祝! バナナマン・日村、48歳バースデー! 星野源の祝福に「絶対違うって!」

お笑いコンビ・バナナマンがパーソナリティを務める、TBSラジオ『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』。5月15日(金)の放送では、48歳の誕生日を迎えた日村さんをお祝いするため、星野源さんが生電話出演しました。(TBSラジオ『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』5月15日(金)放送分)

日村勇紀、48歳の誕生日!

放送前日の5月14日は、日村さんの48歳の誕生日! 日村さんが誕生日当日の出来事を相方の設楽さんに語りました。

設楽:(誕生日当日は)何かやったんですか?

日村:家で? うな重が出た。

設楽:おおっ! やったじゃん! すごいじゃん。

日村:俺はもう、嬉しかった。うなぎよりも白飯の方が美味いとは思ったけどね(笑)。圧倒的に。(現在、日村さんは糖質制限を実施中)

設楽:それはやっぱり誕生日だから、「お米食べていいよ」ってことで?

日村:そうそう。うん、嬉しかったねえ。

設楽:ああ、よかった。なんか俺、ブロッコリーにロウソクを挿したのが出てきたとか、そういうことかと……ふははっ……(笑)。

先月(4月23日)には設楽さんも47歳の誕生日を迎え、「本当におじさんになった」としみじみ語る二人。日村さんが48歳の誕生日を迎えて感じたこととは……。

設楽:何か変わりました? 誕生日、48歳になって感覚的なものとか。

日村:いや、これね、"8"っていう数字が、ものすごいね、50(歳)側というか、28も27と違くて30に乗っかってってるっていう、ものすごくねえ……。

設楽:もう、50(歳)側の人間だよってことでしょ。

日村:(50歳側の)人間になったなって感覚がすっごいある。

設楽:俺らも先週ね、スイカ側の人間(※)だなってすごく思ったのと一緒だけど。

日村:そうだね、先週はね……。俺がスイカ側じゃないからね。

※5月8日(金)放送分で、日村さんが苦手なスイカの克服チャレンジ企画を実施。設楽さん、オークラさん(構成作家)はスイカ好きの立場であることから。

ゲスト・星野源登場! しかし日村は……

オープニングトークを終えると、この日のゲスト・星野源さんが自宅から電話出演! 『バナナマンのバナナムーンGOLD』では、2010年から日村さんの誕生日前後に行われる放送に、毎年星野さんがゲスト出演しています。星野さんの第一声を聴いた日村さんの 反応は……。

星野:もしもし~。こんばんは~。星野源です~。どうも~。

日村:えっ? もしもし? 源くん?

星野:聞こえます?

設楽:たぶんね今、日村さん、源くんじゃないって疑ってますね。

星野:え? 何で?

日村:いや、「何で?」って、もう関西弁じゃん!

設楽:いやいや、日村さん(苦笑)。源くんだよ?

星野:僕ですよ。

日村:いや、全然。もう、すぐわかる! 「どうも~」が関西弁の人の「どうも~」だし。

星野:そう? そうですか?

設楽:いや、日村さん(苦笑)。これ、源くんよ……(笑)。本当に何の仕掛けもないよ(笑)。

日村:嘘だあ!?

星野:ははは(笑)。本当に僕じゃないと思ってるの、今? 日村さん!?

設楽:たぶん、本当に日村さんはものまねの人みたいなのが出てきたと思ってる(笑)。

日村:いや、絶対違うって! ほんとに? 嘘だ、それも嘘でしょ? ほんとに設楽さん、だったらごめん。

星野:日村さん、あの……本当に僕、星野源ですよ(笑)。

日村:いや、絶対違うって!

設楽:これ、どうやって証明すりゃいいんだろなあ(笑)。

星野:なんなのそれ(笑)。なんなの、そのくだり(笑)。なんですか。いや、僕ですよ!

日村:違うじゃん、ほら! この声、源くんじゃないじゃん!

ドッキリの仕掛けと勘違いしてしまった日村さんの疑いっぷりに、「ちょっと日村さんが遠い人になった感じがします」とぼやく星野さんでした。

「うちで踊ろう」真顔コラボの裏話

星野さんが自身のInstagramで公開した楽曲「うちで踊ろう」は、多くのユーザーによるコラボレーションがSNSで話題となり、バナナマンが"真顔"で参加したコラボ動画は300万を超える再生数を記録しました。

設楽:やっぱね、笑っちゃうんだよね。家の環境だし、奥さんが(動画を)撮ってるし、けっこう真顔の尺もあるじゃない? 

日村:1分だもんね、歌がねえ。

設楽:笑っちゃったりとかしてさ、何回も撮った。

日村:俺もけっこう5~6パターン撮った。

星野:日村さんから全部1回送ってくれたじゃないですか、僕に。たくさんテイクを送ってくれて、でも、だいたい全部同じ真顔なんで、僕は(真顔の)差があんまりわからなかったんですけど。

日村:いや、だから結局、ずっとカメラ固定にしちゃうと動画か何かもわかんなくなっちゃうとあれかなと思って、「カメラ前後にして」とか、いろいろやったつもりではいるんだけどね。

星野:設楽さんが最後ちょっと笑っちゃって、カメラが下にいくのがすごくよかったですね。

設楽:あれもね、俺もいっぱい撮ってて、失敗したやつだったから送ってるつもりなかったんだけど、どれがどれだかわかんなくなっちゃって。結果、あとは「好きなの使ってもらって」って言って、あれが使われてたから「あれ? 俺、失敗のやつ送ってたんだ」って思って。

星野:でも、あれがなかったら、設楽さん本当に怒ってるみたいな顔してたから、あれですごくホッとしました。

設楽:確かに静止画像みたいだったよね。そうだね。

毎年恒例のオリジナルソングも披露!

放送では、「源くん、これから日村の誕生日にこれをやって下さい!」をメールテーマにトークを展開。さらに、星野さんからのプレゼントや日村さんのエピソードをもとに作った新曲「折り合い」が披露されました!

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週金曜 25時00分~27時00分
出演者:バナナマン
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#bananamoon」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

キラキラネーム「戸籍記載OK」の裏側 漢字主義から読み仮名主義への大転換

ジャーナリスト・佐々木俊尚20220517080000が5月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。キラキラネームを戸籍に記載できることになった法改正、その裏側にある壮大な構想について語った。

※イメージ

これまで戸籍には読み仮名を記載してこなかったが、今後は読み仮名を付け、さらに『キラキラネームを読み仮名として容認』というニュースが駆け巡った。戸籍の名前に読み仮名を付けるための法改正について議論してきた法制審議会は、いわゆる「キラキラネーム」も認める中間試案をとりまとめ、法務省は今後広く意見を募り、来年の通常国会に改正案を提出する方針だという。こうした法改正が行われる背景には、「行政手続きのデジタル化」という側面がある。では、行政手続きのデジタル化とは、具体的にはどういうことか。これについて、佐々木氏が解説した。

佐々木俊尚氏

「もともと日本には異体字が多い。『渡辺』や『斎藤』などもいろんな漢字が存在している。JIS漢字コードにはそうした漢字が入っているが、世界共通の文字コード規格=ユニコードには異体字は入っていなかった。よって、漢字を選ぶときに大変苦労している」。こうした背景から、名前を漢字ではなく、カタカナやひらがなで登録する方向に変える、というのが今回の法改正につながっているという。佐々木氏は 「“唐突にキラキラネームOK!”というニュースではなく、漢字中心の戸籍から、読み仮名(ひらがな、かたかな)中心の戸籍に転換。つまり、漢字は付随するものという考え方になる」と、佐々木氏は指摘した。

今後は、読みにくいキラキラネームランキングで上位にランクインされている「男と書いてアダム」「皇帝と書いてシーザー」なども、読み仮名中心の戸籍に転換すると大きな話題にならないかもしれない。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ