【関西編】仕事前に聴ける!朝のラジオ情報番組

ラジオの情報番組は、朝の忙しい時間帯にもニュースをチェックできるのでおすすめです。今回は、関西エリアで平日の朝に放送されている番組をご紹介します。

【関東編】仕事前に聴ける!朝のラジオ情報番組

ABCラジオ『おはようパーソナリティ小縣裕介です』、『おはようパーソナリティ古川昌希です』

ABCラジオで半世紀にわたって放送されている、平日朝のワイド番組。2022年4月からは、ABC・小縣裕介アナウンサー(月~木曜)、古川昌希アナウンサー(金曜)がパーソナリティを担当しています。

「その日のギモンはその日のうちに!」を合言葉に、政治経済や交通、スポーツといった気になる話題を独自の目線でお届けします。阪神タイガースが勝利した翌日は「六甲おろし」の大熱唱も『おはパソ』の名物です。

おはようパーソナリティ小縣裕介です
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 6時30分~9時00分
出演者:小縣裕介、いがらしあみ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#おはパソ」

※放送情報は変更となる場合があります。

おはようパーソナリティ古川昌希です
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週金曜 6時30分~9時00分
出演者:古川昌希、去来川奈央
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#おはパソ」

※放送情報は変更となる場合があります。

MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』

1974年4月の放送開始以来、関西はもちろん全国でも高い人気を誇るMBSラジオの長寿番組。土曜には『ありがとう浜村淳です土曜日です』のタイトルで放送中です。

オープニング「今朝の新聞から」は、浜村淳さんが政治・経済、芸能などのニュースを"浜村節"に乗せながら、約1時間ノンストップで紹介する番組の看板コーナーです。そのほか、当日の新聞記事や童謡・テレビ番組の主題歌などを題材にしたリスナー参加型クイズ「9時のクイズ」、リスナーから寄せられたエピソードをラジオドラマにした「ありがとうファミリー劇場」をお届けします。

ありがとう浜村淳です
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週月曜~土曜 8時00分~10時00分
出演者:浜村淳、佐々木りつ子、鳥居睦子、西田愛、岡田麻紗巳、吉村珠佳、田下愉香
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ありがとう浜村淳です」

※放送情報は変更となる場合があります。

OBCラジオ大阪『”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス』

懐かしい音楽とともにお送りする、平日朝のワイド番組です。月曜と火曜は南かおりさん、水曜は慶元まさ美さん、金曜は若宮テイ子さんがパーソナリティを担当しています。

朝に聴きたい音楽コーナーや心に残った名言・金言紹介、生活に役立つ情報など曜日ごとのコーナーも盛りだくさん。9時台前半のコーナー「オトナ女子の交換日記」(火・木・金)では、パーソナリティ3人が実際に交換している日記にちなんだトークを展開します。

新しいあなたの朝に!ハッピー・プラス
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~金曜 8時00分~11時00分
出演者:南かおり(月・火)、慶元まさ美(水・木)、若宮テイ子(金)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ハピプラ」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM COCOLO『CIAO 765』

野村雅夫さんをDJに、平日の朝から5時間にわたってお送りする情報番組です。2022年2月には放送500回に到達、10月には放送3周年を迎えます。

9時台のコーナー「アサヒ軽金属 TODAY’S VIEW」では、スポーツやトレンドといった情報を日替わりでお届け。火曜10時台のコーナー「THE SHOW MUST GO ON」では、さまざまなジャンルのゲストを迎えて、エンターテイメントの未来について考えます。

CIAO 765
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~11時00分
出演者:野村雅夫
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#まちゃお765」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM802『on-air with TACTY IN THE MORNING』

FM802のDJ・大抜卓人さんが、月曜から木曜の朝6時から5時間にわたってお送りする音楽情報番組です。快適な朝を過ごすための音楽と気になるニュースをピックアップしてお届けします。

毎朝6時台には、日替わりでアーティストのリクエストTOP3を発表。8時台には毎回テーマに沿った楽曲で10分間のミックスアレンジをオンエアしています。そのほか人気アーティストへのインタビューや、西日本でおすすめの旅行スポットも紹介しています。

on-air with TACTY IN THE MORNING
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~11時00分
出演者:大抜卓人
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#おはたく」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM大阪『Marche Coucou』

関西圏のエンタメや食、ショップなどの情報、幅広いジャンルからセレクトされた音楽をお届けする生ワイド番組です。DJは珠久美穂子さんが担当しています。

9時台後半のコーナー「Picks Marché(ピックマルシェ)」では、気になる経済ニュースをわかりやすく紹介。番匠公式Twitterアカウントをフォロー&RTした人の中から抽選で1名に、オリジナルエコバッグ「赤い入るちゃんと緑の入るちゃん」がプレゼントされます。

Marche Coucou
放送局:FM大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 8時20分~11時00分
出演者:珠久美穂子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#まるしゅく」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジオ関西『三上公也の朝は恋人』

ラジオ関西・三上公也アナウンサーが、月曜日から木曜日の朝のひとときを自ら選曲した懐かしの名曲で彩る情報番組です。8時台には洋楽、9時台には邦楽とそれぞれの時間帯に特集コーナーを設けて、テーマに沿った楽曲をオンエアしています。

毎週火曜に放送している「こうべしんきん 三上公也の企業訪問」では、三上アナが神戸市周辺の企業や店舗へ実際に訪問し、経営理念や地域への想いについて紹介します。

三上公也の朝は恋人
放送局:CRKラジオ関西
放送日時:毎週月曜~木曜 7時00分~10時00分
出演者:三上公也
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

Kiss FM KOBE『シャカリキ』

神戸の音楽や地域、教育などの最新情報を発信する地域密着型のワイド番組。「誰よりも神戸のことを知り尽くしたい男」を自称する、ワタナベフラワーのボーカル・クマガイタツロウさんが、持ち前の明るいトークで3時間半の生放送をお届けします。

「フォーカスワン」のコーナーでは気になる人やモノ、音楽にスポットを当てて紹介。毎週水曜にお送りする「高須クリニック presents YES! クマ散歩」では、クマガイさんが神戸を中心に、ブラブラ散歩しながら街の魅力や人の魅力を伝えていきます。

シャカリキ
放送局:Kiss FM KOBE
放送日時:毎週月曜~木曜 7時30分~11時00分
出演者:クマガイタツロウ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「シャカリキ」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

2027年までにトマホーク500発の購入を検討の報に大竹「抑止力は、専守防衛の中で大事だけど、ちょっとノリを超え始めてるんじゃないかな」

11月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討しているというニュースを取り上げ、大竹がコメントした。

読売新聞によると、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討していることがわかった。岸田首相は13日のバイデン米大統領との首脳会談で購入交渉を進展させる方針を確認し、「反撃能力」の保有に向け、準備を加速させている。

防衛省は改良された12式の配備が遅れたとしても、反撃能力を早期に確保するため、トマホークを導入したい考えだ。北朝鮮がミサイル発射技術を急速に進展させていることなどを踏まえ、最大500発の保有が必要だと見積もっているという。このニュースを受けて大竹は、次のようにコメントした。

大竹「これはやっぱしクリミア併合あたりからの今のロシアとウクライナの戦闘状況、アジアでは中国の脅威、それに合わせて北朝鮮という条件が重なって、にわかに我が国の専守防衛の問題が国会でこのままの防衛費で足りるのかしらと。もうちょっと上げた方がいいんじゃないのっていう議論が始まって2027年までには防衛力を上げていこう、今までの1%ちょっとから2%まで上げるという話になってきた。これによって日本の防衛予算はアメリカ中国に次ぐ防衛予算は、第3位に躍り出るということになる。それが本当の日本の専守防衛の形になるのか」

さらに番組では東京新聞による柳沢協二・元官房副長官補の発言を取り上げた。

「最大の問題は、日本を狙う攻撃の着手を事前に認定できても、たたけば結果として日本が先に相手の本土を攻撃する構図になることだ。国際法上は先制攻撃ではないとの理屈でも、相手に日本本土を攻撃する大義名分を与えてしまう。確実に戦争を拡大させ、際限のないミサイルの撃ち合いに発展する」
これに大竹は同意し、次のように続ける。

大竹「前にも言ったけどウクライナはあれだけ国内にロシアからの攻撃を受けつつも、ロシア本土の攻撃はしていない。それには、諸事情、NATOとの関係、アメリカとの関係とかいろいろあるだろうけども、もしこれを攻撃するようなことになれば、火種がここで収まらないであろうということが簡単に想像できる。だからそれも含めてしないんだろうなという想像はできる。日本は、もうこれ無理だととあるコメンテーターが言っている。中国も、北朝鮮もこっちにたくさんミサイル向いてる。1カ所攻撃したところで、何箇所でも攻撃したところで、それをやったらとんでもない目に遭うだろうというようなことがもうわかりきってる。何千発のミサイルがこちらを向いているって言ってもね言い過ぎじゃないくらいの状況だと思うよね。そういう中で国としては、建前かもしれないけども、抑止力だと。それは俺もわかる。抑止力は、専守防衛の中で大事だけどこの抑止力が、敵基地攻撃能力とか、相手の軍事施設とか相手の国会とかそういうところを攻撃するっていうのがちょっとノリを超え始めてるんじゃないかなっていう危惧は十分にあるよね。

Facebook

ページトップへ