菅田将暉、新アー写は綾野剛が『MIU404』の現場で撮影「俺が写真を使われる度に…」

ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』に、綾野剛さんがゲスト出演! ドラマ『MIU404』でのエピソードや、菅田さんの宣材写真に関するトークで盛り上がりました。(ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』9月7日(月)放送分)

綾野剛『MIU404』の役作りを語る「伊吹はジャンプだ」

今回は、ドラマ『MIU404』で菅田さんと共演した綾野剛さんがゲスト登場! 主演・伊吹藍の役作りについて語りました。

綾野:俺、本当に少年漫画しか作ってないから、あの役。

菅田:えっ、漫画読みながらなんとなく?

綾野:そう。少年漫画のエキスだけをあの役に突っ込んだから。

菅田:へえ、おもしろっ。例えば、漫画でいうとどういう。

綾野:もう、「ドラゴンボール」からまっすぐ。だから、「少年ジャンプ」。

菅田:確かに、それで言うと「オス! オラ伊吹」感は。あのパーンッっていう。

綾野:あと「まあ、いっか」とか。すぐ言語化できない自分の感情を、そういう風にとりあえずすぐ闘うみたいな。

菅田:なるほどねえ。主人公感とか確かにそういう意味でいうと。それはおもろいっすねえ。

綾野:だから本当、ずっと少年漫画ばっかり読んで、途中から(脚本家の)野木(亜紀子)さんに「そろそろ青年漫画読んでください」って言われて(笑)。「8話くらいから青年漫画お願いします」みたいな。

菅田:へえ、おもしろっ。そんな作り方もあるんすね。俺、初めて聞いた。

綾野:そうね。もちろん、警察の機捜(機動捜査隊)である事だとか。実は俺、過去に警察でSATだとか機捜もやってるのよ。「日本で一番悪い奴ら」でそういうので。だから、大体の事は何となく把握してるけど。

菅田:業務の意味でのね。

綾野:でも、そういう事じゃなくて。「これ何やろなあ。いや、ジャンプだ。伊吹はジャンプだ」って、ふと思って。

菅田:それ、おもしろっ。あんまり役作りの内容とか聞かないっすもんね。

綾野:そうね、俺も話さないからね。ちょっと変な感じするね(笑)。

菅田:へえ。ちょっと普通に勉強になったなあ。漫画か。俺、死ぬほど漫画読んでるのに、それやってないもんなあ。

綾野剛撮影! 菅田将暉の新しいアー写「"©綾野剛"って書いてある」

菅田さんは、所属事務所の公式サイトに掲載されるアー写(宣材写真)を綾野さんが撮影した写真に変更した事を明かしました。

綾野:今世紀1番びっくりしたよ。俺ね、「もうアホなんかな、この事務所」って思ったくらい(笑)。凄過ぎでしょ。

菅田:いやいや、単純にいい写真やったっていうのもあるんじゃない。あと、元々の俺のアー写が暗過ぎて。『糸』っていう映画の番宣で、いろんなバラエティ番組に出させてもらった時にアー写って出るじゃないですか。その度に出演者から言りゃ「暗ないか?」と。有吉(弘行)さんとかにも「何も見えへんやん」みたいな。

「確かにこれは影強いしなあ」って言ってたところで、この『MIU404』の現場で剛くんが急にカメラ持ってきて、「ちょっと将暉、写真撮っていい?」って言いながら撮り出して、「光欲しいから、窓際のところに……」みたいな。「ああ、やっぱり窓際の光ってええんやなあ」みたいな(笑)。

綾野:そうそう(笑)。毎回、俺たちも取材の時に窓際へ行かされて、「また窓際か。どの媒体も窓際になってまうやん」って。

菅田:この世の取材写真、8割窓際ですもん。

綾野:「嫌やし」って。窓際の顔とかもうないっていう。そこの顔ももうないし、出し尽くしたし、役作りより異常にムズいから。

菅田:ムズいっすね。窓際で動ける事っていったら、本当に肘を付くか、ガラスにくっつけるくらいなんで。

綾野:あとは、あさっての方向に向くか(笑)。

菅田:そう。あさっての方向に向くくらいなんだよね(笑)。って思ってた時に、やっぱ窓際でしたね。窓際で撮った写真が良かったんで、そのままアー写にしましょうという。

綾野:いやあ、そこがねえ、トップコートの凄さですよ。菅田将暉の凄さですよ。だって、「LOVE」も(仲野)太賀が撮ってくれて。そういう事だよねえ。「こうやって売れてくんやな、カメラマン」って思ったもん、俺。

菅田:え、マジっすか。太賀もそうやって思ってたのかな。

綾野:思ったと思うよ。だってさ、まさか自分がさ、芝居以外で何か認めてもらえるなんて思ってもなかったから。

菅田:"©綾野剛"を初めて見ましたもん。

綾野:でしょ(笑)。

菅田:ちゃんと俺のアー写をよう見てほしい、みんな(笑)。"©綾野剛"って書いてあるから。

綾野:俺、めっちゃ笑ったもん、あれ。熱いわあって思って。

菅田:著作権は剛くんのところに。俺が写真を使われる度に"©綾野剛"がたぶん使われるわけですよ。

菅田さんの新しいアー写はこちら

"y"さんからの電話、折り返した結果は…?

番組中、菅田さんの携帯に1本の電話が入ります。菅田さん曰く、発信者は"y"と書かれた人物で、山田孝之さん、山田洋次さん、J.Y. Parkさん、ユアン・マクレガーさんらが候補に挙がる中、菅田さんは"y"さんに折り返しの電話をかけます。

菅田:"y"さん、出るかなあ。ユアンさん(※正式表記は"Ewan")。まあ、でもこの時間に電話かけたって事はたぶん、ラジオをやってるって知ってての確信犯でしょう? もしくはユアンなんで、海外に居るんで、時差で向こうは昼なのかも。

綾野:なるほどね。

(電話の呼び出し音)

菅田:全然出えへんな。

綾野:出る気ないな。

菅田:全然出ないな。

綾野:この音(笑)。こんなにこの音をちゃんと聴いたの久々だな(笑)。なかなか聴かへんやん。

菅田:『オールナイトニッポン』で、この音をこんなに聴かせる事もないですしね。

綾野:ちょっと、音だけ聴いてみる?

(電話の呼び出し音)

菅田・綾野:はははは(笑)。

菅田:何、これ(笑)。全然……出ろや米津っ!! おい、米津玄師出ろやっ!!

『Mステ』出演裏話、Creepy Nuts・DJ松永のトークに……

またオープニングでは、Creepy Nutsとのコラボ楽曲『サントラ』で「ミュージックステーション」(テレビ朝日、9月4日放送)に出演した菅田さんが、DJ松永さんのトークについて触れました。

菅田:観ました、あれ? 横で聞いててゾッとしたもんな……。何なん、あの人? 世界一のメンタルですよ。俺、あんな「Mステ」で喋ってる人、見た事ないもんな。しかも全然、タモリさん喰いついてなかったし。

いや、あれね、本当はもっと曲の話とかをする場なんですよ。「今回のコラボ楽曲はどういう想いで作ったんですか?」とか、コラボの経緯であったりとか。松永さんも初登場なんですから、どんだけ出たかったとかさ。そういうアーティストとして到達したところなのに、何でずっと寿司? アホなんちゃうかっていう(笑)。

続けて菅田さんは、Creepy Nutsが番組にゲスト出演した回(6月30日放送分)でのやりとりを振り返りました。

菅田:みんなで『サントラ』の話をしようと言いつつも、脱線したんですよ。俺とR(R-指定)さんが盛り上がって、松永さんがその時ずっと「いや、曲の話しようや! 俺、曲の話したいねん! おい、お前ら今日解禁日やぞ!? 曲の話したいねんっ!!」。じゃあ、曲の話しろや(笑)。いざとなって何でせえへんねんっていう。本当に……冒頭から汗かくわあ……。

菅田将暉のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 25時00分~27時00分
出演者:菅田将暉、ゲスト:綾野剛
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#菅田将暉ANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

コシノジュンコ、「ファッション」を語る “たかが洋服”ではない

ファッションデザイナーのコシノジュンコが、5月9日(日)に放送された、女優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)にゲスト出演。文化服装学院に入学して、飛び級でデザイン科へ入り、史上最年少で新人デザイナーの登竜門である「装苑賞」を受賞。1960年代からファッション界をリードして、いまも日本と世界のファッション業界で活躍するコシノが、改めて洋服の魅力や、日本人のファッション感覚について語った。

コシノ:洋服は“たかが洋服”ではなく、すごく大切ですね。自分の気持ちを変えてくれます。朝起きて、今日何を着るか。着るものが決まると仕事もすごいスムーズじゃないですか? 会う人によって『この服はどうかな?』って。外に出ようと思って雨だったり。服装によって表現するわけです。だから便利といえば便利だけど、大変といえば大変。でも、ドン! と後押しをしてくれるような気がするんです。

戸田:はい。

コシノ:頭の切り替えと気持ちの切り替えができるので、新しいチャレンジができますね。

戸田:分かります。洋服が決まると、その日の行動もこれで決まった! みたいな。

コシノ:女性は毎日着替えるでしょ? ちょっとでも変えるじゃないですか? でも男性は少々変えなくても分からないですよね。ひとつのジャケットを毎日着ていても大丈夫で、ちょっとネクタイを変えたりするだけで変えられる。でも、たった一つの自分の自信のあるジャケットがあることも大切です。

戸田:なるほど。

コシノ:特に、外国に行って名刺を出しても覚えていてくれないですよね。着ているものの印象で、「あの時、あれを着ていた人ね!」って、それなんです。一気に近付いてくれるというか。

戸田:海外の人ってよく、初めて会っても洋服のことを褒めてくれますよね。

コシノ:そう、ニューヨークで私が歩いていたら、車がパーっと止まって「ねえ! その洋服どこで買ったの?」って。わざわざ車を止めて話をします?

戸田:そうですね、日本じゃ考えられない(笑)

コシノ:勘がいいというか、積極的という。アメリカ人は平気ですね。

戸田:そうですよね。

コシノ:ファッションって表面だけに見えますけど、一種の世の中の動きみたいなものだと思うんです。ファッションは、流行という意味でしょ? 世の中の流行を着るわけです。日本には四季があるから、「四季」が一番のテーマですよね。一方で四季のない国は、ファッションの変化どころか、発展が遅い。

戸田:そうか……。

コシノ:特に東南アジアとか、ずっと暑い国。例えばインドだったらサリーさえ着ていれば、きれいな色だったら何とかなるみたいな。だからファッションと縁遠いんですよね。暑い国は簡単に、布一枚で着られちゃうから。でも日本は、今暑いと思っても冬が来るし、寒いかと思ったら春、夏……とその変化があるから発展していくわけ。だから流行に敏感なの。

日本では春夏秋冬に合わせ、服を変えていく生活環境だからこそ、ファッションが発展して流行にも敏感になった、と語ったコシノ。

この他にも番組では、70年代、ファッションや音楽など東京カルチャーの発信地だった原宿での思い出や、いいデザインや理想のデザイン、フレディ・マーキュリーとの秘話も紹介。終盤には、これからの予定や夢を語る中で、コシノは「日本の中で、日本の文化とか伝統とかにもっと興味をもって。今まで見られなかった、日本の伝統的なものを積極的に見るとか……」とコメント。いまはコロナ禍だが、それが終息したら日本の素晴らしさを、自信もって海外に発信できるようにしたいと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ