【梶裕貴編】声優がパーソナリティを務めるラジオ番組

『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役や『七つの大罪』のメリオダス役など、人気作品に数多く出演している梶裕貴さん。1年で最も活躍した声優に贈られる「声優アワード」では、主演男優賞を2年連続(第7回・第8回)で受賞するなど、名実ともに人気声優の一人として活躍しています。

今回は梶裕貴さんがパーソナリティを務めるラジオ番組をご紹介します。

梶裕貴、宮野真守、神谷浩史、福山潤…男性声優がパーソナリティを務めるラジオ番組

梶裕貴出演 TBSラジオ『Spoon presents 梶裕貴 声のひとさじ』

『Spoon presents 梶裕貴 声のひとさじ』は、2021年4月1日(木)にスタートした、梶さんにとって初めての生放送レギュラー番組です。梶さんが"声"にスポットを当て、声優だけでなく俳優や歌手など、梶さんにゆかりのあるゲストを交えてトークをお届けします。これまで神谷浩史さんや下野紘さん、石川由依さん、雨宮天さんらがゲスト出演し、梶さんとの楽しいトークを繰り広げてきました。

また番組は、声だけで誰でも自由に配信ができる音声配信サービス「Spoon」とも連動しており、TBSラジオと同時生配信を行っています。Spoonアプリでは、過去の放送分を1ヶ月間さかのぼっての視聴が可能です。

Spoonアプリの"TALK"機能を利用したコーナー「かじどら キラーフレーズ」は、お題に沿ったセリフをリスナーから募集し、ミニドラマを完成させます。採用されるとセリフが流れるので、梶さんと夢の共演も……! 同じく"CAST"機能を利用したコーナー「さじを投げるな!かじに聞け!」では、梶さんと生電話をしながらリスナーの悩みを解決に導いていきます。

番組コーナーに声が採用された人、お便りが読まれた人全員に番組特製のアイススプーンとステッカーをプレゼント。生放送終了後、Spoonアプリでは毎回10分前後のアフタートークも配信しています。

Spoon presents 梶裕貴 声のひとさじ
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週木曜 21時30分~22時00分
出演者:梶裕貴
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#かじさじ」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

鈴木伸之、“踊るヒット賞”を取って以来「笑いを欲しがるようになってしまった」

7月30日(金)深夜、俳優の鈴木伸之(劇団EXILE)がパーソナリティを務めるラジオ番組「鈴木伸之のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・24時~)が放送。これまでの俳優生活で唯一獲得できた賞は「踊るヒット賞」だと語る場面があった。

鈴木伸之

鈴木は2010年に劇団EXILEに加入。大ヒット上映中の映画「東京リベンジャーズ」や、現在放送中のドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)、そして10月から放送予定のドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)に出演するなど、精力的に活動している。

冒頭、「すごい、感慨深いですね」と切り出し、5年程前からずっとラジオ番組のパーソナリティを担当したかったと語り、それが実現したことに喜びを語った。

「俳優として賞を取るのが夢の1つ」という鈴木。これまでに唯一獲得できた賞は、人気トークバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)の“踊るヒット賞”だと振り返る。

「10年間やってきた中で、1個だけ取れた賞があるんですよ。踊るヒット賞なんですよね。これはですね、ちょっと面白おかしく聞こえたかもしれないですけど、僕の中ではものすごくうれしくて!

僕は俳優を10年間続けてきたのに、Wikipediaの『人物』の欄に、漢字で“食欲旺盛”の4文字しか書かれてなかったんです。そのエピソードをさんま御殿で話したら、本当にね、今までに味わったことがないぐらい、ドカーン!! ってウケたんですよ。

そのみなさんの笑い声と、さんまさんが『お前、良くやったな~』みたいな顔で、テーブルをドンドンドンドン、棒で叩くのを生で見て。もう、忘れられなくて! それから、舞台挨拶とか制作発表でも笑いを欲しがるようになってしまって。真面目なトークをした方がいいのに、なんか、ちょっとボケちゃったり、そういうことが増えてきたんですけど(笑)。でもね、すごくうれしかったです」

踊るヒット賞を獲得してから、ウケを狙ってボケることが増えてしまったが、「お芝居の賞もちゃんと頂けるような俳優になっていきたい」とも語った鈴木。

以前から悪役に配役されることが多いそうで、公開中の映画「東京リベンジャーズ」でも主人公と敵対する役・キヨマサを演じるが、ドラマ、映画と大ヒットした「海猿」のような作品に強い憧れがあるとのこと。鈴木は「あの、ずっと言ってるんですけど『海猿』みたいな作品がものすごくやりたくて。熱くて、恋愛があって、命に携わってて、人の心を揺さぶる、グッとくるものがやりたいんですけど……」と思いを語るも、「今、真逆のポジションにいるので」と言い笑いを誘っていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ