JO1・河野純喜&金城碧海、人生が変わった!?「PRODUCE 101 JAPAN」オーディション前を語る

人気ボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)の河野純喜(こうのじゅんき)さん・金城碧海(きんじょうすかい)さんが、文化放送『アインシュタイン・山崎紘菜 Heat&Heart!』にゲスト出演! オーディション参加前の話や最近のプライベートに関するトークで盛り上がりました。(文化放送『アインシュタイン・山崎紘菜 Heat&Heart!』8月23日(日)放送分)

人生が変わった!?「PRODUCE 101 JAPAN」オーディション前を語る

アインシュタインの2人と山崎紘菜さんがパーソナリティを務める、『アインシュタイン・山崎紘菜 Heat&Heart!』。今回は、8月26日(水)に待望の2ndシングル「STARGAZER」をリリースした人気ボーイズグループ・JO1から、河野純喜さん・金城碧海さんがゲスト出演しました。

昨年放送されたオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」でメンバーに選ばれた河野さんと金城さんは、オーディション前の自分について語りました。

河野:僕は大学4回生で、就活してたので。

山崎:ええっ!?

河野:(企業の)面接とか受けながら応募して。お母さんにはオーディションを第1志望とか言って。

河井:お母さんは何て言うてたん?

河野:笑ってました。

稲田:でも、反対じゃなかったんや。

河野:まあ、「受けるだけはタダやし」って。

山崎:じゃあ、もしここじゃなかったら、普通に企業にいたかもしれないんですね。

河野:そうですね。スーツを着て。

金城さんは高校卒業後、現場作業のアルバイトで朝から夕方まで働き、将来は芸能関係で働きたかった事を明かしました。

金城:自分の中で芸能関係の方に挑戦してみたいっていう気持ちもあって、親に「1年間、ちょっと挑戦する時間をください」って言って。そこで自分で調べて出てきたのが、「PRODUCE 101 JAPAN」で。(自分と河野さんは)二人とも未経験です、歌もダンスもやった事がなくて。

山崎:えっ、そうなんですか。嘘でしょ!?

金城:本当にかじった事もない二人で。

河井:ええっ!?

山崎:だって、めちゃくちゃ歌とダンス上手いじゃないですか。(アインシュタインに)観た事あります? PVとか。

河井:もちろん!

稲田:あるある!

山崎:めっちゃ上手いじゃないですか。

河井:そりゃもう、そこから猛特訓って事やろうけど、オーディションを受ける時ってどうしてたん?

金城:だから、二人ともオーディションの映像が結構残ってたりして、その時のダンスはもうひどい(笑)。

金城碧海は朝が苦手?

番組恒例のサイコロトークでは、金城さんが「やらかした話」をテーマに、朝が苦手である事を打ち明けました。

金城:僕、朝が苦手で……本当に申し訳ないと思ってるんですけど、結構な頻度で寝坊しちゃう事が多くて。

河井:それはレッスンとかに?

金城:そうですねえ。

河井:一緒に住んでたら、まだ起こしてくれるんちゃう?

河野:起こしに行くんですけど、ピンポン押しても出なかったり。

山崎:何度か迷惑かけた事あるんですか?

金城:何度もあります。何時間ってほどではないんですけども、僕らは日々練習する時間も本当にみっちりやってるんで、30分、20分でもうちょっと……。

河井:まあ、そりゃそうやわなあ。みんなは準備運動とかして、よーいスタートでやるところを、その時間遅れてきてるて事やな。

山崎:メンバーの誰かに怒られたりとかしないんですか?

金城:でも、本当にみんな優しくて。注意はしてくれるんですけど、優しく注意してくれますね。

その後、金城さんの話を聞いたアインシュタインの二人は、それぞれ自分の体験談を元にアドバイスも贈りました。

河野純喜が最近ハマっている食べ物

河野さんのサイコロトークでは、「ハマっている話」をテーマに。「料理」にハマっているそうです。

河井:みんな、ご飯は各々で食べてるの?

河野:各々です。みんな(料理を)持ち寄ったりして。

山崎:ああ、楽しそうですねえ。いいなあ。

河野:僕ヤンニョムチキンとかも作ったり。

稲田:韓国の?

河井:自炊始めて、序盤にする料理ちゃうで?

その後、山崎さんから「最近ブームな食べ物」について訊かれた河野さんは……。

河野:最近は……キウイを切って食べるだけです。

稲田:幅えぐいなあ……。ヤンニョムチキンの次はキウイ?

河野:ゴールデンキウイを毎朝食べてます。

山崎:美容のためみたいな事ですか?

河野:確かに、JO1のみんなは見た目も気にせなあかんもんね。

山崎:美容ケアで気を付けてることとかあるんですか?

河野:食べ物はめっちゃ気を付けてて。ブロッコリーとか、食べる肉は鶏肉でとか。

河井:せやけど、もうこんだけ動いてたら、しっかり食べても大丈夫やで。ほんなら、金城くんは食べるものは何が好きなの?

金城:僕は……リンゴが好きです。

河井:え……? 小動物なの?

金城:僕、リンゴが好きです。

アインシュタイン・山崎紘菜 Heat&Heart!
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 16時00分~16時55分
出演者:アインシュタイン、山崎紘菜、ゲスト:河野純喜、金城碧海(JO1)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ヒトハト」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「顧問が依頼演奏を受けすぎる!」10代吹奏楽部員の相談 こもり校長(GENERATIONS小森隼)が楽しくステージに立つ”プロ”のアドバイス

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。5月27日(月)は、「文化部の悩み」をテーマに放送。パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とCOCO教頭(CRAZY COCO)が、文化系の部活に所属する10代リスナーに困っていることを聞きました。そのなかから、「8月のコンクールの練習ができない」という16歳のリスナーとのやり取りを紹介します。



こもり校長:今夜は、文化部限定の悩み相談室を開催。というのも、部活の悩み相談で話を聞くのって、運動系が多いイメージない?

COCO教頭:たしかにね。上下関係の悩みとかは、体育会系のほうが多いイメージはある。

こもり校長:そう! でも、文化部だって悩みはあるわけよ! 今夜は、文化部に所属している生徒(リスナー)から、文化部ならではの悩みを聞いていきます!

――16歳(高2)の「文化部の悩み」

このリスナーは、吹奏楽部に所属しています。顧問が“依頼演奏”を引き受けすぎて、キャパオーバーだと言います。8月にはコンクールがありますが、その練習がままならないとのことです。

――顧問が学校外からの“依頼演奏”を募集

こもり校長:“依頼演奏”って何なの?

リスナー:この前は(依頼されて)マラソン大会の応援に行ったんですけど、ゴール手前で4時間ぐらい曲を吹き続けました。これからあるのだと、自衛隊の音楽隊の人たちと一緒に演奏します。

こもり校長:学校外のイベントの演奏も依頼されるってこと?

リスナー:そうです。

こもり校長:それを顧問の先生が引き受けすぎるの?

リスナー:はい。先生が、最近インスタで「募集してます」みたいなのを作っちゃって……。

こもり校長:(笑)。それに、依頼がめっちゃくるんだ?

リスナー:はい。「どんなイベントでもいいので引き受けます。生徒たちが盛り上げに行きます!」みたいな(笑)。

――本当はコンクールに注力したいけど……

こもり校長:でも、実際に依頼があるってことは求めている人が多いんだね。それはいいことだと思うんだけど、大変なんだよね?

リスナー:(依頼が多くて)大変なんです。6月はコンサートで3曲演奏して、その1週間後には10曲練習しないといけなくて、7月は甲子園の野球応援で20曲ぐらい……(笑)。8月にはコンクールもあるので、その練習もあります。

こもり校長:ヤバっ(笑)。でも正直な話、コンクールが一番大事なんじゃないの?

リスナー:そうなんです(笑)。

こもり校長:でも、8月までに30曲以上練習しないといけないんだよね。それで、コンクールまでに仕上げられるの?

リスナー:いや、全然……(笑)。まだ楽譜を読んだくらいなんです。個人的には、(今の時点で)9割くらいできるようになっていたいんですけど。

こもり校長:忙しくて、追いついていないってことだよね。

COCO教頭:他の曲を、いっぱい練習しないといけないんだもんね。

リスナー:はい……(笑)。

こもり校長:もう動きがアーティストだよね(笑)。

COCO教頭:フェスの時期のアーティストみたいだよね(笑)。

――校長も経験! マネージャー(顧問)とプレーヤー(部員)の思い

こもり校長:それさ、顧問に「減らして」って言えないの?

リスナー:言いにくいです……。

COCO教頭:同じ吹奏楽部の子たちはどう言っているの?

リスナー:「先生に言われたからやるしかないよね」みたいな。

こもり校長:でも顧問が依頼を受けるのは、生徒のためを思ってだよね? 経験も積めるし、地域と交流もできるしね。

リスナー:はい。

こもり校長:顧問の気持ちもわかるけど……“マネージメントとプレーヤー”の思いが、かみ合わないこともあるんだよね。マネージャーはプレーヤーをよくしたいと思って、理想を現実にするために予定を組んでくれるわけ。でもこっちからすると、いっぱいいっぱいになるとどうやって息抜きしたらいいかもわからなくなる……!

COCO教頭:あの、去年のツアーの話をしてます?

こもり校長:ほぼほぼそうです! 僕もそんな感じでした。毎週違うフェスに出て、セットリストが全部違うみたいな!

COCO教頭:(笑)。

こもり校長:立ち位置も全部違うけど、みんなで集まれる日は1日。しかも1時間しかなくて……(笑)。

リスナー:(笑)。

こもり校長:結局「時間がないからぶっつけでいきます!」ってなって、「えーっ!」みたいな(笑)。まさに、同じ状況だったよ。でも、顧問の気持ちもわかるし……。

COCO教頭:両方の立場がわかるね(笑)。

こもり校長:でも、プレーヤーの気持ちもわかってもらいたい……めっちゃ大変なんだよ(笑)。自分が何をしているか、わかんなくなっちゃうからね。

リスナー:はい……(笑)。

COCO教頭:でも、楽しんではやれているの?

リスナー:当日は楽しくやれています。

こもり校長:そうだよね。本番は楽しいよね。

リスナー:でも、それまでが……。

COCO教頭:そうだよね。今は一番大変だね。

――この状況を乗り切るには?

こもり校長:個人的なアドバイスとしては……練習の時間だけ100%やって、それ以外の時間は何も考えちゃダメよ。「ああしたほうがよかったかなぁ」と引きずっちゃうと、練習が終わってもオンオフが切り替わらなくて、どこが100%かわからなくなっちゃうのよ。そしたらバランスが崩れちゃうから。

リスナー:あ~……!

こもり校長:練習する日が決まっているなら、そこだけに集中する! それ以外は、やらなくてもずる休みじゃないから! その割り切り大事だよ。

リスナー:はい!

COCO教頭:これが、プロのやり方だね(笑)。校長のアドバイスを聞いてどう思った?

リスナー:参考になります。

こもり校長:疲弊したら終わりだからね。それだと、本番も楽しくなくなっちゃうから!

リスナー:はい!

こもり校長:オンオフしなよ! 疲れたら「疲れた!」って言いなよ? ちゃんと休めよ! 何かあったら、話聞くからな!!

リスナー:はい(笑)。

こもり校長:8月まで大変だと思うけど、頑張れよ!

COCO教頭:頑張ってね!

リスナー:頑張ります!

----------------------------------------------------
5月27日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月4日(火)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ