家電からゴルフまで…さまざまな趣味が楽しめるラジオ番組【後編】

前回の「家電、クルマから将棋まで…さまざまな趣味が楽しめるラジオ番組【後編】」の続きをご紹介します。中には野球をマニアックに深堀している番組も? 一度聴けばハマるかもしれないので要チェックですよ!

TOKYO FM『ピートの不思議なガレージ』

とある街にある洋館に、飼い猫を追い掛けているうちに足を踏み入れた主人公が、そこで出会った住人の宇宙人、エヌ博士に翻弄されながらも色々な事を学んでいく…という設定で進行していきます。毎回、「干潟で遊ぼう」「夜釣り」「DIY」「変化球」「焼きそば」「オートキャンプ」など、さまざまなテーマに詳しい人々が登場し、トークを展開。 実は私も出演したことがあります。この番組に出られるのは、本当に光栄です。

ちなみに、番組のツイッターは番組の内容と連動しているため、フォローしてツイートを見ながら番組を聴くと、一層楽しめますよ!

■放送日時:毎週土曜日 17時〜17時50分

※番組Twitterはこちら

J-WAVE『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

最近はスタジオでダンスを披露したことで話題となった、別所哲也さんがパーソナリティを務める番組。

6時50分頃から放送されているコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME,ANYWHERE」では、週替わりで一人の著名人が、洋画・邦画からドラマ、バラエティ番組など、とっておきの動画作品をおすすめしています。例えば、映画監督の安藤桃子さんは「ボディブロウのように効く官能作品」をテーマに「人魚伝説」(池田敏春監督)「奇跡の海」(ラース・フォン・トリアー監督)など4本をセレクト。思わぬ作品に遭遇することもあるので、動画作品が好きな方は要チェックです!

■放送日時:月曜日〜木曜日 6時〜9時

J‐WAVE『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』

”ぐっさん”こと山口智充さんと、”アリちゃん”ことモデルの浦浜アリサさんが、毎月目的地に向かってドライブする番組です。途中で美味しいご飯を食べに行ったり、険しい山道に挑んだり、釣りをして釣った魚を、クルマの電源を使ってIH調理器で天ぷらにして食べたり…聴いているとクルマで一緒に遊びに行っている気分になれますよ。

ぐっさんの人柄がにじみ出るような優しいエスコートと、アリちゃんの明るく楽しいリアクションであっという間の30分。番組のサイトには実際にドライブに行ったルートが地図で紹介されているほか、インスタグラムには道中の写真が掲載されています。二人とも本当に楽しそう!

■放送日時:毎週金曜日 16時〜16時30分

MBSラジオ『ラジオ65人のなかま』

まさにラジオが好きな人(とりわけMBSラジオファン)にとっては、たまらない番組です。明石家さんまさん、浜村淳さん、笑福亭鶴瓶さんなど、ラジオに欠かせない著名人がラジオに関するエピソードや思いを語ります。

今年の元旦に放送した1時間の特別番組では、さんまさんが登場。自身がパーソナリティを務めるMBSラジオ『MBSヤングタウン 土曜日』(毎週土曜日 22時40分~24時10分)が始まった経緯や、多忙な中での収録の話、ラジオとネットの相性についてなど、たっぷりと語りました。

ちなみに、これは一部で有名な話ですが、「FNS27時間テレビ」(フジテレビ)の「さんま・中居の今夜も眠れない」で行われている企画「ラブメイト10」は、元々、「ヤングタウン」で行なわれている企画で、テレビでもやってほしいというテレビのスタッフからの願いから始まったものです。

■放送日時:毎週日曜日 9時15分〜9時30分

KRY山口放送『おはようショット!ゴルフざんまい』

ゴルフが大好きな原田かおりさんと、プロゴルファーの末田シゲミさん(湯田CC所属)がゴルフの楽しさを伝えます。中でも注目はゴルフに関する相談のコーナー。「パターを打つ時に、素直に打たずに、わざわざスライスやフックボールで打つことはありますか?」「パターでバックスピンをかけることはできる?」といった相談に対する末田さんの答えが非常に丁寧です。ゴルフに関する情報が満載の「ゴルフよもやま話」や「ゴルフ川柳」のコーナーもありますよ。

■放送日時:毎週日曜日 8時〜8時15分

RKBラジオ『ヨドバシカメラ presents ロバートの家電研究所』

ニッポン放送『岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木曜日 25時~27時)にゲスト出演すると、必ず爆笑を誘うロバートの秋山さんの、適当なオープニングトークが楽しめる番組。その話に振り回される馬場さんと山本さんに注目! もちろん、最新家電情報はしっかりと伝えています。10分しかないのがもったいない! HBCラジオでも日曜の9時50分から放送されています。

■放送日時:毎週日曜日 10時〜10時10分

KBCラジオ『ヨドバシカメラ presents キャイ~ンの家電ソムリエ』

こちらはキャイ〜ンの天野ひろゆきさんが担当。「蚊や虫を自動で吸引撃退する電気製品」「2kgの衣類を約75分で乾かせる衣類乾燥除湿機」「最大7チャンネルをまるごと録画(最大約10日間分)できるブルーレイレコーダー」など、あったら便利な電気製品を、家電ジャーナリストの安藏さんとじっくりと紹介しています。安藏さんの解説を聞きながら、さらに膨らませて分かりやすくフォローする、天野ひろゆきさんの聞き手としての手腕にも注目。一方、ウドさんは、二人のやりとりを聞きながら、良い感じで相槌を打っています。

ちなみに、これは本当に細かい話ですが、この番組は福岡・KBCラジオの制作で、STVラジオ、ニッポン放送、MBSラジオなど各地で放送されていて、提供読みの時に、スポンサーの名前が各地のヨドバシカメラの店舗の名前(例えば、STVラジオなら「ヨドバシカメラ・マルチメディア札幌」)でアナウンスされます。気になる方は、ラジコプレミアムでチェックを!

■放送日時:毎週日曜日 11時30分頃〜40分頃(※9時~12時放送の『小柳由紀の午後はのんびり』内で放送)

KBCラジオ『夜の穴~ミッドナイト・ホール~』

KBCのアナウンサーが日替わりで、少しマニアックな内容で放送する番組。中でも、火曜担当の増田優香子アナウンサーは、毎週ホークス選手のとっておき情報を伝える「今週の1ダホー」というコーナーを展開。一人の選手にクローズアップして、自ら取材したとっておきの情報をしっかりと伝えます。

金曜担当の長岡大雅アナが、夏の間にお届けしている野球ネタも必聴。例えば「高校野球がすきっ!甲子園スペシャル」の回では、高校野球ファンには興味深い、八重山商工の野球部元監督の伊志嶺吉盛さんに電話で根掘り葉掘りインタビューしたことも。

深夜に、ここでしか聴けない話を盗み聞きするような25分です。出演アナウンサーは、増田アナ、長岡アナのほかに(月)三澤澄也さん/(水)居内陽平さん/(木)岡田理沙さんです。(内容は週によって異なることがあります)

■放送日時:月曜日〜金曜日 24時5分〜24時30分

 

この記事を書いた人

YMgrdfKa
やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ