当にめちゃめちゃ面白いからね!

平手:いや、そんなでも面白いことした覚えもないですし……。

校長:そうだよね。自分で多分笑わせようと思ってないんだろうけど、めちゃめちゃ笑わせてもらったから。感謝ですよ。

平手友梨奈、3年間を振り返る「本当に卒業するんだな…」

とーやま校長から卒業証書を授与され、「旅立ちの日に」をオンエア。いよいよ卒業式も佳境を迎えました。

平手:この曲、本当に久しぶりに聴いたんですけど、卒業の時に聴く音楽って胸に刺さるものがあるなぁと思ったり、でもみんなで合唱したかったなぁっていう思いもあったり。卒業証書を実際にいただいて、本当に卒業するんだなって実感がジワジワと湧いてきてます。

ラストは、平手さんによる答辞。リスナーへ約束して欲しいこと、また番組スタッフや出演者への感謝を語り、番組を締め括りました。

平手:最初に「ラジオやらないか?」ってお話をいただいた時に、1人で喋るのはすごく苦手だし、自分1人でやっていけるのかなっていう不安とかの方が大きかったです。けれど、毎回このクラスに来るたびにスタッフさんが温かく迎えてくださって、それがすごく嬉しかったですし、本当に自分も高校1年生から3年生を卒業するまでをやらせていただけるとは思ってもいなかったので、ありがたい気持ちです。

欅坂46 平手友梨奈のGIRLS LOCKS!(SCHOOL OF LOCK!)
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~金曜 22時00分~23時55分
出演者:平手友梨奈
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#SOL」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「招待者が、国家権力との距離感を問われる難しさがある」 安倍元首相「国葬」について辛坊治郎が指摘

キャスターの辛坊治郎が9月27日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ゲストとして出演した政治ジャーナリストの田﨑史郎氏と、同日に執り行われた安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)について対談した。

安倍元首相の国葬で、献花し手を合わせるプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(中央)と巨人の原辰徳監督(その左)=2022年9月27日午後4時23分、東京都千代田区(代表撮影) ©共同通信社

辛坊)今回の国葬を通じて感じたのは、「なかなか難しいところがあるだろう」ということです。国葬には機械的に招待される人がいますよね。現役の国会議員や国会議員経験者、都道府県知事、経済団体のトップらです。「難しい」と感じたのは、その他の曖昧模糊とした招待者に対してなんです。国葬に参列する、しないというのは、おそらく国家権力との距離感を如実に表すバロメーターにもなるからです。当然ながら、ポジティブに受け止める人もいるだろうし、逆にネガティブに受け止める人もいるはずです。

国家権力との距離というものが1つのバロメーターとして見えてくるとなると、招待者は判断を迫られます。ですから、純粋に故人を悼むという観点からすると、葛藤が生じる人も出てくるわけです。国葬とは、「ずいぶん酷なことをいろいろな人に強いるイベントだな」という気がするんですよ。

田﨑)中には、そう感じる人もいるでしょうね。特に苦しい立場にあったと思われるのは、報道機関ですよ。新聞社、テレビ局の各社には案内状が3枚ずつ届いたといわれています。そこで各社は判断を迫られたわけです。例えば、社長を含め誰が参列するか、しないか。あるいは、参列そのものをどうするか。そういう意味では、辛抱さんがおっしゃったことはメディアに対して当てはまります。岸田政権や安倍元首相との距離感をどう保つかが問われてしまいますからね。

辛坊)そういう意味では、私はちょっと腹に据えかねていることがあるんです。安倍元首相をめぐっては、「桜を見る会」の問題がありました。問題が大騒動になってからは、皆が口をつぐんじゃいましたけれども、大騒ぎしているメディアのトップは毎年、桜を見る会に参加していましたよね。

田﨑)そういうメディアもありましたね。

辛坊)「何なんだ!」というのが正直な思いでしたよ。

田﨑)考えものですね。

辛坊)トップどころか報道局長レベルでも毎年、参加して自慢げに写真を撮っていた人もいますよ。

田﨑)いますね。僕の記憶では、首相官邸記者クラブのキャップ、サブキャップらも行っていました。

辛坊)招待されていたんですよね。

田﨑)ええ。僕は行ったことはないんですけれども、招待されたことはあります。

辛坊)そこです。田﨑さんは、権力との距離の測り方が職業倫理に基づいていて、実にしっかりとしています。すごいです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ