日本と世界のエネルギー・政治経済はどうなる!?大坪信剛×有馬隼人2023年初のトークディベート!

©bayfm

政治経済その他諸々、目覚めある日々の話題を朝からシャッキリアナライズするモーニングマストプログラム『AWAKE』!寒さ厳しい朝を吹き飛ばす、熱く厚く圧いコミュニケーションを展開!月曜日から木曜日はアーリーこと有馬隼人が担当ています。

1月10日(火)は、月一レギューラーのガス・エネルギー新聞編集長、元毎日新聞社会部長の大坪信剛さんが登場します。

日本と世界のエネルギーニュースや、政治経済に関する最新ニュースについて2023年初。アーリーとトークディベート!

AWAKE
放送局:BAYFM78
放送日時:毎週月曜~木曜 6時00分~9時00分
出演者:有馬隼人
番組ホームページ
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ