サカナクション・山口「土下座させられた」下積み時代の苦労を語る

極楽とんぼ・加藤浩次さんとサカナクション・山口一郎さんがSTVラジオでガチトーク! 7月19日(日)放送のSTVラジオ『加藤さんと山口くん』では、二人の地元・北海道にまつわる話題や青春時代、人生観など日々の思いを語る本音トークで盛り上がりました。(STVラジオ『加藤さんと山口くん』7月19日(日)放送分)

サカナクション・山口の青春時代

日本テレビ「スッキリ」の番組ロケで共演し、意気投合したことから実現した今回の特番は、山口さんの自宅兼事務所で収録が行われました。札幌第一高校出身の山口さんは、クラスのほとんどがスポーツ特待生だったという高校時代を振り返りました。

加藤:(高校で)音楽をやってる人、周りにいたの?

山口:当時、結構バンドブームで、バンドを結成している人はいたんですよ。同じ高校じゃなくても他の高校とかでも、エリア毎にライブハウスで活気があって、そこのライブハウスで有名になると人が集まるみたいな。僕は札幌ベッシーホールってところを拠点にして、そこで軸になりながら。

加藤:もう高校時代からオリジナルみたいな(曲を)やってたの?

山口:小学校、中学校からオリジナルの曲を作って、中学校のころに溜めてた曲とかを高校に入ってアレンジしてたりしてたんで。

加藤:すごいね。

山口:僕、18歳でビクターの育成契約したんですよ。

加藤:ああ、そんなすごかったんだあ。

18歳でビクターと育成契約を結び、東京でライブ出演もしていたものの、思うような結果が出ずにいたという山口さんは、独自の音楽性を模索していきます。

山口:当時は、普通のギターロックみたいな感じで、自分の曲とメロディーと言葉が活きるみたいな事だけやってたんですけど、全然拾われなくて。このままじゃダメだと思って、他にはないような音楽を自分で開発しなきゃダメだと思って。

加藤:独自のやつをね。

山口:周りを見渡したり、当時はインターネットが出始めた頃なんでネットでいろいろ調べたりして。そしたら自分はダンスミュージックも好きだったんで、クラブとライブハウス両方遊びに行ってたんですよ。でも、クラブもライブハウスも楽しみ方は両方違うけど、音楽好きな事には変わりないじゃないですか。だから、両方にウケる音楽っていうのを開発しようと思って。

加藤:えっもう、じゃあ、コンセプトから入ってるのね?

山口:そうです。ダンスミュージックとロックを混ぜようと思って、サカナクションを結成したんですよ。

加藤:へえ~。すごい!

ミュージシャンに土下座!? 北海道での下積み生活

山口さんは29歳でメジャーデビューを果たすまで、10年間に及ぶ下積み生活のエピソードを語りました。

加藤:29(歳)から東京ってなると、結構なよっこいしょ感あるよねえ。北海道でもう馴染んでるし、30手前だし、「今から東京行ってどうなるんだろう」って、「北海道で別に食えてるからいいや」みたいなのもあったでしょう?

山口:それが北海道で食えてなかったんですよ、全然。

加藤:え、バイトしてたの?

山口:バイトです。ずっと居酒屋とアジアレストランでアルバイトしてて、あとコンサートのイベンター。

加藤:ああ、メジャーなミュージシャンが来たらコンサートの機材を運んだりとか。

山口:それをやっていたので、いろんなプロミュージシャンの現場を見てたんですよ。だから、自分がメジャーデビューしたらこんな風にならないでおこうとか。

加藤:どういうこと?

山口:なんかこう……すっごく態度が悪いミュージシャンとかいるんですよ(苦笑)。

加藤:はははは(笑)。

山口:いやもう、バイトに対してめっちゃ冷たいとか。

加藤:そのミュージシャンは、今でも生き残ってるの?

山口:それが……生き残ってるんですよ。それで、僕ね、1回土下座させられたことあるんですよ。

加藤:はははは(笑)。

山口:とあるミュージシャンに、バイト時代に。

加藤:え、それは25~6(歳)?

山口:25ですね。

加藤、劇団のオーディションで…

加藤さんは19歳の時、当時勤めていた運輸会社を退職して、既に上京していたミュージシャン志望の高校時代の友人宅に居候する形で芸能界入りを目指しました。当時、役者志望だった加藤さんは、芝居に関する知識が全くないまま、ミュージカル劇団・東京キッドブラザースのオーディションを受けたそうです。

山口:オーディションとか、どんな事するんですか?

加藤:最初はね……面接と歌。東京キッドブラザースっていうのはミュージカルなのよ。オーディションの項目として、面接、そして「東京キッドブラザースの公演で使った曲を歌ってください」みたいなのが書いてあるわけ。東京キッドブラザースの公演なんか観た事ないじゃん? わかんねえなって思って。歌える曲何かなって思って。

家に居候してるミュージシャンいるじゃん? 「お前よ、よくアリスの「冬の稲妻」歌ってたよな」つって(笑)。「それ歌えばいいじゃん」つって、そいつが弾き語りで弾いてくれて家で練習して、本番で歌って。みんな東京キッドブラザースが好きだから、東京キッドブラザースの歌を歌うわけさ。

「やっべえ」と思って、「すみません。何番、加藤浩次です」って言って。「歌う曲は?」とかって言われて、「アリスの「冬の稲妻」で」って言われたら、伴奏が入るんだけど「あ、それできません」って言われて。「じゃあ、君、アカペラで歌って」って言われて。「冬の稲妻」をアカペラで歌って(笑)。そりゃ落ちるわなあ。

山口:でも、ハート強いっすね。

加藤:いや、恥ずかしかったよ~。俺、何してるのかなあって。アカペラで歌わされてさあ。

山口:そこで心折れないんですねえ。

加藤:折れかけたよ~!

加藤さんと山口くん
放送局:STVラジオ
放送日時:2020年7月19日 日曜日 12時00分~13時00分
出演者:加藤浩次(極楽とんぼ)、山口一郎(サカナクション)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#加藤さんと山口くん」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

みかんジュースを飲み比べ オレンジ不足の今、美味しい“みかんジュース”を探せ!

ニュースでも話題になっていますが、実はいま、オレンジジュースが世界的にも危機的な状況になっているのを
ご存知でしょうか?一部のメーカーでは、値上げをしたり、一部サイズの販売を休止にしたり、さらには、原料がなくなり次第、販売自体を休止するといった事態にまで追い込まれています。

なぜ、オレンジジュースが危機的なのか?
オレンジの主要な輸入先であるブラジルでの不作が原因の一つにあるそう。特に2021年以降、ハリケーンや大雨など悪天候が重なった上、カンキツグリーニング病のまん延などの影響で不作が続いているんだそう。世界的な果汁不足に加え、日本では円安が重なって、販売休止や価格の高騰が相次いでいます。

こうした状況を踏まえ、「みかん果汁」がブレンドされたものも発売されているんです。
例えば、セブン&アイ・ホールディングスのプライベートブランド、セブンプレミアムからは、みかん果汁と混合した「オレンジとみかん果汁100%」が発売されています。

こちらは、オレンジにうんしゅうみかんがミックスされた果汁100%の濃縮還元ジュースで、お値段は税込203円。

果汁100%と一口に言っても、「濃縮還元」と「ストレート果汁」と2種類がある!
まず、「ストレート果汁」とは・・・搾った果汁を加熱殺菌し、そのまま詰めたもの。

「濃縮還元」とは・・・
搾った果汁を、加熱したり、真空状態にしたり、凍結させたりするなどして含まれる水分を飛ばし、ペースト状に濃縮させた後、再び水分を加え元の濃度へと還元させたもの。
⇨濃縮してペースト状にすることで、輸送コストを抑えることができる上、長期保存が可能になったり、味の調整ができるため、年間を通して一定の品質を保つことができるんだそう。


「えひめ飲料から発売。ポンジュース!!」

愛媛を代表するお馴染みの「ポンジュース」!
うんしゅうみかんとオレンジをミックスした果汁100%の濃縮還元ジュース。
・・・なんですが、実は、果汁100%ジュースになってから、55周年を迎えた今年4月にリニューアルをしていたんです。どこをリニューアルしたかというと、みかん果汁の甘みをプラスし、みかんのおいしさをより引き立て、まろやかに仕上がるよう柑橘ブレンドを追求したそうです。

実は、パッケージも少しリニューアルしていて、パッケージの下の方に「オレンジみかんジュース」と表記していたんですが、リニューアル後は、みかん果汁の配合の方が増えたので、「みかんオレンジジュース」となっているんです!800mlでお値段は、税込430円ほどです。

「ポンジュース の裏切らなさがすごい!美味しい!」


「無印良品から発売。果汁100%ジュース みかん」

うんしゅうみかんを使った果汁100%の濃縮還元ジュースです。
195gでお値段は、税込140円です。

「うまい!身近なみかんの味がする!」

「愛工房から発売。宇和島みかん!」

うんしゅうみかんを使った果汁100%のストレートジュースです。
成城石井などで購入することができて、125mlでお値段は税込161円です。

「美味しい!友達にちょっとプレゼントするのにちょうどいいかも!」

「ワオコールドプレスオーチャードから発売。マンダリン!!」

マンダリンは、日本でいう「みかん」のことだそう。
こちらも果汁100%のストレートジュースです。
成城石井やマルエツなどで購入することができ、215mlで税込388円ほどです。

「美味しい!けど、知っているみかんの味というより、“マンダリン”って感じ!」

2人「幸せになれるのは、宇和島みかん!!」

皆さんもお気に入りのみかんジュースを見つけてみてはいかがでしょうか?

Facebook

ページトップへ