JO1・白岩瑠姫「通訳の人がやっぱり大変」2ndシングル「STARGAZER」の裏側を語る

月曜から木曜の深夜に放送中のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』。8月10(月)の放送は、今年3月にデビューしたボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)から白岩瑠姫さんと與那城奨さん、次長課長・河本準一さんが出演。

JO1メンバーのプライベートや、河本さんの出身地・岡山県の話題で盛り上がりました。(TOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』8月10日(月)放送分)

JO1のそのほかの記事はこちら

與那城奨がコーヒーにハマったきっかけは?

各界の大物たちが訪れ、「ここでしか語れない」様々な会話が繰り広げられるBAR「SPEAKEASY」。8月10(月)の放送では、JO1(ジェイオーワン)から白岩瑠姫(しろいわるき)さんと與那城奨(よなしろしょう)さん、次長課長・河本準一さんが来店しました。冒頭では、與那城さんが大好きなコーヒーの話題に。

與那城:1日に3杯以上いつも飲んでるんで、たぶん寝られないんですよね。

河本:バッキバキになってんねや(笑)。

與那城:夜の12時辺りから、目バッキバキになっちゃって。

白岩:しかも今日も僕、夕方くらいから奨くんと一緒に居るんですけど、某コーヒーショップで特大のコーヒーを2回買いに行って、店員さんに「この時間にそんなに飲んだら、寝られなくなっちゃうよ」って。店員さんに心配されて(笑)。

河本:え、あの某ショップの1番デカいやつ?

與那城:そうです。

河本:2つ?

白岩:しかも1人で。

河本:どうしたの(笑)。

水の代わりとしてコーヒーを愛飲しているという與那城さんは、コーヒーにハマり出したきっかけを語りました。

與那城:元々、僕が中学生の頃に母親が飲んでいて、当時は美味しそうだと思っていなかったんですよ。でも親はずっと飲んでいるんで、ちょっと興味が湧くじゃないですか。しかもその時、親がミルクを入れて飲んでいて「すごく甘い」と言っていたんで。「甘いんだったら飲めるんじゃないかな」って思って、そこから入ったんですけど、当時はめちゃくちゃ苦くて「こんなまずいものよく飲めるな」って。

河本:甘いやつを入れてても苦いって思うやろ? 中学生くらいやったらそうやんなあ。

與那城:中学校で受験勉強をしている時に、やっぱり集中したいじゃないですか。そういう時に、ペットボトルのちょっと甘めのコーヒーあるじゃないですか。あれを飲み出してからスイッチが入るというか。僕の中で集中する時にはこれ飲んで、みたいな。

河本:それが今のダンスだ何だっていう時に、必ず……。

與那城:飲まないとちょっと切り替えられない……。

河本:今日もさっき会った時、コーヒー持ってた。

白岩:そうなんですよ。

河本:いや俺、それ知らないから。デッカいやつを2回飲んでいるっていうのを知らんから。

與那城:あれ、2杯目です。

河本:いや……そんなに飲まんでええやん。

與那城:しかも同じところで買ってるんで、「また来ましたね」って言われて。

河本:そりゃ言われるわ。

JO1・2ndシングル「STARGAZER」制作の裏側

現在JO1のメンバーは、ダンスは韓国にいる振り付けの先生の動画を見て、ラップとボーカルもリモートとという形で各自レッスンを行っているそうです。白岩さんは、ソーシャルディスタンスによって曲の振り付けにも影響が出ている事を明かしました。

白岩:元々、手を繋いでた振りとかは全てなくなって、振りが変わるんですよ。だから1曲なのに、何個も振りつけを覚えなきゃいけなくて。

與那城:しかも僕たちは、最初の手を繋ぐとか、元々の振り付けを徹底的に体に染み込ませた状態で、「よし、やる」ってなった時に「じゃあ、ちょっと振り付け変わります」みたいな(笑)。

河本:「うわあ!」ってなるわなあ。

白岩:だから「いつでもどっちでも行けるようにしておいてください」って言われて、それが1曲だけじゃなくて何曲もあったので。それは……(元の振り付けが)染み込んじゃってたものなので。

與那城:ちょっとそれは難しかったよね。

白岩:位置とかも変わっちゃうし。

放送では、8月26日(水)に発売されるJO1の2ndシングル「STARGAZER」から「OH-EH-OH」のショートバージョンをオンエア。JO1のメンバーは、リモートで行われたレコーディングの際も、レッスンの時とはまた違った苦労を感じたそうです。

白岩:(日本と韓国で)通訳をしてくれる人がやっぱり大変ですよね。

與那城:韓国に居るんですけど、(通訳の人は)韓国の方の話を聞いて、僕たちにも伝えてくれて、僕たちが言ったこともまた韓国の人に。

河本:韓国の通訳の人も上手な人だったら、どうしてもお互いの言い合いとかもあるじゃん? そういうところを上手いこと「ここは言わん方がいい」と思ったら、それを省いて通訳するからね。

白岩:それも僕、分かるんですよ。分からないんですけど、結構(韓国側が)言ってると思うんですけど、(通訳の人は)親切で、それを僕たちがすごく受け取りやすい感じにしてくれてるなっていうのが分かるんですよ。だからこそ、僕らものびのびできてるというか。

與那城:やりやすく、本当に気を遣っていただいていると思います。絶対、言われてすぐ普通に通訳できるじゃないですか。一旦ちょっと待って、考えてきてくれるから……。

河本:俺も韓国行った時に、その通訳の人がまた通訳でっていう時に、結構ガチャガチャって揉めた時にバーッて言ったんだけど、俺の通訳をせずに「アンニョンハセヨ」って……。

白岩・與那城:(笑)。

白岩:いや、本当、でもそんな感じですよね(笑)。

岡山出身の河本、同郷の芸能人に疑問「豆ちゃんは岡山じゃないと思う」

番組の後半は、白岩さん、與那城さんの2人がスタッフからの河本さんのタレコミ情報を本人に確認していく形で、河本さんがキャプテンを務めるアイドルグループ・吉本坂46のオーディション裏話や、河本さんの出身地・岡山県の話題で盛り上がりました。

與那城:岡山出身なんですね?

河本:そう。だから、メンバーの豆ちゃん(豆原一成さん)と同郷なのよ。いや、ちょっと待ってよって思うんだけど……俺、岡山の友達もいるし、知ってるんだけど、桜井日奈子ちゃんも岡山なのよ。と、豆ちゃん? 俺、岡山じゃないと思うよ。見た事ないんだもん。

白岩:岡山ですよ(笑)。

河本:いや、いないって、スーパーに。本当「岡山のどこなの?」って思うもん。

與那城:岡山が生んだ宝ですよ。

河本さんと同郷のJO1メンバー・豆原一成さんは、過去に地元真庭市から表彰されたことがあるらしく、地元からの手厚い対応に3人は……。

與那城:あと(豆原さんの)誕生日に、岡山で花火が上がった。

白岩:岡山で?

與那城:岡山で。豆のために。

白岩:誕生日に? すごっ。

河本:……。

白岩:河本さんが……(笑)。

河本:「豆のために花火を上げた」って……。

白岩:自分の生まれた日に花火を上げてくれるって……!

與那城:どういうこと? みたいな。どんだけ前世でいい事を積んだんだって。

白岩:相当嬉しいっすよねえ。

河本:ほんまやなあ。本当、もっともっと超ビッグなスターに豆ちゃんはなってほしい。

TOKYO SPEAKEASY
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜~木曜 25時00分~26時00分
出演者:河本準一(次長課長)、JO1(白岩瑠姫、與那城奨)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#speakeasy」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

先輩に対してどうしても固くなってしまうという悩みに中元がアドバイス「少しだけ弱みを見せてみては?」


『中元日芽香の「な」』が、8月8日(月)午前7時に更新され、「ちょっぴり長電話」のコーナーで先輩と上手く会話が続かず、どうしても固くなってしまう。どうしたら気を使わずに話すことができますか?という相談に親身に答えた。

今回の相談は、仕事上の会話については問題無いが、プライベートでの会話についても仕事の時のように固くなってしまって上手く会話が続かないというもの。真面目な人なら、あるあると感じるかもしれない悩みだ。

中元は、この悩みに対してまずはこのように語りかけた。

「きっと丁寧な方というか、失礼が無いように接しているのだろうという気がする」
この中元の発言に相談者も同意し、「畏まって話してしまう。上手にコミュニケーションが取れていないと少し距離ができてしまう気がする」と、上手く会話できている人と自身を比べていると語った。

中元は、その人のキャラクターで相手の受け取り方も変わると語り、
「元々のキャラクターというか、ひょいと懐に入り込んでいくのが上手なタイプの人もいれば、飲みの席とかは無礼講ではないけどヤンチャしてもかわいいなと捉えられる人も中にはいる。」と、得意不得意はどうしてもあると話し、その上で先輩との関わり方についてこの様にアドバイスを行った。

「話していて、先輩に気を遣わないのは難しいと感じた。気を遣いつつも新しい関わり方が見つけられたら良い。言葉遣いをタメ口でいこうというのは失礼かなと思うけど、自分の話をしたりしても良いかも。弱みを見せるとか手の内を見せるのに近い感覚なので、すこし抵抗があるかもしれないけれど、先輩からすると隙というか、人間らしいところに親しみを感じて、こいつちょっといじっても良いかもしれないとか、親しくなりたいと思うのかも」

Facebook

ページトップへ