サカナクション・山口「土下座させられた」下積み時代の苦労を語る

極楽とんぼ・加藤浩次さんとサカナクション・山口一郎さんがSTVラジオでガチトーク! 7月19日(日)放送のSTVラジオ『加藤さんと山口くん』では、二人の地元・北海道にまつわる話題や青春時代、人生観など日々の思いを語る本音トークで盛り上がりました。(STVラジオ『加藤さんと山口くん』7月19日(日)放送分)

サカナクション・山口の青春時代

日本テレビ「スッキリ」の番組ロケで共演し、意気投合したことから実現した今回の特番は、山口さんの自宅兼事務所で収録が行われました。札幌第一高校出身の山口さんは、クラスのほとんどがスポーツ特待生だったという高校時代を振り返りました。

加藤:(高校で)音楽をやってる人、周りにいたの?

山口:当時、結構バンドブームで、バンドを結成している人はいたんですよ。同じ高校じゃなくても他の高校とかでも、エリア毎にライブハウスで活気があって、そこのライブハウスで有名になると人が集まるみたいな。僕は札幌ベッシーホールってところを拠点にして、そこで軸になりながら。

加藤:もう高校時代からオリジナルみたいな(曲を)やってたの?

山口:小学校、中学校からオリジナルの曲を作って、中学校のころに溜めてた曲とかを高校に入ってアレンジしてたりしてたんで。

加藤:すごいね。

山口:僕、18歳でビクターの育成契約したんですよ。

加藤:ああ、そんなすごかったんだあ。

18歳でビクターと育成契約を結び、東京でライブ出演もしていたものの、思うような結果が出ずにいたという山口さんは、独自の音楽性を模索していきます。

山口:当時は、普通のギターロックみたいな感じで、自分の曲とメロディーと言葉が活きるみたいな事だけやってたんですけど、全然拾われなくて。このままじゃダメだと思って、他にはないような音楽を自分で開発しなきゃダメだと思って。

加藤:独自のやつをね。

山口:周りを見渡したり、当時はインターネットが出始めた頃なんでネットでいろいろ調べたりして。そしたら自分はダンスミュージックも好きだったんで、クラブとライブハウス両方遊びに行ってたんですよ。でも、クラブもライブハウスも楽しみ方は両方違うけど、音楽好きな事には変わりないじゃないですか。だから、両方にウケる音楽っていうのを開発しようと思って。

加藤:えっもう、じゃあ、コンセプトから入ってるのね?

山口:そうです。ダンスミュージックとロックを混ぜようと思って、サカナクションを結成したんですよ。

加藤:へえ~。すごい!

ミュージシャンに土下座!? 北海道での下積み生活

山口さんは29歳でメジャーデビューを果たすまで、10年間に及ぶ下積み生活のエピソードを語りました。

加藤:29(歳)から東京ってなると、結構なよっこいしょ感あるよねえ。北海道でもう馴染んでるし、30手前だし、「今から東京行ってどうなるんだろう」って、「北海道で別に食えてるからいいや」みたいなのもあったでしょう?

山口:それが北海道で食えてなかったんですよ、全然。

加藤:え、バイトしてたの?

山口:バイトです。ずっと居酒屋とアジアレストランでアルバイトしてて、あとコンサートのイベンター。

加藤:ああ、メジャーなミュージシャンが来たらコンサートの機材を運んだりとか。

山口:それをやっていたので、いろんなプロミュージシャンの現場を見てたんですよ。だから、自分がメジャーデビューしたらこんな風にならないでおこうとか。

加藤:どういうこと?

山口:なんかこう……すっごく態度が悪いミュージシャンとかいるんですよ(苦笑)。

加藤:はははは(笑)。

山口:いやもう、バイトに対してめっちゃ冷たいとか。

加藤:そのミュージシャンは、今でも生き残ってるの?

山口:それが……生き残ってるんですよ。それで、僕ね、1回土下座させられたことあるんですよ。

加藤:はははは(笑)。

山口:とあるミュージシャンに、バイト時代に。

加藤:え、それは25~6(歳)?

山口:25ですね。

加藤、劇団のオーディションで…

加藤さんは19歳の時、当時勤めていた運輸会社を退職して、既に上京していたミュージシャン志望の高校時代の友人宅に居候する形で芸能界入りを目指しました。当時、役者志望だった加藤さんは、芝居に関する知識が全くないまま、ミュージカル劇団・東京キッドブラザースのオーディションを受けたそうです。

山口:オーディションとか、どんな事するんですか?

加藤:最初はね……面接と歌。東京キッドブラザースっていうのはミュージカルなのよ。オーディションの項目として、面接、そして「東京キッドブラザースの公演で使った曲を歌ってください」みたいなのが書いてあるわけ。東京キッドブラザースの公演なんか観た事ないじゃん? わかんねえなって思って。歌える曲何かなって思って。

家に居候してるミュージシャンいるじゃん? 「お前よ、よくアリスの「冬の稲妻」歌ってたよな」つって(笑)。「それ歌えばいいじゃん」つって、そいつが弾き語りで弾いてくれて家で練習して、本番で歌って。みんな東京キッドブラザースが好きだから、東京キッドブラザースの歌を歌うわけさ。

「やっべえ」と思って、「すみません。何番、加藤浩次です」って言って。「歌う曲は?」とかって言われて、「アリスの「冬の稲妻」で」って言われたら、伴奏が入るんだけど「あ、それできません」って言われて。「じゃあ、君、アカペラで歌って」って言われて。「冬の稲妻」をアカペラで歌って(笑)。そりゃ落ちるわなあ。

山口:でも、ハート強いっすね。

加藤:いや、恥ずかしかったよ~。俺、何してるのかなあって。アカペラで歌わされてさあ。

山口:そこで心折れないんですねえ。

加藤:折れかけたよ~!

加藤さんと山口くん
放送局:STVラジオ
放送日時:2020年7月19日 日曜日 12時00分~13時00分
出演者:加藤浩次(極楽とんぼ)、山口一郎(サカナクション)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#加藤さんと山口くん」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ