山下達郎が選曲と音質にこだわるラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』

ミュージシャン・山下達郎さんがパーソナリティを務める、TOKYO FM『山下達郎のサンデー・ソングブック』(通称:サンソン)。山下さんが所有する膨大なコレクションから、最高の選曲と最高の音質で、珠玉の名曲をお届けする『サンソン』の魅力を紹介します。

『山下達郎のサンデー・ソングブック』とは

山下達郎さんがパーソナリティを務める『山下達郎のサタデー・ソングブック』は、TOKYO FMをキー局に JFN系列で毎週日曜14時から14時55分まで放送されています。1992年10月3日に『山下達郎のサタデー・ソングブック』(毎週土曜15時〜)として放送がスタート。1994年4月3日から放送枠を毎週日曜14時に移動し、現在の番組名に変更しました。

例年、8月と12月の第3週・4週には、妻・竹内まりやさんを迎えての「夫婦放談」を行っており、メディア出演の少ない2人によるトークがじっくり聴ける貴重な放送です。

山下達郎の楽天カード サンデー・ソングブック
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週日曜 14時00分~14時55分
出演者:山下達郎
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#sundaysongbook」

※放送情報は変更となる場合があります。

音へのこだわり「最高の選曲と最高の音質」

番組HPに「“エバーグリーンなオールディーズ・ソングから、超絶カルトなレア音源まで”最高の選曲と最高の音質でお届け。」と記載されているように、『サンソン』では山下さんが所有する膨大なコレクションから珠玉の名曲が選曲されます。

オンエアされる楽曲のジャンルは、1950年代から70年代にかけて流行したロック、R&B、ポップスなど、いわゆるオールディーズが中心です。原則として邦楽や最近の曲を取り上げる事はなく、山下さん自身の楽曲や竹内まりやさんの新曲、山下さんが所属する事務所のミュージシャンによる楽曲などに限定されます。

山下さん自身が事前に音楽編集ソフトウェアでラジオ向けにマスタリングした音源をオンエアするなど、山下さんの音に対する強いこだわりが見られるのも番組の魅力です。

『サンソン』番組企画をご紹介

間もなく放送1500回、来年には放送30周年を迎える『山下達郎のサンデー・ソングブック』。番組で行われているレギュラーコーナーや、恒例となっている特別企画の一部をご紹介します。

レコード棚からランダムに紹介「棚からひとつかみ」

山下さんが保有するレコード棚の中からアトランダムに楽曲がオンエアされるコーナー。通称"棚つか"。曲と曲との間には、リスナーから寄せられたハガキが紹介されます。リスナーからのリクエストと合わせた「棚つか+リクエスト」や、特定のテーマを決めた「○○で棚からひとつかみ」で展開される事も。

リスナーからのハガキを紹介「リクエスト特集」

リスナーから寄せられたリクエストに山下さんが応えながらハガキを紹介していく企画。例年、7月後半2週間・8月前半2週間の計4週にかけて行われる「納涼リクエスト大会」、12月前半2週間の「年忘れリクエスト大会」、1月の「新春リクエスト特集」などが挙げられます。通常時よりハガキが多く寄せられるため、「棚からひとつかみ」と併せて「棚つか+リクエスト」となる事もある人気企画です。

他にも、誰でも知っている曲のリクエストに答える6月期の定番企画「ベタなリクエスト特集(ベタリク)」や、リスナーからのわがまま、無理難題に応える「わがままリクエスト特集(わがリク)」などがあります。

定番企画「テーマ特集」

前・後編の2週(1週のみ、3週以上の場合もあり)にわたって放送される企画。3月のひな祭り前後の放送回では「ガールシンガー・ガールグループ特集」と題して、竹内まりやさんの楽曲が入っている事も定番です。過去には季節に応じた特集も数多く組まれており、「雨の唄特集」や「Doo-Wop特集」などが放送されています。

ツアー活動などハガキをチェックする時間が取れない時期には、特定の人物やジャンルによるテーマ特集が組まれる事もあります。

竹内まりやがゲスト「夫婦放談」

原則的に8月と12月の末尾2週にわたって行われる特別企画。妻・竹内まりやさんをゲストに迎え、8月は「納涼夫婦放談」、12月は「年忘れ夫婦放談」と題して、竹内さんが選んだハガキを読みながら2人で進行していきます。

竹内さんが定期的に出演する唯一の番組でもあり、竹内さん自身の近況はもちろん、山下さんとの日常的な会話が楽しめます。竹内さんが新作アルバムを発売する際は「夫婦放談」の形式で特集が組まれ、個々の収録曲についての解説が行われます。

「納涼夫婦放談」の前編では、山下さん・竹内さんのデュエット曲『Summer Vacation』、後編には山下さんの楽曲『さよなら夏の日』が選曲されるのが恒例です。クリスマス直近の放送回には、山下さんの『クリスマス・イヴ』、竹内さんの『素敵なホリデイ』がほぼ毎年放送されています。

正月恒例企画「新春放談」

毎年1月の第1週・第2週に行われる対談企画。元々は他局で1980年代から行われていた、山下さんと大滝詠一さんによる正月恒例の企画でした。番組リスナーにとって大滝さんの近況を知る事ができた数少ない機会でもあり、『サンソン』開始後も2011年まで2人での対談が行われていました。

2012年以降は「新春リクエスト大会」を行う事が多かったものの、2020年より音楽評論家・宮治淳一さんをゲストに迎えての「新春放談」が再開されました。

長年にわたり、オールディーズを中心とした数多くの音楽の魅力をラジオで発信している山下達郎さん。普段では耳にしない貴重な音源にも出会えるかもしれない『山下達郎のサンデー・ソングブック』は、山下さんのファンだけでなく音楽好きも必聴ですよ!

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ